2005年11月

2005年11月30日

これからの季節

今日はこれからの季節について話します。

これからは寒くなってくる季節です、そして明日から
とうとう12月、朝は布団が恋しい季節です。

こんなときに思うのが、木のぬくもりを感じること。
それは電気の明かりにより木に反射しとても温かさが
でて、実際には寒いのですが、そのような空間で
生活することによりより、温かさがまし、とても
生活しやすい空間を作ることができるのではないでしょうか。

古材や無垢の木を使うことにより温かさを演出することができ
生活する人がより快適に気持ちよく生活することができるだろう。

【古材カウンター】
カウンター

miyaoka2 at 22:28|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2005年11月29日

これからのことについて

今日はこれからのことについて話したいと思います。

今僕は大学に通いながら、インターンという形でヴィンテージアイモク
に勤めています。

インターンを始めて本当に良かったと思う、それは今の考えや、
これからどのような職につきたいかや、今自分のやりたいと思って
いることはどのようなことかを知ることができた。

そして目標が自分の中で定まってきたため、今はその目標に向かい
学校の授業でも一生懸命頑張りたい、

そしてインターンでは自分がどのようなことができるか、自分の考えを
ぜんめんにだしていい経験となるように努力していきたい。





miyaoka2 at 22:27|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2005年11月28日

イベントについて

今日はイベントについて話します。

ヴィンテージアイモクでは今月の二十日にクリスマスリース教室を
行いました、このイベントは多くの人にヴィンテージアイモクの
作る、ヴィンテージホームのことを知ってもらおうということ
で行ったイベントで、これからも色々とイベントを行う予定です。

今回のクリスマスリース教室ではOBさんが中心となり参加して頂き
とても好評でした。

僕はこのようにOBさんもずっとつながりを持てる、関係性とても
大切だと思います。家は一生に一度の買い物であり、その買い物を
していただくことは本当にうれしいいことです。買ったいただいた
お客様との関係をこれからずっと続けて行くことは重要なことだと
思います。

【ビンテージホーム】
オープンハウス

miyaoka2 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月27日

古材の利用法2

今日は古材の利用性について話ます。

古材は色々な可能性を持っています、
家のアクセントとして梁として使ったり、
柱として使うことができます。

次にヴィンテージアイモクではオリジナルで古材カウンター
を作ったりアイアンを使った古材のアイアン家具もあります。
古材を家具に使うと、古材は乾燥していてとてもじょうぶで
ずっしりとした存在感があるものとなります。

そしてもう一つガーデニングなどに使ってみてもどうでしょう
木自体に味が出ているのでとても面白いガーデニングができるでは
ないでしょうか。

他にも色々と古材の利用法はたくさんあると思います。
実際に古材を見てみたい方は是非コメントください。

これからはクリスマス、イルミネーションのアクセントとして
古材を使ってみてはどうですか、和と洋のコラボレーションです。

【古材カウンター】
カウンター

miyaoka2 at 21:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年11月26日

環境ビジネス

今日は環境ビジネスについて話します。

最近ハイブリットなどが広まってきて環境ビジネスが
身近になってきたと思います。

それにより環境のことを考えた商品が増え、今それらの商品が注目
されています、電で動く原付バイク、電気で動く自動車、
自然に戻ることができる、発泡スチロールなどの例があります。

今ヴィンテージアイモクで扱う古材は環境ビジネスであり、
これから広がるものであると思います。

古材とは築百以上の古民家からとりだした木材のことである。
そして強度も強く、これから再利用することができるもの
であり、今にはない木材や手法などがあり、新材よりも面白
いものである。

古材に興味がある人、扱ってみたいという人、使ってみたいというかた
是非コメントください。

【古材】
古材

miyaoka2 at 14:50|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年11月25日

ニュース

今日は最近の住宅関連のニュースについて話します。

今は環境問題や安全の問題が多く取り上げられています。
その中でも今年明らかとなったアスベスト、そしてマンションの
欠陥がとても注目されました。それはどちらとも共通することは
お客さんのことを一番に考えず、自分たちの利益を考えすぎたこと。

