2015年12月

2015年12月31日

大晦日だよ・・・本当に1年が経つのは早いですね。

今年も残りあとわずか・・・

遣り残したことは・・・

たくさんある。

それでも時間は経過していく・・・

ということで、2015も残りあとわずかですね

遣り残したこと・やらなくてはならないこと、たくさんるような気がしますが

とりあえず、今日という日が平穏で過ぎてくれることを願っている、宮です。

今年は何かと”ルーティン”という言葉を良く聞きました。

有名なものでいうと、前田投手とかイチロー選手とか、五郎丸選手もよくルーティンの話に出てきますよね

ということで、、、宮も探してみました・・・

日々のルーティン

朝起きる・・・(これはルーティンではないですね)

会社に出社し、

机にかばんを置き、

熱帯魚にご飯をあげて

その足で、コーヒーを入れにフロアに足を運んで

コーヒーを持ちつつPCを立ち上げる。。。

この行為、ほぼ毎日行っています

これが崩れると違和感があります。

そんな宮のルーティンはどうでもいいのですが

介護の業界もルーティンってあるのかな?!って考えてみました

少しものの見方を変えると「風習・慣わし」みたいなもの

どの家にもあると思うのですが、正月ルール

正月は外出しないとか?!(宮の家はもともとそのようなルールがありました)

お風呂は元旦は入らず、2日に朝風呂するとか?!

元旦の朝から3が日の食事のメニューが決まっているとか。。。(2日の朝は宮の家は自然薯でした。なぜかは・・・?です)

いろいろあるんじゃないでしょうか?!

このなじみって利用者さまにとってはすごく大切だと感じます

季節を感じるのもそうですし

そのひとつひとつに思いや、背景があるので。

そういう正月のなじみを大切にできる介護士を目指して行きたいと思う

大晦日の朝でした・・・



最後になりましたが

今年も多くの方に宮のブログにお付き合いをいただきありがとうございました

感謝です。

来年も皆様にとってよいお年になることを願います。

みや




miyamura333 at 07:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月28日

チームの”わ”

ようやく、冬らしい朝になってきましたね。

地元の外気温計もマイナス表示をされるようになってきました。

そういってみれば、知り合いが、先日雪が降ったといっていましたが

同じ市内なのに、なぜこのように違うのか?ちょっと不思議なくらいです

さて、今朝は、介護職にとって大切なこと、「チームケア」について考えてみました。

介護や医療もそうですが、他職種連携といわれているもの質が利用者さまの生活の質に大きく影響しています。

しかし、今回はその様な大きなものではなく、同じ介護職同士の目線で考えてみます

介護の現場に入っていたとき、自分が考えていたのはもちろん・・・利用者さまのこと

利用者さまの笑顔を見るためにはどのようにしたら良いか?!

ということですね

しかし、自分の力だけではやはり、限界があるわけです。

そもそも自分にそれほど大きな力があるとは思えていませんし

そこで必要なのが家族の力。

やはり、利用者さまの笑顔を見るには家族さまの力が必要です。

普段介護士には見せない顔で話をされているお姿を拝見すると、

やっぱり家族の力ってすごいな~って思います。

ということで、僕ら介護士がしなくてはならないこと

_搬欧気泙来やすい雰囲気を作る。そして、滞在時間の長い雰囲気をつくる。

こういう点も介護士の工夫かな?!って思います。

つぎに利用者さまの笑顔を作るために大切な要素

それは、介護士が笑顔でいること。

介護士は心のゆとりがないと、やさしい声かけをしながら、表情は険しい・・・なんてことがあったあり

”ばたばた”していたり。。。

きっと介護士一人ひとりも「こんなはずじゃない・・・」って悲しい気持ちで

介護をしている方もいるかもしれません

これって利用者さまも不幸ですし、介護士も不幸です

そこで、自分が思うこと・・・

フロアにはいるとき、他の介護士が心のゆとりが持てるように、

自分ががんばってみる。

ちょっとしたことでいいのだと思います

・記録をがんばって書いてみる

・バイタルを測る

・片づけを早くする

などなど

そうすると、もともと、介護士たちは”人のため”にと思う方が多いので

空いた時間で本来自分がしてあげたいケアを実行する

そうすると自然に笑顔になれる

そうなれば、フロアの雰囲気も良くなり

利用者様も笑顔になる

これってほほえみの行動指針

安全の中にある「雰囲気の安全」だと思うんですよね

介護士たちがちょっとしたお互いの思いやりが、

フロアの雰囲気を作るのだと思います

こんなフロアで働くことができたら、楽しいでしょうね

ということで「チームケア」について普段考えていることを書いて見ましたが

皆さんはどうですか?!

おしまい


miyamura333 at 07:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年12月25日

サンタさんは今どこに?!

「メリークリスマス!今日はクリスマスの日です」っと

今朝もナビに挨拶をされた宮です

ということで、クリスマスになりましたね。

なんだか、少しだけ幸せな気分になれるのはなぜでしょう?!

ということで、今日もサンタねたです

パソコンに疎い宮ですが

インターネットでサンタクロースの追跡を行っているのをつい最近知りました。

皆さんは知っていました?!

サンタが、今どのあたりにいて、どのくらいのプレゼントを配っているか?!

(ちなみに今はローマ付近だそうです)

っていうのがわかるようになっています。

この追跡を行っているのがアメリカの軍事基地だというのも驚きです・・・!

