2016年12月

2016年12月31日

残りあとわずか。。。さらば2016年。。。

2016年も残り1時間半

遣り残したことがたくさんあるような気が勝手にしています

2016年の始まりもフロアで仕事をしていた気がします

今年を振り返ると、

介護士として、原点回帰をした1年でした。

やはり、介護を現場でしているのは楽しいものですね。

毎日、やっていることはたぶん一緒なのですが

何かしらの出来事が起こる。

だから、毎日ちょっとした変化がありいつまでも飽きることはありません

そして

現場に入らせていただいているから見えるもの

介護士が現場で抱えるストレスや不安も感じることが出来ました。

少しでも、介護士がストレスや不安を軽減し

利用者さまの笑顔のために働く時間を増やすのが意味の宮の使命だと感じています

と前置きが長くなりましたが

宮です。

前回までは

ユニットケアの理念について

お話をさせていただきました

今回は、現場寄りのはなし。

ユニットはハード(環境)だけで行うものではないですよね

ハード(環境)とソフト(仕組み)とヒューマン(人財)がそろって本当の意味でのユニットケアが出来ると思います

そのためには、働いているスタッフがユニットケアに興味や関心をもってもらうことが必要になりますね

来年は、そこに力を入れたいと思います。

ということで


また、勝手に勉強会を開催したいともくろんでいます

タイトルはユニットケアについて

少し、興味をもってもらえるといいのですが・・・


今の状況より少しでも良い方向になれるよう

2017年もこつこつ歩んでいきたいと思います。



2016年いろいろな人に支えられた1年でした。

このような宮に手を差し伸べていただいた方に心より感謝したいしています

いろいろな人に支えられているから今の宮があるのだと思います。


その恩を返せれるように

がんばりたいと思いますので

今後ともよろしくお願いいたします

2017年が皆様にとって幸多い年でありますように。。。。


DSC_0235




























miyamura333 at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年12月25日

『ビジョン』とPCで入力しようすると『美女運』となぜか打ち間違える宮です。

メリークリスマス

ということで、

早いもので今年もあとわずか・・・

年の瀬に、体調を崩すとはなんとも情けない宮です。

そんな体調を気にしていただき

皆様から声をかけていただいたり、

シフトの配慮を頂いたり

皆さんに支えられていると思うと力が不思議に沸いてきます。

ということで、ブログの更新です。



家族の話になりますが

娘の吹奏楽のコンクールも無事終わり、

娘から、お礼を言われたときに、少し娘が大人になったような気がして

うれしいやら、寂しいやら。。。

そんな年の瀬迫る年末に

前回の続き、研修の報告です

ユニットケアの理念は”暮らしの継続”です。

”暮らしの継続”。。。わかるようで具体的にわからないような気がいます

なので、自分の言葉で言うと、自分のこだわりの集まりと自分は理解しました。

そう、”その人らしさ”ともいえます

例えば、お風呂

皆さんは何時ころにお風呂に入りますか?

うちの子は

1番目の子は、学校帰りにすぐに風呂に入ります

2番目は、学校後シャワーを浴びて、夜寝る前にお風呂につかります。

3番目は、学校後シャワーを浴びて、夕食後お風呂に入ります。

兄弟でもそれぞれですね。

利用者さまもそれぞれ

こだわりがあるわけではないですが

きっと、自宅と同じ時間にお風呂も入りたいもの。

施設に入ったから時間を変えるのではなく、

自宅にいたときと同じタイミングで入れる

つまりこれが、暮らしの継続

または、起床時間

宮は、朝が早いです。

いつも5時ごろ何も無くても目が覚めます。

しかし、子どもたちは、起こさなければいつまででも寝ています

(歳のせいでしょうか?!)

それもありますが

昔から、朝の早い仕事をしている家系だったので必然的に

朝早くなったのだと思います。

施設に入ると起床時間がある程度決まってきます

規則正しい生活は生活のリズムをつける上でよいのですが

自分らしい生活ではないかもしれません。

宮がユニットケアで目指すもの

それは、起床時間でも個人に合わせて起きても良いユニットケア

食事も、睡眠時間も・・・暮らしすべてがその人らしく暮らせるケア

そんなユニットを作るための研修でした。

一気にはそのようなケアは出来ないでしょう。

少しずつ少しずつ。

より良いケアを提供出来るよう

家族さま・利用者さまに「利用できてよかった」っと言っていただける施設

そして、そのことを誇りに思えるスタッフと一緒に働いていきたいと思います。

ということで

研修の第一部

ユニットケアの理念とビジョンでした。

いかがでしたでしょうか?

今後は実践につなげていきたいと思います。

忙しい中、フロアを待っていただいたスタッフさん

研修の参加を許可していただいた法人に感謝です

ありがとうございました。














miyamura333 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月13日

いざ東京へ!

