2019年04月10日

ルヴァンカップGS第3節 神戸VS大分-何が足りない、馬場ちゃんのファイトも実らず-

いわゆるハーフスペースに君臨する漢・馬場賢治。
いやもう、ほんと、闘志むき出しの漢だ。

プロ生活をスタートしたクラブヴィッセル神戸が相手で、プロ生活の其処此処で共に切磋琢磨した仲間が出場している試合だからか。
もう、アドレナリンでまくっちゃって、走らずにおられない、ファイトせずにおられないのが見て取るようにびんびんに伝わって来る。

ハーフスペースを降りてきて、ガツガツとボール奪取にきたかと思えば、サイドに展開する、ワンツーで決定的な局面を作る、自ら走り込んで決めにかかる。
この試合の、左サイドが活性化した場面には、必ず馬場賢治の献身的な潤滑プレーがあった。

高畑や小林を生かしたのも、馬場賢治。
この試合でもっとも勝利にこだわり、闘志を表現し、ゴールに向かったのが馬場賢治。
リーグ戦メンバーからは外れているけど、やっぱりこういう選手、必要だよね。
改めて思わされた。

ルヴァンカップグループステージももう3戦目。
このグループを突破するためには、もう負けられない戦いなのだ。

スタメンは、オナイウ をトップに、ごっちゃん、馬場ちゃんの2シャドー。
左小林、右高山のWBに、丸谷、長谷川のダブルボランチ、岡野、庄司、高畑の可能性あふれるトリオの3バックにGKポープ・ウィリアム。

リーグ戦とは完全に違うターンオーバーでのぞむカップ戦は、どんなメンバーが出場するかスタメン発表からドキドキワクワクで、リーグ戦とはまた違った楽しみがある。
一方、いつもの片さんのサッカーが表現できるだろうかという不安もつきまとう。

お、やれてんじゃん。
丁寧にパスをつないで、サイドに展開。
おお、おお、ビルドアップできてんじゃん。

でも、チャンスは作れど、なんかゴールが遠いぞ。
何か足りない、決定的に決めきるための何かが。
それがないと、ゴールは奪えない。

それはやはり、リーグ戦のメンバーがもってる瞬間のひらめき、アイデアというものだろう。
選手個々の特徴を生かした、ラストプレーにつながるための、組み立て。
ほんとゴールに迫るあと一歩までは、なんども行けた。
勿体無い、惜しい、でも、、、。

オナイウ はもう後がないという気持ちで毎試合のぞんでいるだろう。
でもまだ、大分では、出せていない。
オナイウ でなければってものが。

それにしても、神戸は強かった。
ってか、こういうサッカーの方が楽しいんじゃない。
バルサ化目指して、楽天マネーつぎ込んで、確かに世界レベルのすごいプレー見られるのは、貴重なことかもしれないけど、神戸の街のプロサカークラブを応援するサポーターにとってはどうなんだろ。

みんなでボール運んで、かっちり守って、スーパープレーはなくとも、躍動するサッカーはできる。
強くていいチームだったよ。

結局、2−0の敗戦。
そんなに決定的な差はなかった、って言いたいけど、やっぱり差はあった。
経験というのもひとつだろう。
でも、このチームの伸びしろは大きなものがある。
それも確実に感じた。

ルヴァンカップの目的のひとつは、若手選手の成長を促すというところにある。
その意味では、大分は、いい経験をさせてもらってる。

で、ついに我らが刀根、ベンチ入り。
やったね。
でもこれからが勝負だよ。

トモキは、攻撃面で替えの効かないプレーを見せ、勝利に貢献し続けている。
左も、福森、高畑、三竿とライバル多すぎハードル高すぎ。

こういう激しい競争が、チームを活性化させるから、サポーターにとっては嬉しい限りだけどね。

さてさて、今年の我が職場には、一気にコアなトリサポさんたちがやってきた。
こんなのはじめて。

これまで、片隅でぼそぼそと世間の目を忍ぶがごとく話していたトリニータ話が、一挙にオープンに話せるようになった。
それもサポ飲み会のような、みーんなわかってるってかんじで。
ほのやがとか、ポープがとか、普通に当たり前に、言えるもんね。

ここ職場だよ、すっごい。
ただでさえ楽しくて仕方ないトリニータライフが、ますます楽しくなってしまってます。
ふふふ。