2017年08月

2017年08月21日

心にゆとりのある人でありたいと思う。

夏もお盆が過ぎ後半に入りました。

子どもたちも、夏休みの終わりが見え始め、少しそわそわし始めています。

最近は、夕立ではなく、線上降水帯なるものが雨を降らしているようで

急な雨が局地的に降るので怖いですね。

通勤時も、晴れていたと思って走っていると、山を越えて急な雨であわててスピードを落とす。

なんてこともあり、注意が必要だと感じます。

そんな宮ですが、

本日のテーマはコチラ

「言葉使い」

です。

介護士にとって利用者さまと接するなかで気をつけなくてはならないものです。

しかし、心や体力にゆとりがないとついつい、

きつい言葉使いになっている自分にふと気がつきます。

「いま、イライラしているな」と反省

”イライラ”はどうして起こるのか?

自分はこうしてほしい(期待)



相手の行動(現状)

この期待と現状のギャップが大きいほど

イライラは大きくなるのかも知れません

そんな時に宮が自分にだす処方箋は2つ。

まずは「期待」をしている自分に気がつく。

期待をしているということは、なんらかの見返り、

つまり自分の思うように行動してほしい。と思っていることです。

ですから、まずは期待をしていることに気がつくと、少し一呼吸おく事ができ

イライラしにくくなります

もうひとつは、

期待と現状のギャップを楽しむ。

人はみんな違うのでギャップが生まれた時に「そう来たか?!」と楽しむように考えをシフトします。

それで少しは収まるのかなって日々考えながら行っています。

誰もきつい言葉を使いたくて会話をしている人はいないと思います

そのような環境にならないように環境を作りたいし

そういう環境になることがあるのでれば

その環境を”なくす(0にする)”のではなく、まずは”減らす”ようにしていきたいと考える今日この頃でした。











miyamura333 at 06:25|PermalinkComments(1)