2016年08月

2016年08月24日

夏なので、ちょっとした恐怖体験。。。

夏の朝

むっとした熱気が玄関を開けたときに家の中に入り込んでくるのがわかる

出勤時

まだまだ眠たい夜明け

外は雨がしとしとと降っていました。

こんな日はなんだか仕事へのモチベーションもあがらないです。

そうは言っても、いかなくてはならないのが”仕事”

いつものように車に乗り込みいざ名古屋へ

と、車を走らせてふと外を見ると ”虹”



そう、なぜだか”虹”好きな宮は、今日の”虹”を見れただけでも

幸せを感じることが出来ました。

っと言うことで

夏休みももうすぐ終わろうとしている今日この頃皆さんはいかがお過ごしですか?




宮はというと、「ちょっとした恐怖体験」をしました。

幽霊とか心霊現象系ではないです。

宮はそういうのは苦手なので。



そう、それは「窒息」です

皆さんもアメを食べていて不意にのどにはってひやっとした体験をしたことはあるのではないでしょうか?!

みやは何で「窒息」しかけたか?!といいますと、

「ライチ」です

ボーっとライチを食べていたとき、不意にむせてしまい、

その勢いで、スポッと、のどの奥のほうへライチがまるっと一個入ってしまいました・・・

それから1〜2分

格闘

上に下にもいかないライチが喉の奥にはさまり、

まさに死ぬかと思いました。。。



そんな時、なぜか頭の中には

「チョークサイン」のイラストがぐるぐるとめぐり、

ものが詰まると本当に人は「チョークサイン」のように体が動くのだろう・・・

と冷静に考えていたのが不思議でしたが

体は、顔が紅潮しもうすぐ血の気が引くのではと思うところで、

なんとかライチが胃のほうへ移動してくれたようで

難は過ぎ去りました。

食事介護をしていて怖い「窒息」

自分の身に起こるとなおさら怖いと思う出来事でした

窒息をさせないように、そしておいしく食事を召し上がっていただくように

工夫をしながら今後も介護に当たらせていただきたいと思う今日この頃でした~。









miyamura333 at 07:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年08月08日

小心者

暦の上ではすでに秋。

立秋過ぎてなお、熱い毎日。

いかがお過ごしでしょう?

宮は先日急に体調を壊し、腹痛に襲われました。。。

このような腹痛は、小学生ふりでした。

全身から冷や汗が出て

いや〜死ぬかと思いました。

今は少しずつ回復の方向に向かいつつあります。

もともと痛みに対して極端に弱い宮です

生まれてこの方点滴も打ったことがありません。

(ある意味健康でありがたいのですが・・・)

だからこそ細心の注意を払い、いろいろなところで怪我をしないように日々生きています

こんな小心者の性格を学生のときは男らしくなくていやだな〜と思っていました。


しかし、現在は少しだけ見方が変わりました

介護をしていて、「怪我をしたくない」という強い思いが

相手にも怪我をさせたくない。痛い想いをさせたくない。と思うようになり

もともと小心者の宮は細心の注意を払いたがります。

例えば「移乗」

手のここら辺りを持つと痛いかな?

足はフットレストに当たらないかな?

動線は最短のルートを選択しているかな?

利用者さまの手は大丈夫かな?

移動したときに、肘掛にあたらないかな?

座布団はずれていないかな?

足のつめは引っかかりそうにないかな?

急な動作は、血圧の変動があるから気をつけなくては

などなど気になることがたくさんあります。


その結果、介護の技術の向上すこしは役立っているのかと思います。


自分の性格をけして「良い」と思ったことはありませんが

「小心者」だからこそ出来ることもあるのだと少し受け入れれた感じがする今日この頃です

性格は簡単には変えられませんが、見方は変えれるのかも知れませんね。











miyamura333 at 06:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)