僕はこれが一番の理由だと思います。目先の利益だけを見て、目がくらみ
後先考えずに行動した結果こうなってしまった。

今建築会社や関連会社に必要なことはお客さまから信頼、安心してもらうことと
信頼してくれた人を裏切らないことである。

やはり一番大切にしなければならないのはお客様である。

これからはお客様から信頼され、お客様の関係をずっと続けていき、
家を買うということは一生に一度のことなので、関係性を大切に
住んでからも関係を続けていけるように頑張りたいです。





miyaoka2 at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月24日

インターン

今日はインターンについて話ます。

今日はアイズという学生にインターンを薦めるという会社の
集まりがありました、この集まりはアイズの誕生会ということ
で行われました。

そして20人近くの学生が集まり、飲み会が行われた、
そこで一人気になったのが松山大学3年生のタクボさん
この人は岐阜に二ヶ月行って豆腐の営業をしてきました。

その豆腐はとてもおいしいものなのですがとても高価なもので
そのお店の人はまったく営業をせず、全然広がっていないという
ことでタクボさんが営業をし、この高価な豆腐を多くの人に
広げるいう結果になったのです。

この結果を受けてこだわりを持ち良いものは高価でも
いいのということが伝われば分かってくれる人たちがたくさん
いるということ。」

僕も多くの人に古材のよさを知ってもらいたいので
古材をこれからよろしくお願いします。

miyaoka2 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月23日

ハイブリット

今日は僕が思うこれからについてを話します。

今僕はとても車に興味があり、これからどのような
ものが出てきて、どのようなものが流行るのかが
とても気になっています。

それは五年前ぐらいから登場したハイブリットの市場が
だいぶ確立して、新たな大きな市場ことが確実だと思うからです。

それは環境の面、燃費の面、運転しやすさ、価格などからきていると
思います。そのようなことから今ハイブリットは注目され、
これからの車となり、広がることは間違いないと思う。

初めにトヨタがハイブリットを販売し、今年になりホンダが
販売した。そのようなことからほかの企業もハイブリットを
作らずにはおれず、これからの自動車業界の行方をハイブリット
の製作、販売が左右すると言えるだろう。

古材も今は市場浸透の発展段階で今の状況だと早いうちに広がっていきます。
そしてそのときは他の企業の進出もあるだろう、今は古材を広げるために
これから必要とされてくるものだということを知ってもらい、多くの
人に古材のよさ、温かさをしってもらいたいです。

miyaoka2 at 22:26|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年11月22日

カナダの輸入資材【第二段】

今日はカナダの輸入資材について話します。

ヴィンテージアイモクではカナダの輸入資材を直輸入しています。
今日はこの輸入資材の中の扉と床材を紹介したいと思います。

まずは扉について話します、この扉は実際に自社で建築した
家に使われています。そして僕はモデルハウスを掃除したり
会議を行ったりするのですが、モデルハウスにもこの扉が
使われていて、とてもオシャレな上に無垢材を使っていて
いいものだと思います。そして玄関扉にはステンドガラスが
使われており。利用性はもちろんのことそのうえアンティーク
感がありアクセントとしてはいいと思います。

次に床材を紹介します、この床材はとても足になじみ
毎日生活する場所には最適なものだと思います。
そしてこの床材は東京ビッグサイトで行われたジャパンホーム
ショーにも出展しました、そのときとても注目を受けていました。
この床材はいいですねとか、この床材は何の木材でできているのか
とかこの床材について多くの質問を受けました、実際に使ってみたい
という人もいました。


輸入材にに興味があるかた、この資材を見てみたいというかた
は是非コメントください。

【カナダのアンティーク資材】
カナダ2カナダ1

miyaoka2 at 12:52|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年11月21日

学校

今日は学校について話します。

僕はインターンをしながら、学校に行っているのですが
インターンをすることにより、学校の勉強の大切さや
学校で友達と過ごす時間が大事に思えてきました。

勉強は今学校で勉強していることが実際に会社で
行われていたりして、学校の勉強が実際行われているところ
を見ることによりとても分かりやすく、面白く感じます。

これからより経営の勉強を頑張っていきたいです。
 
そして学校で友達と過ごす時間の大切さをインターンに行く
ことによりより大切だと思うようになってきました。
それはインターンをする前までは学校でだらだらする
時間が多かったのですが、今はインターンに時間をさく
事が多くなり、友達と過ごす時間が減って、より友達
と過ごす時間の大切さが分かりました。

