2012年10月

2012年10月28日

運営推進会議

最近、傷の治りが遅くなったのが気になるミヤがお送りする今週の記事のタイトルはコレです。

「運営を推進する会議」

です。

今月、ほほえみでは、運営推進会議が開催されました。

この運営推進会議は、利用者ご家族の代表や福祉の知識が豊富な方・地域住民の代表などが集まり施設の運営について話し合われる会議です。

その会議で今回話し合われたのが「ボランティアの参加を増やすためにはどうしたら良いのか?」についてです。

・具体的にボランティアの内容を語った方が良い。

・時間を明確にしておいた方が良い

など意見は活発に話し合われました。

その中の一コマで、心温まる場面がありました。

それは、メンバーの方のお話です。

その方は踊りのボランティアとして現在ほほえみに参加をしてくださっています。

初めは「人にお見せするほどのものでは…」っと謙遜されていたそうです。

しかし、何回か足を運んで頂くと、ご利用者様が顔を覚えていてくださったり、

利用者様のお名前を覚えて話をしたりっと

何気ない会話がとても嬉しかった。

そんな風に、ボランティアさんたちは考え、想い、楽しみにしてくださっている。

その思いは、現在では、違うところにもボランティアにも行かれているそうです。

そんな想いを大切にしたいと思いました。

ボランティアさんいつも、ありがとうございます。




miyamura333 at 18:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年10月21日

35

10月も気がつけば残り10日余りになりました。

どんどん秋の深まりを肌で感じつつ

毎日あっという間に時間が過ぎて行っているような気がするのは僕だけでしょうか?

さて、今週もいろいろありましたが、今週のテーマは何と言っても、これだと思います。

「誕生日」

一年に一度の特別な日です。

誰しも平等に訪れ、なんとなく特別感があります。

そんな誕生日についてですが、最近は年齢のせいか少し考え方が変わってきているのを感じます。

それは、いままでは、「自分の特別な日=お祝いしてもらえる特別感」みたいな感じでした。

しかし、最近では「感謝をする日」になってきたような気がします。

もちろん、母親にも感謝をしますし、今回のように会社の皆様から忙しい中、企画に協力をしていただき感謝です。

もっと言えば、”ほほえみ”のような人を大切にする会社で働かさせて頂けることに感謝をしています。

誕生日企画のテーマはきっと「介護」と「車」だったのだと思います。

どちらも、僕の大好物ですし、きっと今後も好きなものだと思います。

企画は山からはじまり、新事務所まで、いろいろなところで企画をしていただきタイプ的には正直

”何が待っているのだろうっと、ドキドキでした”
DSC_0126


ほほえみに入社し、GHひらばり→向が丘→向の山と異動を重ねてきた僕にとっては、どこに行っても居場所があるのだと思います。

これは、幸せなことだと思います。一緒に働いてくれた仲間がいる安心感は何事にも代えがたいものだと思います。

そして、最後に新事務所に行き、皆様からの心のこもったメッセージ。

ゆっくりと拝見させて頂きました。

介護の想い。これからの向の山への期待。社長が描いて下さったポルシェ911(写真は同じほほえみブログの「みちゃんみち道をみてください)に込められたいろいろな配慮や想い。

ありがとうございました。

また、頑張って仕事に取り組めると思います。

最後にはなりましたが、

主に動いてくれた、水野さん・木下君へ

これだけの人を集めることは大変だったと思いますが、逆に僕はこれだけの人に支えられているのだと感じることができて嬉しかったです。

そして、回りで支えてくださったパートさんから社長までお忙しい中参加をしていただきありがとうございます。

これからも、宜しくお願い致します。

”春”にはきれいな花を咲かせたいと思います。
DSC_0127 (1)








miyamura333 at 09:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年10月14日

洗車

今日は日曜日で、朝から電話も少なく、比較的、のんびりした時間がフロアでは過ぎているようです。

グループホームでは喫茶店に利用者様とスタッフで出かけたので居室は真っ暗です。

「シーン」っと静まり返り、少し不思議な感じです。

昼食後の休憩をかねがね、久しぶりに社用車の洗車を行いました。

最近、あまり手をかけていないので汚れているかな〜っと思いつつ洗車しましたが、案外きれい。

たぶん、送迎の運転手さんが時間があると洗ってくれていたのでそのおかげだと感謝をしています。

誰しも、きれいな車と汚い車ならば、きれいな車に乗りたいもの。

ましてや、仕事でお客様をお迎えに行くならばなおさら…。

少しでも気持ちよくお客様をお出迎えしたいもの。この気持ちが、おもてなしの心だと思います。

そんな洗車をしている一つの楽しみが、近所の方などとの会話。

向の山は農業センターのうらにあることと、住宅街にあることもあり人通りがある方だと思います。

「こんにちわ」とこえをかけると、「きれいになりますね。」っと笑顔で返して下さる。

中には「ここはどんな施設なの?」っと聴いて下さったり、世間話をしたりと。

名古屋は都会だと思っていたのですが、気さくに話をしてくださる方々が多く、

とても住みやすい街だと思います。

地域の中で暮らす。

そんな自然なことが福祉の事業所でできることに改めて感謝をしつつ

地域とともに暮らしていきたいと思います。









miyamura333 at 14:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2012年10月07日

相手を思う+行動=思いやり

すっかり、秋めいてきて日差しが柔らかくなってまいりました。

夏の花壇もそろそろ見納めかもしれませんね。

そんな秋は食欲の秋・スポーツの秋といろいろありますが、

最近は読書の秋だったったので気になったことを書いてみようと思います。

最近読んだ本に「思いやり」について書いてある部分がありました。

皆さんは思いやりと聴くと何を思いだしますか?

僕は、学校の目標です。小学生は”めあて”みたいな感じでしたが。

この年になって思いやりって改めて大切なんだと思います。

仕事をしているとどうしても、自分の「仕事」「責任」とかにとらわれて他の人の行動に目がいかなかったりします。

ちょっとした事なんですが、「こうしたら次の人が楽だろうな〜」や「こんな風だと来たときに喜んでくれるんじゃないか?」など

自分から相手のことを考え行動する。これが思いやり何だと思います。

でもこれって介護ってことじゃないかな。そしてとってすごく重要だと思うんです。

言葉がうまく話せなかったり、身体が思うように動かなかったりすることもあるわけで、

その時に相手の立場だったら、こうしたら嬉しいとかを考えて介護するわけですよね。

普段から考えて行動しないとついつい忘れがちになっちゃうんですよね

介護という場面にとらわれず、仕事の場面や普段からまずは自分から、

行動してみたなって思う今日この頃です。

CIMG2819


写真は向の山の秋冬支度です。

利用者様や地域の皆様の会話の種にでもなればと思い、玄関を彩れるよう準備中です。









miyamura333 at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)