seminar 「あぁ、マイナンバーが始まった。対応が必要だ!」、「気づいたらストレスチェックも始まっているよ。どうやってやる?」、「え!女性活躍推進法ってなに?何すればいいの?」。総務担当者からはそんな嘆きが聞こえてきそうな2016年です。私自身も2016年1月19日のブログ記事「雇用保険法・雇用機会均等法・育介法等の改正法案要綱に「おおむね妥当」と答申」で書いたように「細かいけど影響が大きな法改正がありそうだ」と思っているところです。

 さて、そのような近時の法改正や新しい制度についてテーマとするセミナーに登壇することになりました。協会けんぽ愛知支部と健保連愛知連合会が共催となっている労務担当者・管理職向けセミナーの講師を務めることになりました。申込み開始初日ですでに90名の申込みがあったとのことです。お申込みはお早めに!

日時:平成28年3月3日(木)13:30~16:00
会場:吹上ホール7階 メインホール
    地下鉄桜通線 吹上駅5番出口より徒歩5分
定員:400名(要申込 先着順)
主催:全国健康保険協会愛知支部 健康保険組合連合会愛知連合会
【第一部】ストレスチェック法制化から考える企業のメンタルヘルス対策
講師:舟橋利彦氏
   医療法人明心会仁大病院 理事長
   愛知県精神科病院協会 会長
■ストレスチェック制度の現状 今、担当者がしなければならないこと
■企業でできるメンタル不調者への対応 復職支援の方法
【第二部】4月から役立つ人事労務のポイント~法改正の内容とよくある質問
講師:宮武貴美
   社会保険労務士法人名南経営
   特定社会保険労務士
   産業カウンセラー
■マイナンバー制度導入により企業に求められる個人情報管理
■実践事務
・4月に多い被扶養者異動手続き時の留意点
・健康保険法改正による変更点
・女性活用推進法成立による企業が取り組むべき内容

[詳細およびお申込み]
http://www.shaho-aichi.jp/magazine/pdf/513.pdf