今とても充実した時間を過ごすことができています。
これからもより充実した時間とできるように頑張ります。


miyaoka2 at 22:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月20日

自分のできること

今日は自分のできることについて話します。

今は学生でインターンをしているのですが、
最近いつも考えます、自分が会社に対してできることは
何かを、東京に行って多くの人に気づいたことは、自分が
もっと会社のことを知らなければならないことと、お客様に
熱意を伝えること、それがうまく説明できなくてはならないが
熱意を相手に伝えることができれば興味を持ってくれるということ。

そして一番大切にしなければならないのはお客様であり、
お客様との信頼関係を大切にするということ。

これから実際に多くのお客様と会い、自分の熱意を伝え信頼を
えることができるように考え行動していきたい。

miyaoka2 at 23:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月19日

スポーツ

今日はスポーツについて話します。

僕は小学校ののとき部活でドッジボール部に入っていました。

そして今大学生となり、僕の同級生の友達がコーチをしています。

そのため僕は暇なときは運動をするためにドッジボールをする
ために小学校学に週1ぐらいのペースで通っています。

そして明日はいよいよ社会人の大会です。

一勝でも多く勝つことができるように精一杯頑張りたいです。


もう一つ今日はアイモクの引越しの日でした、いよいよ
今日から新しい場所での勤務が始まります。

自分の気分も入れ替え、自分にできることは何かを
探し、目標にむかい努力していきたいです。


miyaoka2 at 23:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月18日

経験

今日は経験について話します。

僕はこのインターンをして3ヶ月たつのですが、
インターンをして本当に良かったと思っています。

インターンをした理由は今の大学の授業は面白いのですが、
あまり現実感を感じず、何か自分にプラスになる大学以外の
ことをしたいと思ったのが始まりです。

そしてインターンをし始めてまずブログに出会いました、
今では多くの人とブログを通じて知り合えることができたのですが
はじめはブログというものも知らず、あまりパソコンも扱えない
という状況でした。今思うとブログをしてパソコンのことや
コミュニケーションをすることを勉強することができ
本当にいい経験をしたと思っています。

実際に会社の中に入ってみて学校の授業で勉強したことが
実際に行われていたりして、実践を見ることができ本当に
学校の勉強も楽しくなりました。

これからより自分を成長させることができるように
工夫しながら、がんばりたいです。

miyaoka2 at 21:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月17日

お引越し

今日はアイモクの事務所移転の話しをします。

11月21日に松山空港近くにあるビズポートとというところに
引っ越します、そして名前はすでにアイモクからヴィンテージアイモク
へと変わりました。

僕がインターンをしてもう三ヶ月近く経とうとしています、
夏休みからはじめたのが昨日のように感じます。
学校ではできない経験、体験をさせてもらいました。

この三ヶ月色々な人に出会うことができました、ブログで知り合った
社長さん、僕と同ようなところでインターンをしている人達に
であい、ブログは本当にすごいものだと、直接会ってみて感じました。

これからも色々なことを経験し、将来の自分へとつなげていきたいです。

11月20日に松前町のガーデンビレッジプン中のオープンハウスにて
クリスマスリース教室を行うことになりました、是非クリスマスリースをしてみたい、20日があいているという方は是非コメント下さい。実際に行いますオープン
ハウスはとてもオシャレで、いい空間です、お家がの中が見たいという方も
是非コメント下さい。