でも、そんな幸せな使い方をするとはなかなか”粋”なものです。

人を殺める道具ではなく、人の心を活かす道具の使い方。

人の心が少しあったまった状態を作れる行動ってすばらしいですね。

きっとそれが幸せな社会だと思います。

そのためにも、一人ひとりが自分の仕事に誇りを持ち、

相手の立場にたって行動できるといいな〜っと思います

と大きく出たものの・・・

なかなかそのようにいかないので、まずは今日一人誰かの心を温めれる行動をできるように

1日過ごしたいと思う朝でした〜。

おしまい











miyamura333 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月24日

毎年のねたはやっぱり、この時期”クリスマス”

社用車のナビ・・

毎朝、エンジンをかけると「今日は○○の日です」とナビからアナウンスが自動で流れてきます。

結構、楽しみしています。

12/24・・・

どのように流れるかと思っていたら・・・

「メリークリスマス!今日はクリスマスイブです」

とちょっとテンションが上がり目なお声。

そんなテンション上がり目なナビがほほえましく思う、もうすぐ40台の宮です

そう、今日はクリスマスイブです

ということでサンタねたです

毎年ですが、子どもたちにサンタがいるかどうかが話題になる今日この頃。

うちの子たちは微妙なお年頃。

1番上の子は、明らかに、「いない」とわかっている。しかし何もいわない。

2番目は「まだ○○ちゃん(友達)がサンタさん信じているの」っといないことを前提に話す

3番目は「わかんない」と笑顔(たぶん気付いているが、親に気を使ったのかも?!)

というような感じ。

そんなクリスマスですが

いつからでしょうか?日本でプレゼントを渡す習慣ができてきたのは。

調べてみると以外に古いことがわかりました

1549年代。。。って戦国時代!?

戦後時代のことはさておき

今のような日本で広がったのは昭和25年以降だそうです

ですから、現在の高齢者の多くはすでに20台の大人な感じだったのではないでしょうか?!

今で言うとハロウィン的な感じでしょうか?!

なじみといえば、なじみかも知れませんがそうではないかも知れません。

先日の百人一首も、クリスマスもそうですが

育ってきたきた環境が違うというのはすごいことです

しかし、周りが笑顔なのは、きっと自分もうれしい。

自分が笑顔になれば、周りも笑顔になる。

今年もクリスマスが皆さんのたくさんの笑顔ですごせることを祈っています。

ではでは・・・







miyamura333 at 07:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月21日

高速道路に舞う一片の・・・

今年もクリスマスがもうすぐになってきましたね。

デパートの食料品売り場には、クリスマス食品と正月食品が並び出しました

そんな、年末が押し迫るなか、ちょっとしたものをお見かけしました。

それは・・・

昨日、出勤途中の出来事です。

宮は出勤に高速道路を使わせていただいているのですが、

宮の前には、車が2台。

ごくごく普通の光景です

しかし、次の瞬間

フロントガラス越し見えたのは、黒い紙切れのような、ダンボールのような・・・

1m×1.5mほどの板状のものが宙を舞っているではありませんか?!

気を捕らえていると

宮の前にいる車のその板状のものよけようと、右へ。

これは宮もよけないと・・・

とっさに思い、左へ・・・

ふと見たその板状のもの・・・

それは、ボンネットでした。

そう、2台前を走る車のボンネットが何かの拍子ではずれ

宙を舞い1台前の車の前に落ちたのです

高速道路にはいろいろなものが落ちています。

タイヤ・ダンボール・ホイール。。。。

しかし、ボンネットが外れて飛んできた経験はありません

それはまるで、ルパンの車のよう・・・

事故らなくて笑い話ですが

一歩間違えば大事故のもと

みなさん車の整備もしましょうね。

高速道路に舞う一片のボンネットでした〜。
chase9




miyamura333 at 07:21|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2015年12月18日

百人一首という遊びについて考えてみました。

ご無沙汰をさせていただいておりました

ひさしぶりの更新になります


時が経つのは早いもので、もうすぐで2015年も終わりますね〜

今年は、皆さんにとってどのような年でしたか?

よい年だった。とみんながいっていただける年だとうれしいのですが・・・

ということで、みや家では毎年この時期の恒例となっているのが、「百人一首」です。

「百人一首」懐かしくないですか?!

夕食後、寝る前に、家族で行なっています。

名古屋でも授業であるのでしょうかね?!

地元の学校では、国語の授業で行っているようで、こどもたちが覚えるために

家で行なっているようです。

ということで、みや自身も休みの日には参加をするのですが・・・

子どもにはかなわず・・・惨敗する日々が・・・

これもまた、日々の積み重ねの練習でしょうね

利用者さまも百人一首とかやっていたのでしょうか?

ということで少し調べてみました。

戦争中もあったようですが、

今の百人一首とは少し違うようです

もともと百人一首は恋愛模様も歌われていたのですが、戦時中はそのようなものは禁止されていたようで

国や神に類する百人一首があったそうです・・・

このようなことを考えると、

利用者さまはそのような時代を生きてこられたわけで

自分たちが楽しい思い出だとしても、利用者様にとっては

違う思い出になることもあるのだと思うと

昔を知ることの大切さと、

感情的には切ない気持ちがわいてきます

子どもたちや皆さんが笑顔で毎日暮らせる日が続くことが

やはり「幸せな社会」だと改めて感じます。

そのためにできることを少しずつ進めていきたいものです。



miyamura333 at 08:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)