2014年01月

2014年01月25日

きらきら

2014年も年が明けて早いもので1か月が過ぎようとしています。

元日に立てた目標の一つである、「毎日、運動する」がなかなか進まず

「三日坊主」という言葉が頭をよぎる今日この頃です。

世間では12月から、リクナビなど来年度の就職のため学生さんたちはせわしなく動き始めているようですね。

そんな姿を目にすると、自分の就職がいかに短絡的だったか「今の若いもんは・・・」

と偉そうなことは言えないのに気づきます。

僕が福祉の道に入ったのは高校卒業と同時でした。

特に夢らしい夢もなく高校3年間をすごしてしまい担任の進める福祉を進路として学校を選びました。

「福祉に向いていると思うよ」の一言で・・・

内心「絶対ムリ!」っと思っていましたが、一人暮らしをしたい一心で親を説得し、

自宅から離れた福祉の学校に通うことになりました。

先生の目がよかったのか?周りがよかったのか?

何はともあれ、今は介護の道に入ったことを後悔したことは一度もないです。

学生さんたちも今はいろいろ見て回る時期だと思います。

目移りするかもしれません。

しかし、一度決めたら、「やる」と決断することが大切だと最近痛感します。

会社で読んでいる本に松下幸之助著「社員心得帳」があります。

その文頭に「運命と観ずる覚悟を」とあります。

まずは「会社を信じる」

会社に入れたのは運命みたいなもの。

だから、覚悟して頑張れる。

そして「私の会社はいい会社だと周りに言う」

「うちの会社はダメだ・・・」とかいう社員のいるところの商品は誰も買いたくはないでしょう。

ほほえみはすごく頑張っている会社だと思います。

スタッフにも恵まれ、利用者にも恵まれ、家族にも恵まれ、地域の方々にも恵まれています。

いい会社は成長すると思います。

会社の成長に追いつけるようにもうひと踏ん張り頑張りたいと、就活をしている学生さんたちの

きらきらした瞳をみるとそのように感じる今日この頃でした。







miyamura333 at 16:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年01月14日

車ネタのブログですが、車とは直接関係無いかもしれません・・・。そんな休日のお話。

寒波襲来!

車のフロントガラスがバリバリに凍りつき、出勤をしようとするまで車を温め、曇りをとって・・・

5分以上かかってしまいます。

その間、何もすることがないので、空を見上げると、夜明け前の星がとてもきれいに見えています。

空気が冷えている証拠だと思いながら、今日も出勤をしてきました。

さて、そんな宮の最近の休日は「日産」へ行ってきました。

とは言いつつも、珍しくもないのですが・・・

走行距離が2か月でおよそ5000kmを走るのでオイル交換やらなにやらでいつもお世話になっています。

話は、日産へ行く前の話ですが、行く途中にマツダがあるのですが僕が走っていると、

20代中盤の男性がスーツ姿でびしっと「手をまっすぐ上げて」止まっての合図を送っているではありませんか?!

あまりに気持ち良く上げていたので、車を止めて、マツダからでる車を優先させたところ、

これまた気持ちよく「ありがとうございました!」と一礼!

そして、そのお兄さんは向きを変えて出て行ったお客様に向かい

「礼」

みえなくなる200mぐらい先までお見送りをしていました。

そんな光景を見ていると、これはほほえみでいうなら

「接遇」なのかな?!ってぼんやり思ったのです。

そのお見送りをフツーに考えると礼をして事務所に戻って、ほかの仕事をしても効率的かな?!

っておもちゃったわけです。

そして意地悪な僕はもし、ここで新規のお客さんから「車を買いたい。」と

電話が入ったらこのお兄さんはどうするのだろ?っと思っちゃったわけです。

行動指針に沿うならやはり、新規のお客様にはすぐに折り返しさせていただき、

お見送りをするほうがいいのではないかと思います。

短期的に見た場合には、新規のお客さまに対応すれば車の売り上げは上がるかもしれませんが

長期的に見たとき、挨拶をきちんとしてくれるセールスマンから買ったほうが安心できると思うのです。

つまり、信頼できると思うのです。

そんな信頼できるセールスマンでしたら、また、車を買おう!と思うかもしれません。

行動指針をこのように考えると、長期的・継続的にお互いが幸せになれる状態なのかもしれませんね。














miyamura333 at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月03日

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。今年もつつがなく新年を迎えることができたことに感謝をしつつ、初詣に行ってきました。

2014年も年が明けて早3日が経過しましたね。

向の山の事務所から見える道路には子どもたちが凧を持って走って下っていくのが見えています。

お正月ですね〜。

2014年はどのような年になるのでしょうね。

さて、そんな年の初めの1回目のブログは何を書こうか迷いますが、

昨日、フロアのお手伝いで初もうでに近くの針名神社に行って参りました。

2日とはいえ、由緒正しき神社の参拝客は多く、駐車場に入るのにもならぶ始末。

これだけの参拝客の願い事を聞く神様も大変だな〜と考えつつも、

順番に駐車場に入らせていただき、駐車することができました。

参道に貼ってあるポスターを見て聞きなれない言葉があったので

一緒に行った利用者さまに「さぎちょう」って知っている?!

と伺うと・・・

「左義長とは・・・」とはを詳しく教えてくださいました。

さすが・・・

やはり勉強になります。

介護のお仕事をさせていただき、日本の文化や習わしなどだいぶ詳しくなったつもりですが

やはりまだまだ・・・

土地で違う風習もあれば全国である風習もある。

正月風でいえば、お雑煮もその土地によって入るものやだしも違う。

日々勉強になるなぁ〜と感じるお正月でした。

追伸

針名神社には地元の消防団の方などがお見えになられ、

「自分たちの顔を見ると、もし車椅子などの方がいるのなら、近くまで入れるようにしてあげるね」と

優しく声をかけていただきました。

本当にありがたい一言です。

このように利用者さまに支えられてご家族さまに支えられ、地域のみなさまに支えられる

そんな施設で務めさせていただくことはすばらしいことだと思います。

DSC01593





miyamura333 at 19:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)