【オープンプンハウス】

オープンハウス

miyaoka2 at 16:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年11月16日

ゼミ研究について

今日は学校のゼミでおこなうゼミ研究について話します。

今日学校で来年のゼミ大会で発表するテーマを決めました、
これは経営学部のゼミ生40組がゼミ大会で競い合い、
どの発表がいいかを決めるものです。

僕たちのグループは僕の独断で仮名【ハイブリットを扱う企業と
扱っていない企業との車業界の生き残り戦略】について調べたい
と思いました。

ハイブリットは今でこそ新しいものですが、これから絶対市場が広がっていく
ものだと思ったのでこのテーマにしました。

この考えはインターンをしていて古材はこれから広がっていくものであり
必要とされるものだと思うという考えから今から広がっていくものは
なにかということでハイブリットと思いました。

これからも色々なことをインターン、学校を通じて学んでいきたいです。


miyaoka2 at 22:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月15日

カナダの輸入資材

今日は当社で扱っているカナダの輸入資材について話します。

アイモクではカナダの輸入資材を取り扱い、実際オープンハウス
に無垢のドア、床材にこの輸入資材を使っています。

まずドアはレンガととても合い、洋風の家にもアクセント
として使うことができます、そして写真でもわかるように
ガラスを一部に使っていて、雰囲気もでます。

次にアルダーという木材を使った床材について話します。
この床材は東京ビッグサイトで行われたジャパンホーム
ショーにも出展しました、そのときとても注目を受けていました。
この床材はいいですねとか、この床材は何の木材でできているのか
とかこの床材について多くの質問を受けました、実際に使ってみたい
という人もいました。

僕はモデルハウスを掃除をしているのですが、この床材を使っている部屋
はとても落ち着いた雰囲気でいい感じです。

この輸入資材を使ってみたいという方、輸入資材に少しでも興味が
ある方は是非コメント下さい。

(ドア&床材&部屋)

床ドア2

miyaoka2 at 13:54|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2005年11月14日

古材の利用法

今日は古材の利用方法について話します。

古材は色々な利用方法があります、新築のはりに使ったり
柱に使ったり、ガーデニングとして使ったりなどがあります。

古材は使いづらい、利用するのが大変、もし中がボロボロなのでは
ないか。という問題がある。しかし実際に古材は使いづらい物では
なく、ヴィンテージアイモクでは古材倉庫という古材のFCをおこな
っているため希望の古材をFCのネットワークのなかでできる限り
探すことができる。

そして古材を使って作った施工事例などもあるので古材はどのような
ものであるか分かりやすい。古材は手作業でくぎ抜きや、検査をしている
ので安心して使うことができる。そして強度について実験でも実証されて
いるので耐久性の高いものである。

古材はとても可能があるものです、実際に古材のカウンターや家具なども
ありますので興味がある方はぜひコメントください。

(古材カウンター)
カウンター

miyaoka2 at 00:44|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2005年11月13日

人に接すること

今日は接することにについて話します。

今日は大学の文化祭でした、そして愛媛大学で僕にアイモクを
紹介してくれた、アイズというインターンシップを派遣する会社が
ブースを出しているということで行きました、

そして僕の友達、高山くんを中心に作ったcolorsというフリーペッパーが
24日に発刊されることが決まったのでその宣伝のチラシを高山くんと
一緒に少しだったのですが配りました、思ったよりも多くの人が
チラシを受け取ってくれました、そのとき学生は学生のやることには
関心あるのだと思いました。学生で雑誌を作ることは本当にすごいことで
高山くんをとても尊敬します。

インターンをはじめて色々な人と出会い、本当にいい経験をさせてもらっています。
ジャパンホームショーでは普通の学生では話すことができない多くの社長さん
とお話することができ、とても勉強になりました。これから経験を重ねつつ
その経験を発揮できるように頑張ります。

miyaoka2 at 22:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月12日

ジャパンホームショーを終えて

今日は昨日までおこなわれていたジャパンホームショーについて話します。

このイベントは本当に迫力が愛媛のイベントとは違いました。
なにがすごいって実際に会場に家を建てているということ
モデルハウスみたいなのが実際に二軒ぐらい建っているのです。

