2012年11月

2012年11月30日

行動指針

すっかり寒くなってきました。

そんな寒い中、昨日社長と庭の鉢植えの受け替えをしました。

近所の方が通り過ぎるなか、「せいが出ますね。」と笑顔で声をかけてくださいます。

そんな近所づきあいが普段の風景になっていることに少し誇らしく、心が温まった今日この頃です。

また、最近では、感動する場面が多く、先日も、ほほえみのスタッフの”結婚式”に招待していただき、感動しました。

いろいろな人に温かく迎え入れられ、二人の門出をお祝いできたことを僕は、とても幸せなことだと感じます。

”上司”として、また、”ひと”として感謝しています。

そんな僕が今回お送りするのは、「行動指針」についてです。

この行動指針かなりの時間を費やし完成させたものです。

つまりそれだけ重要であり、時間を使う=命を使って作り上げたものです。

機会を見ては、スタッフに行動指針の話をしています。

スタッフの中には、「行動指針にも書いてある通り・・・」っと普段の会話の中にも行動指針という言葉が出てきています。

少しずつ、確実浸透できるように頑張りたいと思いますし、「感動」と「ほほえみ」の場面をいくつも作りたいと思う今日この頃です。
CIMG3202








miyamura333 at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月16日

心が動く時

すっかり寒くなりました。

出勤時には、車のフロントガラスが凍り始めています。

冬がはじまりますね。

そんな寒い時期に、心が動いた話をしたいと思い、ブログを書きます

ほほえみでは、「感動」と「ほほえみ」を提供する。

との思いから、いろいろな研修や介護のサービスに意欲的に取り組んでいると思います。

そのため、僕の見えないアンテナも「感動」や「ほほえみ」というフレーズに妙に反応しやすくなっています。

そんなアンテナに反応したのが地元の「合唱音楽祭」でした。

地元の4〜5年生の小学生が出るものだったのですが、休みだったのでふらっと見に行きました。

「合唱か〜。懐かしいなぁ。」と。

いざ始まってみると・・・

「!」

良かったです。見に行って。

一生懸命な歌と踊り。

皆で歌うっていう行為が、社会人になるとないじゃないですか。

なんだか新鮮だったというかなんというか。

「心が動いた」感じがしました。

きっとこんな感じが「感動」なのだと思います。

僕らもこんな感じをお客様に味わって頂けるサービスを提供したいと本当に感じました。

追記

僕は本来の介護のお仕事をしている傍ら、npoに参加をしています。

誰もが住みよい街づくりを目指し、できる範囲で活動中です。

そんな僕が所属しているのが「機関紙」の発行です。

介護の事や、npoのことを知りたいなどありましたら、コメントをお寄せしていただければ、幸いです。













miyamura333 at 21:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年11月03日

コタツ

朝晩が少し冷え込むようになってきました。

朝、車のフロントガラスには、水滴つき、真っ白になっています。

もうすぐ、この水滴が「氷」になる冬が来ると思うとついつい”コタツ”を想像してしまいます。

そんなコタツの想い出話をします。

向に山には掘りごたつがあります。

これは利用者様が足を入れても座りやすいようにできているためです。

もちろん、床にはヒーターが設置されており、使えるようにもなっています。

うちの実家にも掘りごたつがありました。

しかも、電気ではなく豆炭でした。

なので、下手をするとやけどをします。

足を入れる時にはそっと忍ばせます。

そんな話をしていたら、利用者様に笑われました。

「そうそう、昔は〜」っとコタツ談議に花が咲きます。

不思議だったのはコタツの中で「甘酒」を作っていたことです。

甘酒苦手な僕としては何とも言えないのですが、

ひいばあちゃんから言わせると、これがいいのだと。

利用者様たちも、ちょうどいいんだよ。っと教えてくれます。

僕のひいばあちゃんは、今はもういませんが、コタツを見るとそんな記憶を思いだします。

そして、うちはこんなコタツだったと、コタツ談議に利用者様とともにふれあえる瞬間が

ちょっとした楽しみの一つです。






miyamura333 at 22:20|PermalinkComments(6)TrackBack(0)