2020年10月04日

備忘録ということで・・・

早いもので季節は10月に入りました。

2020年も残すところ11月・12月

なんとも言いにくい年となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

前回ブログの最期に研修の報告をすると予告したので、研修の報告を今回は書きたいと思います。

9月に宮が参加させていただいたのは「チームビルディング」研修。

久々です。

実は、この研修というか講師を務めていただく先生から、直接学ぶのこれで2回目。

5年以上前にも、学ぶ機会を頂きましたが、

久しぶりでしたが、先生は相も変わらず、お元気そうなご様子。

変わったのは、自分の年と体力の低下でしょうか?!

内容は、表題のチームを効果的に成長させて、成果を出し続ける組織を作ること。

福祉や介護は専門職同士のチームだったり、

介護職の同士のチームで、利用者様を支える仕事であるため、

必要なのですがやはり、受けてみての感想は、頭で理解したとしても、実行に移すのは難しい。

ということでしょうか?!

皆さんもご存知の通り、グループとチームは目的の有無によって決まります。

スポーツはある目的。例えばリーグ優勝などがあるので、「チーム」と言いますし、

研修でたまたま座ったところで1つの集まりを作ればグループと言います。

ではチームを成長させる必要な要素は「危機感」や「ビジョン」

どうも、自分はビジョンだけでは動けないのかも知れないと研修で感じました。

けして危機感が好きなわけではありません。危機感やあせりは宮にとって一番失敗しやすい行動パターンの一つです。

しかし、今までの学生時代などの経験でもそうですが、

怖い先輩がいるから、サボらないで筋トレをする。などあった気がいます。

かといって危機感だけがあったわけではなく、先輩のように強くなりたい。と思う気持ちもあり、部活を頑張ってきました。

ではチームって?!

もともと、ロジカルに頭が動くほうではないので、今回の研修も迷いながらも、何とかついていくのが精一杯の研修でした。

そして出た結論は、一つずつ。一歩ずつ。

自分が出来ることを行い、学んだことを結び付けていく。ということでしょうか?!

研修を受けたから言って、宮がいきなりゲームのようにパワーアップするわけではないので。。。

ただ、活かすことはできるとは思います。








miyamura333 at 07:46│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