2011年12月

2011年12月26日

贅沢タイム

介護士にとって一番の贅沢は何かと聞かれたら僕は「利用者との1:1の時間だ」と迷わず答えます。

なぜか?

学校で「個別ケア」と習ったから・・・。もあります。

しかし、それだけではありません。

前職は、1フロア40名以上の大型の施設でした。
40名上の利用者様をケアするスタッフは、6名〜8名というような状況でした。

食事もお風呂も排せつも当然、誘導や交換時間等があり、集団ケア。
1:1のケアは夢のような話です。

どこかのパンフレットの写真でみた「日差しの中を車いすを押しながら利用者さんと笑いあうスタッフ」なんてあるものか?と当時の僕は、やさぐれていました。

利用者さんから声をかけられて第一声は、”ちょっと待ってね。”が口癖でした。

そんなことを繰り返していると、心がだんだん痛くなるのです。
「何のために介護をしているのだろう?」っと
きっと同じ思いをしている介護士も多いのではないかと思います。

その時の僕の楽しみは、効率よく業務をこなし、如何に時間を空けることが出来るかでした。

そして、利用者さんと「散歩」

どんなに頑張って8時間の業務をこなしても、あく時間はせいぜい10分程度

それでも、この時間を作るために必死でした。
利用者さんも「あんたがいると、散歩に行けるで…。」と微笑んでくれていました。

この時間を今でも忘れることができません。

だから、僕は1:1の介護が出来る施設を作りたいです。

8時間を1:1は無理でも、1時間は個別のケアを行えるように・・・。

向の山にはロードスターがあります。

ロードスターは2シーターです。
介護士が運転すれば、必然的に乗れるのは利用者さん。
1:1の時間をとることができる。
これは僕の贅沢な時間という名の”夢”の実現の第一歩です。








miyamura333 at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月15日

なめこ

なめこ〜。

ついに出ました!!!

今年は、暖かい日が長く続いたせいかなかなかキノコの栽培がうまくいかず・・・(TДT)。

あきらめかけていた今日この頃。

念願の”なめこ”です。なめたけ


雨ニモ負ケズ・・・。夏ノ熱サニモ、冬ノ寒サニモ負ケズ・・・。

2株と少なめでしたが、量は気にしない。

出てきてくれたことが、ただ、ただ嬉しくて。

早速、グループホームで食べちゃいました。

ごちそうさまでした

miyamura333 at 19:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)