そしてとても派手なブースが多かったこと、照明なども凝っていて
おもしろかった。

一番ここが違うというとこはお客様が業者さんで古材に興味を
持ってくださる人が多かったということ。

そしてこの古材のFCについてこういう事業があるんだといって
とても面白い事をしていますねと多くの人に言われました。

このイベントで多くの人に古材の良さを知ってもらうことができました。
これからももっと多くの人に知ってもらえるように頑張ります。

miyaoka2 at 23:10|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年11月11日

考え方

今日は考え方について話します。

今日はジャパンホームショー最終日でした、
多くのお客様が古材倉庫に来てくれました。

色々なお客様とお話していく中で、家具に興味を
もってくれたお客様がいました。

はじめにアイアンの家具に興味を持ってくださり
そのあとマンションの施工事例を見てこの机は
良いねー、いくらと聞かれました。
そのときにこの人は古材はふるい材木ということ
で安いものと考えていたらしく、参考に古材カウンター
を見てもらったところ、アイアン家具の値段とカウンターの
値段がギャップがありすぎると言われました。

そのときに思ったことが、売る側の自分が高いと思ってしまうと
考え方を売るということではなく、物を売るということになってしまう
のでもっと考え方について話ができるように勉強しなければならない
と感じました。

今日は僕と同じようなインターンをしている大澤さんがブースに
来てくださいました、実際にお会いして僕より全然しっかりしている
と思いました、自分たちで企画をたて家具を販売している、
僕も負けないように頑張りたいです。

このジャパンホームショーは僕にとってとても刺激になり、
次ぎに進もうという気持ちにさせてもらいましった、
色々な社長さんのお話をすることができ、今までには
ない考え方、実際に話して見ないと分からないことがあるということ
を経験できて本当に自分にプラスになりました。
愛媛でこれからより頑張りたいです。



miyaoka2 at 23:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月10日

古材の価値

今日は古材の価値について話します。

今日はジャパンホームショー三日目でした。
ブースに来てくれて古材に興味をもってくださるお客様
はとても多かったです。

そして古材を他県でも扱っているところがありますがこの
古材倉庫ですか?という質問がありました、しかし実際は
FC店ではなく個人で古材を扱っている会社であり、
古材倉庫ではないという話も聞くことができました。

そして気づいたことが古材を扱うところはありますが、
価格を設定して販売をおこなっている会社は
このヴィンテージアイモクだけであることを再認識しました。

そして夜に渋谷にご飯を食べに行ったのですが、古材またはそれに
似せた木材を店舗に使っているところが東京には多いということ
しかし使われているのは日本の木の古材ではなく、外国のであろう古材
や偽物であった。

実際に東京での古材のニーズは多く、ブースにこられてすぐに使いたい
というお客さんもいたり、居酒屋の店舗に使いたいという声もありました。
古材はこの東京に来て本当に価値があるものだということを再確認するkじょと
ができました。

愛媛に帰ってもより古材が広まるように色々考えていきたいです。

miyaoka2 at 23:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月09日

出会い

今日は出会いについて話します。

今日はジャパンホームショーの後にカナダ大使館で
行われた、レセプションに参加しました。

そこで色々なお話を聞くことができました。
一番に思ったことは今回東京にに来て多くの人
出会い、色々とお話をして仕事についての考え方
どういったことが今必要とされているかなど、一人
で考えいては学べないことを学ばせてもらいました。

そしてお会いした経営者の人は多くのビジネスモデルを
もち、実現させようという努力をこつこつしている
ということである。

僕も多くの人と出会い、お話をして自分のやりたいこと
や自分の実現させたいビジネスモデルを早く見つけること
ができるように、後の二日間少しでもヒントを見つけて
次に活かしていきたいです。

miyaoka2 at 23:46|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

古材についての考えかた

今日は出会いについて話します。

今日はジャパンホームショー二日目でした
昨日より多くの人がブースに来てくれました。

今日はお客さまの中でもこの展示してある木材は
本物ですかという質問が多くありました。

なぜかと話してみると東京近辺は古材風の新材が多く
たくさん作られているということであった。
実際に東京近辺の人たちは古材に興味があるものの
実際に古材を扱うということになると大変だという考え方
をもっており、古材を扱い建築などに使うことは大変では
なく、実際にできることであり、実現可能なことであるので
ぜひ多くの人に本物を知ってもらいたいです。

