2019年05月12日

湘南スタイル、しのぐための割り切りとは-J1第11節湘南VS大分-

恩返しゴールの応酬なるか。
ほんと、湘南在籍経験の選手、多いんだよね。
向こうにも、トリニータで育った司がいるし。

高山、三竿、馬場、えーっと、あ、さんぺーもだった、うっかり忘れモード(笑)
ほかにもいたっけ?

やな予感。
これまでの2敗は松本と、広島だけど、ともにハイプレスが大分対策のひとつのキーになった。
そもそも、今の片さんのサッカーが、うまく機能しなかったチームは、ドン引きかハイプレスの特徴をもつチーム。

しかもJ1でも有数の走り屋チーム、いわゆる湘南スタイルを貫いてきたんだから、どんだけな高圧をかけられることやら。
もしかして、圧に押されて決定的なやらかしがあるかもしれない。

すると、大分のスタメンに大異変が。
左CBは前節に引き続き、高畑。
そしてボランチは前田に変わって、長谷川。
J1リーグ戦、初出場、初スタメン。

んー、ルヴァンでの活躍が認められての起用か、それだけでない戦術的な何かがあるのか。
長谷川出るんなら、彼の特徴であるキックを生かした大きな展開が見たいところ。
あ、それで、両CBが、高畑、岩田なのかもしれない。
怜、高山がそれぞれからんで、サイドからの決定的なシーンが作れそう。

前田は、ケガとかコンディション不良でなければいいけど。

キックオフ。
おいDAZN、くるくる回るな、キックオフやぞ。
いきなりストレスかかえるやんか。

おお、おおお、おおおお。
おい湘南、そんなに来るなや、サッカーは90分やぞ。
いきなりすごい圧やんか、最後までもつんか。

ところが、目の前には、大分らしからぬ展開。
湘南の圧を交わす作戦か、蹴ってる、蹴ってる。

裏に蹴る、いつものパス回しでは、湘南の圧はかわしきれぬと片さん読んだか。
まあわざわざ食いつかせなくても、どんどん食いついてくるから、疑似カウンターならぬ、ギリカウンターでしのぐ。

でもどんどこどんどん選手が後ろから湧いて来る湘南スタイルに、セカンドボールも満足に拾えず、FKもあぶないの次々入れられる。
司には、あわや恩返し弾かと肝を冷やされる。

長谷川も、特徴を出すどころか、スキを突かれて、連動的な動きもままならぬ。
後半はけっこうハマるプレーも増えたけど、やっぱ、長谷川出すなら、お見事なサイドチェンジとか見たいよね。
お楽しみは、次にとっておこう。

オナイウ 、いいよね。
一時期、オナイウ の良さはなんだろう、大分で彼を生かすことができるのかって思ったけど、やっぱりフィットするってこういうことなんだね。
藤本に出した決定的なパスひとつとっても、ワクワク感満載。
あのバーに弾かれたヘッドが決まって入ればなあ。

後半に入っても、湘南の圧は衰えを知らない。
でも、大分も慣れてきたのか、本来の「らしい」サッカーが、ちらほら見えてきた。
実況さんも解説さんも苦笑いの、ここまでつなぐかってシーン。
GKが11番目のフィールドプレーヤーとしてボール回してるんだから、いつも数的有利。

得点シーンは、鈴木から怜へ開き、島川につないだボールをダイレクトで裏へ、そこに走り込んだ藤本が、一人かわして、ゴール前、も一人スライディングも交わして、ゴールも見ずに感性の振り抜きシュート。

抜け出し、体の強さと、シュートセンス。
そして何よりも、スライディングも余裕でかわしちゃう、ザ・実家の落ち着き。
この実家感、指原的に言うなら、実家みがすごい。

そしてお待ちかね、LTポーズ。
何やら東京では、久保建英とかいう若者が、見事なゴールを決めて、チョコプラに捧げるTTポーズを披露したとか言ってるけど、やっぱTTより、LTやがなっ。

1−0のまま終盤にさしかかる。
このゲームをどう終わらせるのか。
これまで数々の手痛い目にもあってきている。

片さんの選んだカードは、三竿、丸谷、岡野。
後ろの選手を次々と変えてきた。

0−0とか0−1とかで点を取らなきゃって展開なら、後藤、ティティパン、伊藤だったろう。
でも、ここまでリードしてても、ディフェンスラインをこんな変え方しなかったよね。
やはり湘南戦という意識が、そうさせたのだろうか。

時間の使い方とか、攻め方、守り方なんか見てると、ちょっとこれ強いチームのやつやん、なんて勘違いしてしまう。
それでも、しのぎきって、勝利。

すごい。
この結果、一番信じられないのは、当のトリサポだろう。
いいんかな、こんな3位なんて。
リーグ戦も、3分の1終わりよんのに。

ぶるんぶるん、いやいや、首を振って、我に帰ろう。
我々は、18位からのスタート、勘違いはいかん、あくまでも残留が目標。

でもやっぱり思うのは、いいメンツが集まったな。
J2オールスターズでも、J1に殴り込みかけられる。

試合後、大分ゴール裏に司がきた。
そして、湘南のゴール裏には、高山と三竿。
湘南サポーターに、とてもあたたかく迎えられる二人を見て、とってもいい気持ちになる。
試合前のメンバー発表でも、二人には湘南サポーターから拍手が起こったと聞く。
愛あるブーイングもいいけど、こういうもいいなと思う。