2017年05月14日

カウンター炸裂!ごっちゃんが止まらない-J2第13節大分VS名古屋-

IMG_5076 copy


IMG_5077 copy


前回、自分の番が来たら突然の売り切れ宣告をされた「優介勝つ丼」。
キャベツにマヨネーズねちょっと、トンカツにソースどばっとという不健康極まりない魅惑の食べ物なんだけど、今回は数分待ちでゲット。
うん、ごっちゃん、きっと今日は君のゴールで勝つよ、と前節2得点の好調の波に期待を寄せる。

名古屋グランパス。
もはやエイトがついてたことさえ忘れてるJリーグオリジナル10の名門クラブ。
まさかのJ2落ちをしても、スポンサーの潤沢な資金で、監督、選手をかきあつめ、地方脆弱クラブをびびらすツワモノ。

CIMG8684 copy


百戦錬磨のサポーターが陣取るアウェイゴール裏には、おお、これぞJリーグって感じの風格が漂う。

いや、ほんと、負けなきゃ御の字、ぐらいのつもりでしたよ。

前節、岐阜戦はメンツは同じながら4バックを敷き、しっかりと守備から入る戦術をとったのが、勝利へつながる。
今節名古屋戦も、スタメンは同じながら、どうやら3バックに戻したらしい。
局面、局面では、4枚きれいに並んだバックラインだったり、5枚並ぶってのももちろんある。

序盤、名古屋はほんと細かいパス回しから大分ゴールに迫る。
ポイントになったのは、玉田のボレー。
ほんとひやっと。
上福元が正面でキャッチしたけど、ここやられてたらおそらく全然違ったゲームになった。
ここがまず、ゲームの行方を分けた。

それにしても、よくパス回すねえ。あれ、でも、なかなかシュートまでもってこないね。
うん、ペナルティエリア付近でも回しまくってるねえ。
大分DF陣はこのめまぐるしいパス回しにも、しっかり対応し、虎視眈々とカウンターを狙う。
いいよ、いいよ、守備から入るよ。

で、ものの見事に名古屋のスキを突く。
川西の縦パスを、伊佐が体を張って受ける。ゴリゴリフィジカル勝負ができる前線の伊佐は、さんぺーとはまた違った前線の要。
ちょんとだしたボールに走り込むごっちゃん、迷わずシュート。
GK楢崎の弾いた先に、おっとそこには、小手川。

なんて流れだ。
美しい。
川西のパスにぞくぞくっとし、伊佐のごりごりにぐっと力込め、ごっちゃんのシュートにつばを飲み、コテのゴールでテンションマックス。

前半を1−0で折り返し。
うん、名古屋相手にこれは上々の前半だ。

美しい連携が止まらない。
ごっちゃんのサイドチェンジのボールがきれいにおさまる。
コテからの折り返しに飛び込んだ伊佐が倒される。
PK。

判定にちょっと疑問もあるけど、シーズン通したら、逆のこともあるし、まあとんとんだろうから、ラッキーと受け取っておこう。
でも、ここでPKは大きかった。

ごっちゃんがボールをセットする。
川西が蹴りたそうにごっちゃんと話してるなあ。
結局、ごっちゃんが蹴る。

迷いなく、決める。
堂々と、決める。

ごっちゃんの落ち着きも見事だったけど、やっぱ、あのサイドチェンジ。
効いたわ。

名古屋の攻撃は、緩急つけるでもなく、サイドを使うでもなく、中央でごちゃごちゃするばかりなので、あまり怖さがなくなってきた。

って、とこに来ましたよ来ましたよ。
シモビッチ。名古屋伝統のビッチ系超高層ハイタワー。

でもここで、3点目が入る。
福森のフィード収めた伊佐に食いつくDFをごりごりっとかわして、広々とひらけたウラに出す。
そこにお約束のごとうさん。
なんでフリーで走ってるんだごとうさん。

GKとの1対1をさらりとかわして無人のゴールにアウトでちょこん。
おおおお、なんて落ち着きだ。
GK 1対1 後藤優介 って検索したら、「絶対はずす」って出てたころのごっちゃんとはまったく違う。
中の人なんていないのに、こんなに変わるものなのか。
「自信」は人を変えるんだなあ。

名古屋は、杉本、続いて、フェリペ・ガルシアさんなどというブラジル人も投入。
そのフェリペのパスから、シモビッチの足技で決められる。
うーん、なんてシュートだ、こりゃやばい。

2点差でも、ざわざわって、不安が。
スタートから使われてたら、相当やばかったかも。

それでもトリニータの推進力と、名古屋の脆い守備のハーモニーは、4点目を生み出す。
途中出場でボランチに入った前田。
ガツガツとアグレッシブな守備を見せていたが、川西と中盤で囲い込み、ボール奪取。
カウンターが炸裂。

DFをかわして、またまたウラへ出し放題。
GK楢崎対川西、前田、後藤という世にも珍しい1対3。
なんだこれ?

ごっちゃんは、横の2人には目もくれず、狙いすましてシュート、が決まる。
強くコントロールされたいいシュート。
今や、後藤優介 シュートと検索すれば、「絶対決まる」と出てくるはずだ。

アディショナルタイム、トリニータオーレがスタジアムに響く。
まさか名古屋戦で、トリニータオーレとは。
この雰囲気がいいんだよな。
過ぎていく時間と、勝利への確信が高まり、現実になる瞬間。
至福のとき。

さて、この試合、ごっちゃんだけがクローズアップされそうだけど、そうではない。
その前に伊佐が体を張って、コテが運動量豊富に動き回って、最後にごっちゃんが仕上げた。
それが何もよりもうれしいところだ。

川西は相変わらず攻守で、キーマンになった。
片野坂監督のキーワードであるファストブレイク(速攻)のスイッチを入れるのは川西。
すでに片野坂サッカーでかけがえのないピースになっている。

前田のガツガツとしたハングリープレーは、買う。
ちょっと荒いところも目についたけど、ここで爪痕残さないともう出番はないとばかりに、ぎらぎらしたものを感じた。
こういうのも求められるものだと思う。

それにしても、名古屋との因縁は多い。
片野坂監督と風間監督は、現役時代ともに広島でプレーした。
ダゾーンで言ってたけど、Jリーグ日本人選手の初ゴールは、風間監督で、アシストが片野坂監督というエピソードも。
そして両チームのキャプテン、山岸・佐藤寿人は、広島でキャリアを積んだ。
竹内(大分)は名古屋で、八反田(名古屋)は大分で昨シーズンプレーした。
おもしろいもんだ。

トリニータのサッカーが面白い。
相手がポゼッションしてくるようであれば、カウンターを研ぎ澄ます。
こっちがポゼッションできるようなら、回しながら相手を剥がしてゴールに迫る。
3バック、4バックも使い分け、細かい分析をもとに相手のウィークポイントをついていく。

そして何より、選手が監督を信頼し、自信をもってプレーしているのがわかる。
いいチームになりつつある。
けが人が多いこの状態で、この結果を出しているんだから、これからがますます楽しみだ。

CIMG8681 copy


CIMG8689 copy


CIMG8690 copy


CIMG8696 copy



CIMG8692 copy