古材を大変なものとか扱いづらいものではないということ
を理解してもらえると、より古材を身近に感じとることができると思う。


miyaoka2 at 23:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月08日

ジャパンホームショー

今日はジャパンホームショーについて話します。

今日はジャパンホームショー初日でした、多くの人が
ブースに来てくれて、古材に興味を持ってくれました。

その中でもお客さんは会社の人たちがすべてで、一般の家を
買いたいという人は愛媛のマイホームフェスタとは違い一人と
していませんでした。

ブースに来てくださったお客さまの質問でも多かったのが
古材をどういうふうにして売っているのか、販売だけを
FCでおこなっているのかという質問でした。

古材に興味があるお客様はほんとに多いのですが、実際に
使おうとしてこられるお客様は少なく、もっとFCの詳しいことや
どういった仕入れルートなどがあるかなどを説明する必要があり
それにより古材は扱いづらいものではなく、扱いやすくいいもの
という考えを知ってもらい、古材をより身近なものとして、
工務店さん、設計士さん、建築家さんはもちろんのこと
一般のお客さんにも理解してもらいたいと思いました。

生活するのは一般のお客さんであり、古材はいいものであり
これから必要とされてくるものなので、企業として
生活する人がいいなーと思えるようなもの【古材】を
提供したい。

miyaoka2 at 22:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月07日

いよいよ明日

今日は明日からいよいよ始まるジャパンホームショーについて話します。

今日はブースのセッティングをしました、はじめに会場の大きさに
驚かされました、次に他のブースの力の入れように驚かされました。

愛媛の住宅イベントとは違い、規模がまったく違い、
家を実際に建ってたり、イベント専用のパネルの迫力が
とてもすごかったです。

やはり都会はすごい。流行がここで作られ、ここから発信
している、すなわち流行の源である。

この東京で古材もこのジャパンホームショーで多くの人に知ってもらい
古材の良さや可能性を発信していきたいです。

明日は古材の家具やカウンター。実際の古財などを展示しているので。
多くの人に興味を持ってもらえるように工夫していきたいです。

【ジャパンホームショー】


japann

miyaoka2 at 23:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月06日

東京

今日はいよいよ明日から行く東京について話します。

東京は新しいものごとがたくさんある街だと思う、
それは愛媛ではまだ流行っていないものが先に流行っていたり
流行がとても早い。

すなわち流行の最先端であり、発信源である。

古材がどのような見方をされるか、とても興味がある
どのような評価をされるか、どのような価値を持っているのか

実際にお客さんの意見を聞けることはとてもいい経験に
なると思う、なので精一杯の力を出し、多くの人に話すことが
できるようにジャパンホームショーではがんばりたい。

古材に興味がある方は11月8日から11日まで行われますので
是非お越しください。

【古材】
展示古材

miyaoka2 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月05日

目標

今日は目標について話します。

今日は会社の全体会議だった、そのときに社長が話していたのは
目標を高めに設定すること、目標を低く設定してしまうと、達成感もなく
サボってしまう、目標を高めの設定するとその目標のためにひたすらがん
ばることができる。

僕は今社会人のドッジボールの大会のために練習しているのですが、
この大会の目標も優勝、強いチームは多いので大変なことであると
は思いますが、それに勝つために練習しているので、目標は達成した
いです。

インターンでも今はイベントでの目標があります、これを達成するために
ただがむしゃらにがんばるのではなく、手段や方法を考え自分なりに
工夫しながらがんばって行きたいです。

11月8日から11日まで東京ビッグサイトで行われます、ジャパンホームショーに
愛媛県のアイモクが展示することになりました、古材のカウンター、家具
塗装古材などを展示しますので、興味があるかたは是非来てみて下さい。

【ジャパンホームショー】
カウンター

miyaoka2 at 15:26|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2005年11月04日

新しいもの

今日は新しいものについて話します。

今の時代はどんどん新しいものができています。
そして機械なども進化し、持っているものがどんどん古く
なっていきます。

その中でも車はより良いものへと改良などされ、進化」しています。
しかしドンドン新しいものができていく中でも、古くて綺麗で人気のある
古い車はプレミアという価値がつけられ、新しいものとの違い、別の
ものとして評価されています。昔の車のなかにはデザインが今の若い人好み
であったりして、のっている人もいます。

