2018年10月28日

1912

こんばんわ。夜勤中の宮です。

10月の後半に入り、だいぶ、朝晩ひんやりしてきました。

秋の深まりと、冬に近づくことでお鍋やおでんが恋しい季節になってきました。

夜勤に入る前に、ふと家族でおでんの話題になりました

おでんはおかずになるのか?

小さいころからおでんをご飯のおかずとして食べるのが苦手?!下手?!な感じがある宮は

おかずにはならないと主張

女性人は、立派なおかずと主張。

男性はやはり味が濃いほうがよいのでしょうか?

そんなことを漠然と思いながらおでんの話をしている宮です。

さてさて、話は変わりますが今日はwさまの誕生日です。

大正元年生まれ

最近、食事量が少なく看護師さんたちも心配気味でした

しかし、今日の誕生日ケーキは”ぺろっり”と食べたうれしそうに看護師さんからお話を伺いました。

やはり甘いものはお好きなのでしょう。

すでに亡くなった宮のじーさんもいつも言っていました。

戦前生まれの人にとって砂糖はぜいたく品だと。

そしてうちのじーさんはコーヒーにスティックシュガーを3本以上入れて飲んでいたのを思い出します。

そんな大正元年というと1912年

第一次世界大戦前です

すでに歴史を感じます

サラエボ事件やロシア・ソビエト連邦が出来る前に生まれたわけですよね

なんだか歴史の重みを感じます。

ご本人様に今朝「おめでとうございます」とお伝えをするとありがとう。

と笑顔を見せてくださいました。

一日でも長く、そして笑顔で過ごせるように支援をさせていただきたいと思う宮でした。





miyamura333 at 22:30│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by にしわき   2018年10月30日 08:58
106歳ですか!
すごいですね、、、

それから私はおでんは断然、おかずにならない派です!笑
クリームシチューもおかずにならないって人が多いみたいですね!係長にとっては論外だと思いますが(≧∀≦)笑

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