2018年04月16日

脅威の両サイド、輝きを放つ2つのスター-J2第9節大分VS横浜-

水まいてボールが走るなら水まきゃいいじゃん。
いやいや、どうも大銀ドームではそうは簡単にいかんらしい、芝の育成がなんたらかんたら。
ふーん、まけたらいいのにね。

って、まいてるじゃん!
タイムラインに乱舞する散水写真。
ピッチに水まいてることが、こんな大きなトピックになるって大分ぐらいだろ。

IMG_6136 copy


やはり好調のチームには、いろんなものが味方するんだなあ。

今節も丸谷はベンチすら入らず。
体調不良って、いったいどんな状態なんだろ、ちょっと心配。
まあ、姫野にとっては絶対離していけないビッグチャンス。

イバさんとかレアンドロ・ドミンゲスさんとか、まあ前線に圧を持って攻めてくるであろう横浜FC。
ピッチ内アップに選手が出てきたときに、一斉にサブメンバーのキング・カズにカメラが向いたのはいうまでもない。

CIMG9271 copy


キックオフ。
なんだかボールがよく転がる気がする。
水まき効果か、気のせいか。

ん?
横浜FCは、前線から攻めてこない。

どうぞどうぞ、好きなだけボールはお持ちなさい。
でもね、4バック3ボランチの重心の低さはダテじゃないよ、ウチらの陣地に攻め込もうなら、許しちゃおかないからね。

まさにそんな感じ。

ディフェンスラインでのボール回しも、なかなかスイッチを入れられず。
入れてもつぶされ、はじかれ、決定的なフィニッシュまでは遠い。
パスのズレやボールのつかなさも気になる。

そして、先制点は横浜FC。
どうにも止まらない鈴木が、ストップ効かず相手を倒してしまう。
イバのPKは、高木が触るが、ゴールイン。

構えた横浜に対し、後半最初から川西投入。
運動量と体を張ったチェックで、「らしさ」を出した姫野にお疲れさん。

両チームとも、決定的チャンスも得るが、両ゴールキーパーのファインセーブがゴールを割らせない。
大分の攻めは、ゴール前の息のあった連携も、横浜の厚い壁にはばまれる。

となれば、宮阪の展開力から、両サイドを生かす。
いやもう、この好調の原動力と言ってもいい大分の両サイドの推進力たるや。
本日も絶好調。

0−1のビハインドで始まった後半も、このチームの今なら、全然不安やあせりを感じさせない。
必ず追いついてくれる、逆転できる、そう信じられる何かをもっている。
2002年、J2で優勝した時のあの感覚に通じるものがある。

同点ゴールは、馬場のパスから。
サイドで受けた星は、中に入り込み、中央へのパス。
ごっちゃんが真ん中で相手選手を引き連れ、ボールはそのままファーサイドへ。
星とごっちゃんに引っ張られて、逆サイドは無人くん。
走り込んだレイのシュートは、見事ゴール!!!!

やっぱ、うちの両サイドは輝いてるぜ。
その名のとおりの星と、スピードスターの輝く星レイチェル。
相手チームからしたら、今の2人は、手のつけられない脅威に映るだろうな。

オープンな展開も、行きつ戻りつ。
終盤、大分の怒涛の攻めも結局、ゴールを割れず。

うーん、勝てた試合だったけどなあ。
たぶん、横浜サイドも、おんなじこと思ってるだろうな。

5連勝&確定首位のかかった試合。
もうどうしても勝ちたいってのは、やまやまだけど、この結果は決して落胆するような結果じゃない。

開幕9試合終えて、もっか6戦無敗。
敗戦も1試合のみ。

続く金沢戦、町田戦が大きなポイントになる。

今年は選手層が厚くなり、けが人も少ない。
かえって出られない選手のモチベーションやコンディションが心配になってくる。

出番を失っている藤本や、出場時間の短い伊佐、今季ベンチ入りさえないメンバーもいる。
シビアなプロの世界だから、出してあげてなんて言う気はさらさらないが、なんとか自分の手でチャンスを掴んでほしい。
長いリーグ戦、きっとチャンスはある。
そのとき、しっぽをつかまえることができるかどうか。

去年悔しい思いをした林や、馬場だって安泰ってわけじゃない。
そういう内なる戦いを見守る楽しみも、今シーズンは味わえるじゃないか。

CIMG9258 copy


CIMG9275 copy


CIMG9276 copy


CIMG9278 copy


CIMG9281 copy


CIMG9284 copy