2013年06月

2013年06月28日

意識

梅雨時のうっとうしい天気が続き

湿度が毎日70%を超える日が多くて嫌になります。

体調も崩れやすく風邪を引いたり、片頭痛が襲ってきたりと

それだけノンフローが120%な感じです。

そんな毎日ですが、嬉しいこともあるんです。

向の山にある、ビオトープの水連が咲きました。

水連といえば、「モネ」の水連が有名ですが、昔からモネの水連がなんだか好きな僕としては嬉しかったです。

絵の価値は分からないのですが、なんとなく有名な絵を生でみるとオーラがあるというかなんというか・・・。

そんな向の山の水連も1日で、咲き終わってしまいましたが・・・。

さて、今回は、介護施設スタッフの目線で話したいと思います。

介護施設のスタッフの”質”良さは僕は目線の高さで決まると思っています。

ここの施設は質がイイな〜っと感じる施設のスタッフは利用者さまと会話をするとき必ず目線の高さを合わします。

また、介護技術のすぐれている施設は、「褥瘡」をつくらない。とも思いますし、

車椅子の利用者の”すね”を見ると介護技術の高さが分かります。

スタッフ同士の会話の一つもそうです。

「風邪が利用者さまからうっちゃった〜」などよく聞く会話ですよね。

でも、よく考えてみてください。そういうスタッフが多い施設は、プロ意識も低いのではないでしょうか?

他の感染症も一緒です

そもそも、感染症がうつるのは、自己管理のなさと、知識のなさからくるものだと

自分は教えられてきました。

つまり「自責」です

「他責」のコトバが出ている以上は、プロとしてはまだまだ未熟。

先日、自身が風邪をひいてまだまだ修行が足らないと反省をしました。

向の山が介護に熱い施設であり、技術の高さと意識の高さが一つの売りに

安心・安全な利用者様に笑顔を届けられる施設にして行けれるように頑張りたいと思います。

追伸

昨日は向の山の慰労会でした!

怒涛のような毎日ですが、多くのスタッフが参加をしてくれて

しみじみ、向の山も大きくなったなぁ〜っと感じる一日でした。

ご参加して頂いたスタッフさん、留守を守って下さったスタッフさん。

そして、このような会をもうけさせて頂ける会社にも感謝です。ありがとうございました。
CIMG4935
















miyamura333 at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月04日

し・ご・と

いや〜

アッという間に6月に入りました。

世間は梅雨、真っ最中。

少し前まで、「梅雨入り宣言」なるものが気象庁から発表されていましたが、

最近はなくなったようで、少しさみしい気もしている宮ですが、相変わらず、我が家では、

梅雨入りを、子どもたちに「パパ」がルールだと勝手言って梅雨入り宣言をしています。

と空を見上げると、今日の空は、「気持ちの良い6月晴れ」

今年の梅雨は長くなりそうだと思いましたが、そうでも案外ないかも知れませんね。

さて、今回のテーマですが、「仕事」について書きたいと思います。

皆さんは仕事というとどんなイメージがありますか?!

つらい・いやだ・遊んで暮らしたい・プライベートを充実させるための糧

などなど

色々あるとは思います。

最近の僕はこの年になり、ようやくですが、仕事の面白みといいうかなんというかが分かってきたい気がします。

若いころは、仕事の時間は8時間その時間は100%挑む。

それ以外はprivate。

と割り切ってきましたが、

現在は、プライベートでも、これ仕事につかえそう!

など思うことがあります。

ラジオで今日の格言みたいなことをやっていましたが、

今日は「一生懸命」でした。

一生懸命は楽しいのだと思います。

仕事も、プライベートも一生懸命に行うことで楽しみたいと思います!








miyamura333 at 08:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)