2019年04月30日

アフターセレッソ戦は、大阪ぽいもんでぼちぼちやでぇ

北新地、ああ、北新地。
これは大阪ぽいなあ。
やっぱ、大阪アウェイツアーぽく行かなきゃね。

トリニータの試合を見ては、うんたらかんたら好き勝手なことをブログに書き散らしてるおっさん3人と、トリニータブログ界においてはなんとも珍しい超本格戦術ブログをしたためておられるワカモノ1人が集う。

IMG_7530 copy


IMG_7533 copy


トリニータの現在と未来について、片野坂サッカーの可能性、地域に根ざしたクラブ経営のあり方など、口角泡を飛ばし、喧々諤々、熱のこもった議論をした、なんて事実は全くない。
お好み焼き出てきた、ああ、大阪ぽいね。
そんな話。

IMG_7534 copy


IMG_7536 copy


串カツ屋さんに行くと、いきなりアウェイの洗礼。
東口さんのサインじゃないですか。
うーん、先週の東口さんのコメント、忘れちゃいないよ。
ジャッジリプレイ、見てくれたかな。

もうね、おじいちゃんだから、眠い。
目の前に串カツ並んでるの気づかないくらい。
これは腹すかして食いたかったな。

IMG_7537 copy


IMG_7538 copy


IMG_7539 copy


翌日。
JR大阪駅横にある「よしもと西梅田劇場」へ。
なんばグランド花月が、立ち見までソルドアウトの大盛況だったから、こっちにきたわけではないのだよ、たぶん。
梅田といえば、昔々、年2回くらい恒例の関西家族旅行で、うめだ花月に通っていたなあ。
当時、小学生だった娘たちも成人してしまって、うめだ花月ももうない。

時代はすぎるのだ。
あ、平成から令和へという今日、なんてタイムリーな話題。

鉄筋の大きな倉庫、あるいは、サーカス小屋って雰囲気の、「らしくない」劇場。
中も、パイプ椅子とか、手作り感満載。
よしもとの違ったアプローチなのかな。

ここは余裕で当日券ゲット、って思ったら、なんと席が半分以上埋まっていない。
出てるメンバー見ても、見たい芸人さん多いし、客とステージの位置も近くて親密感もあるし、こっち選んでもいいんじゃない。
なんかなんばグランド花月がJ1で、ここがJ2みたいな感覚。
ネクストブレイクは、ここからだってワクワク感も覚える。

IMG_7540 copy


IMG_7542 copy


なぜかなんばグランド花月に戻る。
千とせの肉吸い。
これ食ってみたかったんだ。
簡単に言えば肉うどんのうどん抜きなんだけど、この超B級な感じがなんともいえない。
満足。

ここまでザ大阪グルメを堪能すれば、とっても満足。
でもやはり片野坂サッカーらしく、最後の最後まで攻撃の手を緩めてはならない。
伊丹空港で、仕上げのくくる。
普通のたこ焼きは、スタジアムで食ったので、明石焼きを食う。

IMG_7544 copy


IMG_7545 copy


さらにアディショナルタイムの追加点、とばかりに、自由軒の名物カレーと、551蓬莱の豚まん、焼売を。
ふふ、ここまでやれば大阪も反撃はできまい。

ああ、やっぱ結局、おっちゃんの戯言ブログであるなあ。