最近ニュースを見ていると、

流行語大賞とか、今年の一文字など

年の瀬を感じる話題が増えてきましたね

今年一年、皆様はどのようにお過ごしだったでしょうか?

皆様が今年一年が楽しい年をお過ごしできれば幸いです・・・・

ってまだ終わっていない!!!

ということで

12月

師が走ると書いて「師走」です

忙しい毎日をお過ごしだと思いますが

そんなときに、宮は研修に参加をさせていただきました。

「ユニットケア施設管理者研修」

そう、私たちが現在介護させていただいているカタチはユニットケアという

少人数のグループ(ユニット)を組んで、介護をさせていただいています。

ユニットケアの研修に参加するのは久しぶりです!

今からかれこれ12〜3年前に岐阜の高山で研修に参加をさせていただいたきりです。(ユニットリーダー研修)

その時の研修の言葉は今も心に残っています

研修(2泊3日の研修だった気がします。)の最終日

「あなたたち介護士の腕によって、

入居者さまの黄昏時が輝かしいものになるのか?

そうではないのか?が変わります

そのぐらい尊いお仕事です。

どうか黄昏時が穏やかで、輝かしいひと時になるように支援をお願いいたします」

っと、このとき介護という仕事を改めて人の人生を左右する尊いお仕事だと感じました。

ということで、今回の研修も期待とわくわくで参加させていただきました。

場所は東京

電車で行こうか?車で行こうか?迷いましたが

今回は費用を考えて車をチョイス。

ひたすら中央道を東京に向け走りました。

途中、富士山が見えるのを期待していましたが

長野から山梨のあたりで濃い霧が。。。

晴れたのは東京につくころでした。

ということで、富士山は拝めず

東京まで4時間弱

至福のひと時でした。

介護のこと、仕事のこと

家族のこと、仲間のことなどなどひさしぶりに振り返る時間を頂きありがたかったです

ということで、東京に到着。

ナビもあるので、

迷うことなくありがたいものです。

今回の研修のひそかなみやの目的は

「原点回帰」です

ユニットケアとは何ぞや?!

ということです。

例えば、

グループホームは

認知症の方に対応していて、

共同生活を介護する場

だとするならば、

特養がユニットケアを行う理由を知ることです

研修の内容についてはまた次回書きたいと思います。

お付き合いありがとうございます。

















miyamura333 at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月03日

牛な宮がお送りする今回のお悩み相談室。

出勤時ラジオを聴く宮です。

そんなラジオから、

今年の自分の一文字を選んでくれるサイトがあるとの情報が・・・

早速やってみる宮。

宮の今年の一文字は・・・発表します!

ジャン!『牛』

『牛』って!!!!!!!

のんびりしていたということでしょうか?!

それとも白黒はっきりしたということでしょうか?!

う〜ん、深い。。。深すぎてよくわからんです。

と夜勤にはいる宮です。

皆さんはがんばろうと思うときや、踏ん張ろうと思うときに見るもの聞くものってありますか?

そんなねたをこれまたラジオでやっていたので宮も考えてみました。

そこで浮かんだのが、『紅の豚』

もともと乗り物好きな宮はあの『紅い』飛行機が好きです。

理由は簡単。

『こだわっているから』

実際にはない飛行機らしいのですが、モデルとなった飛行機(マッキM33)もなかなかかっこいい。

職人肌のすきな宮はああいうプロっぽい仕事をする人が大好きです。

いい意味で、こだわりのある人って”かっこいい”と思います。

そんな利用者さまのために”こだわれる”宮になりたいものです。

そういってみれば、この映画のキャッチコピーは「かっこいいとは、こういうことさ。」

だった気がします。

宮もかっこよく年を重ねたいですね。



がんばるで思い出したのですが、がんばろうとしたときに誰に相談をするか?!

ということです。

介護士のあるあるかも知れませんが

迷ったときには、

『利用者に聴く』です。

最近は、仕事で悩んだらGさまに聞いています。

夜のGさまはきらりと光るまなざしで鋭い一言を・・・

今日のお悩みは。。。

うまくいかないときにはどうしたらいいか?です

Gさま「忍耐強く、続けること」

宮「そっか、続けることが大事ですね」

Gさま「そうそう。続けること。続けていればいいことがある。でも、僕は続けることが苦手だけどね」っと笑顔

宮「続けれないときは?」

Gさま「過ぎるのを待てばいいよ。過ぎてしまえばうまくいったものだよ。」

なんだか90を過ぎた方の言葉だと重みが違います。

悩んだときは「利用者さまに聴く」これが

宮のがんばれる秘訣のひとつかも知れません。










miyamura333 at 23:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)