2012年06月

2012年06月26日

タイプ5 観察する人

早いもので、今年も6か月が「あっ」という間に過ぎようとしています。
皆さんは今年の上半期はいかがでしたか?

僕は、なんだかより速い時間を過ごさせてもらったようにも感じます。
それだけ充実をしていたといえるのだと思います。

そんな僕ですが、最近の「はやり」は介護について話すことです。
もともと介護は好きなのですが、困難な事例も、他のスタッフと「あーでもない。こーでもない。」と笑顔になり1時間は軽く話せます。

最近話していることは「申し送り」です。
申し送りとは情報を次の人にもれなく等しく伝達をすることを目的としているのですが、それだけでないと思うのです。
「申し送り」はそのスタッフがどこを一日見ていたかが一目でわかります。
それに介護にとって大切「観察力」を養う場でもあります。

最近特に思うのが、身体的な介護技術や、心のケアも大切ですが、それと並ぶぐらい観察力は大切です。

日々変わるご利用者様の状況を「いつもと違う」「なぜだろう?」と観察力の強いスタッフは感じるのです。
そこが重要だと思うのです。
その違いが分かることで、未然に体調の悪化を防いだりしているのだと思います。

しかし、素質として観察力の鋭い方もいれば、そうでない方もいます。
観察にもポイントはありますし、日々鍛錬をして観察力をつけていかなくてどんなにいい素質もさびてしまします。
そうならないように、自分も他のスタッフと切磋琢磨し、観察力で介護の力を養っていきたいと感じます。



miyamura333 at 22:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年06月18日

朝市

今日も暑かったですね。

本当に梅雨なのでしょうか?!

今日、息子たちは、ビカリア(←巻き貝の一種です。)教室という学校の授業で外に行ってたぶん、
真っ黒に日焼けをしているのではないかと思います。

そんな暑い中、ほほえみでは朝市を開催しました。
もちろん僕も、手伝いました。

暑かったです!!

本日の朝市はは赤ちゃんからお年寄りまでおよそ90名近くの方が来てくださいました。
毎回、朝市を開催するごとに来て頂ける方が増えているのがとてもうれしいです。
そんな朝市の楽しみ方を一つ。
出展者のみなさんとの気軽な「トーク」
そんな僕も、出展者と地元トーク。
本日は、ほう葉すしの話をしていました。
ほう葉の葉っぱはわざわざ、白馬まで取りに行っているそうです。

こだわりです!

岐阜県出身の僕の朝市と言えば、「高山の朝市」が有名ですが、ほほえみの朝市もそのぐらい大きくなるように日夜努力していきたいと思います。



miyamura333 at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月14日

ぼちぼち日和

梅雨に入りましたが、雨ではなく、晴れ間も見える今日この頃、毎朝の習慣は、向の山の玄関にあるぶどう棚と格闘中の今日この頃です。

今日は、スタッフとよく話した一日でした。
その中で、スタッフと「楽しく働く」事について話をしました。
そのスタッフは、「何事にも楽しみを見つける」事のできるスタッフです。
これは才能だと素直に感じました。

上司として、部下が楽しそうに働くことはとてもうれしいことです。
そのスタッフに「なぜ、楽しいのか?」聞いてみたところ、「私たちが楽しくなくては利用者様は楽しくないのではないでしょうか?そういう楽しいなどの感情は利用者様はとても敏感だと思うのです。」っと。

ごもっとも。

少し忘れかけていた感情かもしれません。

僕のしたいことは「あなたのままで、そのままで」あなたらしく自然体のままで、受け入れられるサービスを提供させてもらうこと。そんなサービスを提供できるスタッフを育てる事。
それが、ほほえみの介護スタイルだと思うからです。

まだまだ修行の道のりは遠そうですが、ご利用者・ご家族・地域の方々・スタッフのみなさん・取り囲む環境の全ての人に感謝し、一緒に楽しみながらぼちぼちと進んでいこうと思う日でした。



miyamura333 at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)