2019年02月04日

なんでもかんでもダービーだJ! その壱

サッカーにおけるダービー・マッチとは、近隣都市をホームとするチームどおしや、歴史的、民族的、政治的禍根に端を発するチーム間の特別な戦いを意味する。

でも、Jリーグを楽しむ我々は、何でもかんでも、ほんのちょっとの繋がりがあれば、即座に○○ダービーって呼んじゃうのさ。
ま、いいじゃない、それもフットボールを楽しむちょっとしたスパイス。

そこで、今年J1を戦う我がトリニータ、名だたるJ1クラブを相手にするわけだから、全てが特別の戦い。
全てがダービ・マッチなわけさ。
早速なんでもかんでもダービーマッチにしちゃいます。

◇北海道コンサドーレ札幌
タイ代表の意地にかけてダービー(チャナティップVSティティパン)、そう、あえてミシャ式ダービーとは言わないよ。

◇ベガルタ仙台
外国籍っぽいけどみんな日本人だよダービー(オナイウ阿道、ポープ・ウィリアムVSジャーメイン良、シュミット・ダニエル)。FW対GKなんだね。

◇鹿島アントラーズ
三竿ダービーあるいは、雄斗建斗ダービー。ぜひ見たい。雄斗の雄姿がみたーい、らららら〜ららら〜

◇浦和レッズ
西川周作ダービー、でしょ、ここは。周作も大分との対戦を楽しみにしてくれてるようだし。

◇FC東京
10番キャプテン東も森重も大分から巣立ったダービー。
大分には、あいつらはワシが育てた、なんておっちゃんが多数いそう。

◇川崎フロンターレ 
フロオケダービー、おんせん県は負けへんで。
お風呂イベントなら、ピッチにお風呂を持ち込んだ大分の圧勝でしょ。

◇横浜F・マリノス
勇猛果敢ダービー。
スローガン、おんなじやんけ。マリノス、2年もおんなじスローガン続けるとか。変えるって思うで、普通。

◇湘南ベルマーレ
じつはテッペーちゃん始め湘南在籍経験者多すぎダービー。
他チーム経由も含めて、数えようという気さえ起こらない。湘南ってチームは、交流活発なんかな。

◇松本山雅FC
新参出戻りもんですが、よろしくダービー。
片野坂VS反町という、策士ダービーでもあるなあ。策に溺れるのは、ソリさんでぜひよろしく。

◇清水エスパルス
田坂でまさかダービー。
2015年、大分はJ3降格、清水はJ2降格。この両チームにとって悪夢のシーズン、監督として関わったのが田坂さん。
ああ、田坂でまさかの同志なのだ。プーマの友でもある。

なんか疲れた。
というか、飽きてきた。
続きは、またの機会に。

たぶん、書くよ。