2019年02月26日

ブラ神田神保町御茶ノ水散歩、カリーもはしごなのだ

快勝のアウェイ旅の翌朝は寝覚めがよい。
今回のブラ散歩の目的地は、神田神保町御茶ノ水界隈をめぐってみる。

散歩なのだから当然、歩く。
八重洲北口をスタートし、とりあえず神田橋方面目指して、川沿いを歩く。
神田橋から右に曲がり、ひたすら御茶ノ水の方向に歩く、歩く。

IMG_7265 copy


すると左手に、でっかいでっかい大聖堂が。
東京復活大聖堂、ニコライ堂。
んまああ、この建物はあちこち目を惹かれる。

すると、突然あたりに鳴り響くがらんがらんと鐘の音。

一見の価値アリなのだ。

大聖堂をあとに、さらに進む。
聖橋を渡り、湯島聖堂へ。

IMG_7271 copy


そう、わかる人はわかる。
今回のブラ散歩の目的のひとつは、「聖橋」「湯島聖堂」。
それはまた次回、別のお話でくわしく。

折り返しは、明治大学前の通りを、神田神保町へ抜ける。

三省堂を皮切りに、本屋さん、ブックカフェ、古書店、と紙とインクと珈琲と埃っぽさの混じる至福の路地へ。
新書や古書が整然と並べられた中にカフェスペースがあるお店がけっこうあって、こういうところで時間を気にせず、ぼーっとしていたいと思う。
でも、せっかく旅先なのだからというけち臭い根性が邪魔して、いつもいつもスケジュールを詰め込んでしまうのだ。

IMG_7280 copy


ああ、これじゃ、一生ゆったりした時間の使い方なんてできない。
贅沢な時間の使い方ができてこそ、本当のオトナなんじゃないだろうか。

IMG_7286 copy


目をひく佇まいの矢口書店。
劇作家の脚本や、ドラマのシナリオなんかの品揃えが有名。
前に来た時も、ここの外観の写真を撮ったのと、中の品揃えに興味を惹かれたのを覚えている。

お店の人が、舞台女優のサイン入りの本のことで相談をしている。
この話がついつい耳に入ってしまう。
なかなか面白い。
詳しくは書かないけれど。

IMG_7282 copy

【さぼうるのこの魔境感はどうだ】

IMG_7285 copy

【岩波ホールで映画というのもまたいいな】

本日のもう一つの目的は、カレーだ。
神田といえばカレー。
神田カレーグランプリなんてのも毎年行われている。
http://kanda-curry.com/?page_id=8854

そこで、カレーのハシゴをする。
まずは、エチオピア。
ビーフカレーをオーダー。
http://www.ethiopia-curry.com/menu.html

IMG_7283 copy


IMG_7284 copy


まず付き出しみたいに、ちっちゃいじゃがいもがでてくる。
皮のまんまバターをつけて食う。
おかわりできるらしい。

カレーは辛さが選べる。
0が中辛らしいので、とりあえず1を。

ほどよいスパイスの効いたとろとろのやつがくせになるうまさ。
肉もほろほろ。
シンプルだ。
飲み物みたいにごくごく入る。

あっとういまに食い終わる。
ああ、もっと辛めのやつでよかったなと思う。

神保町から、小川町、淡路町の方に歩く。
トプカというお店に行く。
http://www.topca.co.jp

IMG_7288 copy


IMG_7290 copy


欧風カリーとインド風カリーのメニュー。
キマカリーをオーダー。
スープに浸かったごはんの上にひき肉。
スパイシーな刺激が、食わせる。
ああ、ハシゴしてもけっこう食えるなと思いつつ、かっこむ。

IMG_7293 copy


はらごなしに、エキュート神田万世橋付近をうろついたり。
JR神田駅まで歩いて、ブラ神田も終了。
歩行距離、約10kmのお散歩でした。

エチオピアのカレー、また食べたいな。