2017年03月19日

機はあれど、力負けは歴然-J2第4節大分VS徳島-

ダゾーンだぞーんってベタなダジャレを臆面もなくCMにぶち込んでくる素敵なダゾーンさんのダイジェスト映像で、徳島の開幕からの試合を見て見た。

もう、前線切り裂くスピード、パスワーク、圧力がすごい。
外国人も、なんやらニョスな人がお休みかと思えば、ッチ系のランボーな人とか、でっかい人とか、で威圧してくるし。

あんなサイドのズタズタにされたら、即得点機だわなあ。
あな、おそろしや。

前半にめっぽう弱いイメージの今期トリニータ。
3バックの両サイドを面白いようにズタズタにされちゃう。
ぞくぞくってくるくらい、もう、ね。

でも、サイドを奥深く侵入、ああ、ここでマイナスのクロス出されたあのVTRのやつや、って場面もなんとかDFが踏ん張って止める。
ああ、ここで落とされて後ろから走りこんで、ああ、って思ったら、体はって止める。
VTR通り、逆サイドを広く使ってサイドチェンジ、ふん、わかってるさ、と対応。

いつ失点してもおかしくない、打たれまくりの展開も、なんとか踏ん張ってたんだけどなあ。
ゴール前のごちゃごちゃに、ひやひやっとしてたら、とうとう掻き出せずにずどん。
渡め!

大分は、徳島の圧に押されて、どうにも組み立てができない。
前線のターゲットが、今節は林から伊佐にチェンジ。
屈強ななんちゃらヴィッチ対策として、納める林より、競り勝つフィジカル系伊佐を選んだのだろうか。

やっぱ精度。
プレスのかかったところで、なんとかせんといかんよね。
ミスも出てくるし。

惇の局面を一転させるロングフィードは健在。
さんぺーにつないだあのシーンも、ビッグチャンスだった。

大分も、4バックで対応してからは、だんだん攻められ放題もなくなってきた。
そして後半。

大分が決定的な場面をいくつか作る。
たられば、たられば言えば、得点機は十分にあった。
せめて勝点1をってね。

チーム力としては、完全に力負け。
でも、サッカーは、こういう試合でも勝ち点はとれる。
そこを拾っていくのが強いチーム。
大分は結局、まだそういうチームにはなれていない。

上福元のラストプレーでの攻撃参加。
体を投げ出してボールに当たりに行ったプレーは、気持ちが伝わった。
カミ、高木といいレギュラー争いしてくれよ。

そして、國分の初出場。
まだまだほんとの力は出せてないだろうけど、局面局面で可能性を感じた。
清本がいないのを逆にチャンスにして、どんどん試合にからんでいってほしい。
1対1でぶちぬいて魅せてくれ。

試合前、「ピッチを切り裂く清本拓己をまっている」という弾幕がゴール裏中央に出された。
そして、繰り返す清本のチャント。
前十字靭帯損傷、全治8ヶ月。清本はどんなに苦しい思いをしてるだろう。
治ったとしても、これまでのプレーができるのか。不安も尽きないだろう。
でも、サポーターは、信じて待つ。
ピッチに立つ清本に、コールできる日まで。

これまで2敗。
ベルデーじゃないヴェルディとボルテスじゃないヴォルティス。
うーん、今年は、”ヴ”方面に鬼門があるのか。

次節は熊本に乗り込むぞい。
なんとしてでも勝ちを先行させねば。
熊本グルメを堪能せねば。


では、フォトギャラリーをごらんください。

CIMG8552 copy

試合前に、豊和銀行様より寄贈されたサッカーマシンのお披露目が。あれ?同行しているあのお方は。

CIMG8556 copy


CIMG8561 copy

「ピッチを切り裂く清本拓己をまっている」の弾幕。

CIMG8564 copy

今年の選手紹介動画は面白い。中でも伊佐のがいいね。

CIMG8568 copy


CIMG8569 copy


CIMG8572 copy

徳島サポーターのみなさん、いらっしゃいませ。

CIMG8573 copy