古いものは今は逆に新鮮に映り、人気などがあるのだろう。

古材も実際に見てみると古いという印象ではなく、新鮮な印象のほうが強い。
実際に僕がはじめてみたときは、オシャレでかっこいいという印象であった。

実際に古材を見ることにより、古材のよさを多くの人に知ってもらいたいです。

見てみたいというかたは11月8日から11日まで東京ビッグサイトで行われる、
ジャパンホームショーに来てみてください。

【古材】
展示古材

miyaoka2 at 23:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月03日

監督10周年

今日は小学校のときにしていたドッジボールの監督の話をします。

今日はドッジボールの楠田監督の10周年の集まりがありました。

楠田監督は僕がドッジボールをはじめる1年前に監督になりました。
そして僕たちにドッジはもちろん、色々な教育や指導をしてくれました、
それがもう10年前で、今はもう108人の卒業生がいます。

10年間子供達を指導するのは普通ではできず、監督の人望や熱意
があったからこそ10年間続いてきたことだと思います。

やはり一つのことをやり続けるということはとてもすごいことで
僕も監督はとても尊敬しています。

これからも名監督として頑張っていって欲しいです。

僕も監督を見習い、一つのことをやり続けるように、継続を大切にして
これから学校やインターン、将来に役立つように頑張っていきたいです。

【楠田監督10周年】


監督

miyaoka2 at 22:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月02日

学習と経験

今日は学校のゼミで先生が話していた、学習と経験について話します。

ゼミの授業で先生が話していたのは今学習している本を何回も読んでちゃんと理解
することは、とても難しいと言います。

なぜかというと今は学習をしているだけであり、だいたいは分かっても
実際の体験をしていないために理解をするのが難しいと言う。

そのため先生もインターンをすることにより実際の例や体験などをすることに
より今学んでいることがどんなことか分かるようになると言っていた。

僕は実際にインターンをしてみて勉強していることを実践していたりして
実際に行われていることに関わることができるので本当に良い経験になります。

11月8から11日まで行われるジャパンホームショーでは良い経験となるように
精一杯頑張りたいです。

【ジャパンホームショー】

japann

miyaoka2 at 23:20|PermalinkComments(3)TrackBack(0)
Profile
お勧めブログ
【社内ブログ】













【お世話になっているブログ】
「いま、工事しに行きます。」

「木の家・木の家具」大好き!

One's Style

「安くていい家を!」家作り冒険王 

【外断熱地熱住宅】営業マン日記

【無垢材と自然素材の家づくり独白記】湘南&横浜・横須賀発 

7人のリフォームの匠たちのつれづれなるままに。

wood design

エコハウス リフォーム日記

がんばる地場工務店大集合!!(家造り大百科)

ちょっとした夢をかなえる家づくり

ちょっとまっててね
どないですか]

マエダハウジング前田の 昨日より、今日はきっとよくなる

もくもく舎『東谷』のブログ

外断熱 の工務店で満足できる家をたてるには!!

建築の平原

此処ニ無添加

自然素材とエアサイクルの住まい“HERBの家”

住宅性能表示制度で建てる徳島県の工務店

女性建築家の生活美学な暮らしのメッセージ

福井の住宅会社ではたらく専務のblog

くつろぐぶろぐ「観る児の日記」

リフォーム屋おじさんの『ぼちぼち日記』

外断熱の健康住宅 【健=人+建】

建築設計事務所 -正井建築舎- blog

エコハウス (一生懸命!エコハウス)

失敗しない家づくりを!ずばり言います

○●AWFと30colorsの愉快な仲間達○●

北アルプスの麓、大町から高性能住宅で”安心・快適”をお届けします。

アキちゃんとスエちゃんの夢をかなえる

神門工務店(ごうどこうむてん)

DREAM ON

ウェーブの小浪会長さん

京都の古材倉庫の小畑さん

\静岡の古材倉庫の森さん

香川の古材倉庫の塚田さん








訪問者数

Amazonライブリンク
BGM