2014年02月

2014年02月20日

災害対策!

「三寒四温」とは昔の人はよく言ったもので・・・

とはじめようと思いましたが、ここ最近の大雪。

驚きです。

車通勤の僕にはちょっとしたスリルを味わう通勤となりました。

さて、ここ最近の宮は地元の「地域をづくり」の集まりに出てきました。

今回のテーマは「防災」

災害は忘れたころに何とやら・・・

施設を守るものとして忘れてはならないこの重要性を改めて考えるきっかけとなりました。

いろいろとためになる話がありましたので2〜3個紹介をしたいと思います。

まずは、「建物の形により、揺れが違う」問いものでした。

正方形の家は基本的には揺れは左右変わりはないそうですが、

長方形の建物は、1辺が短いほうに揺れる方が大きく、長いほうには揺れが小さいそうです。

これが何に役立つかというと、家具の配置です。

長方形の家の中に、同じ向きで長方形の箪笥を配置すると、当然揺れをもろに受けて倒れやすくなるそうです。

しかし、長方形の家の中で、箪笥の向きを変えると揺れ自体も小さく、箪笥も倒れにくなるそうです。

阪神淡路lの震災の時には、寝ている方が箪笥の下敷きに・・・という話を耳にしましたが、寝ているときに箪笥が倒れてきたらひとたまりもないですしね・・・。

私たちの事業所では、高齢者ということを考えると、逃げるなどはやはりゆっくりなので、

少しでも、倒れにくなどの配置見直しました。

また、防災食品(備蓄)ですが、計画的に購入することが大切・・・ここまではよく聞く話。

具体的には、3回に分けて買うことがおすすめだそうです。

1回に大量の備蓄を用意すると、消費期限が一気に来てしまい、なかなか大変。こういうのも無駄にしないためにもすこしずつ消費したりするように計画を立てることがたいせつなのだと改めて、感じました。

ほほえみの備蓄も今年の春に消費期限の切れる備蓄があるので、そろそろ、計画的に消費&購入を進めるので、こういう考え方を入れながら購入したいと思います。

地域の集まりも、なかなか、大変だと感じましたがこのように地域で講演をしたりする、地道な活動が減災につながるのだと思いました。

今回は、介護とは少し違う切り口でしたが、「安全」はすべての大前提ですから。


miyamura333 at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年02月09日

最近の求人の状況を考えながらCMを見ていて感じたことをつれづれに書いてみました。

すごい、雪でしたね〜。

今年は雪が降らずに冬が終わるのかと思っていましたが、降るとなったら途端に大雪。

びっくりです。

さて、今回のブログネタは「介護」のプライドについて書いていてみたいと思います。

「介護」と聞くと一般的な方は「きつい」「汚い」「危険」などの3kと呼ばれている仕事のイメージが強いようです。

しかし、一般的にはこれから成長分野だと考える人も多く、そうなると「人」が必要になるわけで・・・

結果、慢性的な人材不足になっているのだと思います。

求人誌を見ていても介護の仕事って求職が多くなるのだと思います。

それらを踏まえて現状は景気がよくないほうが「介護職になりたい」という方が多いようです。

景気の良し悪し→安定志向→とりあえず仕事→とりあえず介護・・・という図式はちょっと考え物です。

しかし、僕が知る限り「ほほえみ」のスタッフは介護に対して「誇り」をもち介護という仕事をよい意味で

楽しんでいると思います。

たとえば、「汚い」といえば、当然排泄の援助が思い浮かぶわけですよね。

しかし、人間にとって「排泄」とはとても重要な行為であり、ましてや、病気により「認知症」という症状が出ている

利用者さまにとってはとても重要です。

トイレで気持ち良く排泄ができるか?!ということです。

健康な方はトイレで排泄ができることが当たり前かもしれませんが、

トイレに行きたくても行けない。わからない場面は想像しただけで大変な苦痛だと思うのです。

だからこそ

この前、あるスタッフが「今日は○○さんの排泄がうまくトイレで行きました!」と笑顔で伝えてくれました。

(○○さんはいつもはうまくトイレの場所や発語がうまくいかないため、行動を事前に察知したり、いつものタイミングでそろそろかな?!っていうのを図るしかないない方です。
ですから、うまく行くときもあれば行かない時もあるわけですよね。)

その、あまりに素直な表情と本当にうれしいという感情で伝えてくれたことが僕はとてもうれしいです。

介護は確かに3kといわれる大変な場面も多くあるかもしれません。

しかし、今までの日本を支えてくれていた方々お一人、お一人の人生を一緒に寄り添っていける素晴らしい仕事だと僕は思います。

そんな尊い仕事であることにプライドを持ち続け、今日一日を精一杯利用者さまのためにできることをやってくれる介護士(仲間)たちとほほえみと感動を生み出し、届けていきたいですね。

それを少しでもサポートできるのが今の僕の役目かなって思います。

最後になりましたが、

最近、ジョージアのCMか何かで「日本を創っているのは・・・」とありますが、

介護もほかの仕事に負けるとも劣らない日本を創る一員であり、そんなプライドをスタッフ一人一人が持ち続けてほしいと願います。

最後までお付き合いありがとうございました。








miyamura333 at 20:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)