zu 5月に入り、総務担当者はそろそろ労働保険の年度更新の準備を始めないとと思っているような時期ですが、今日は来年(平成30年)の所得税の話を確認しておきましょう。
 来年からの所得税については、2017年4月24日のメインブログ記事「来年より見直されることとなった配偶者控除・配偶者特別控除」で取り上げたとおりですが、この配偶者控除・配偶者特別控除の変更に伴い、源泉所得税に関する様式も変更になることが決まっています。

 現在は、通常①「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と②「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の2枚により処理をしていますが、来年より②「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」については、来年より③「給与所得者の配偶者控除等申告書」と④「給与所得者の保険料控除申告書」の2種類に分かれる予定になっています。また、①「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」についても記載事項の見直しが行われるとのことで、来年の源泉所得税に関する書類の配付時には、書類が3枚にとなり、様式も全て変更となる見込みです。これに伴い、従業員の間では、混乱が生じる恐れがあります。

 様式がどのように変更になるかは、まだ発表されていませんが、今後の情報に注目していかなければなりませんね。

↓配偶者控除・配偶者特別控除の見直し等も含め、国税庁の「平成29年4月 源泉所得税の改正のあらまし」が参考になります。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/h29aramashi.pdf


関連blog記事
2017年4月24日「来年より見直されることとなった配偶者控除・配偶者特別控除」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52128245.html

参考リンク
国税庁「平成29年4月 源泉所得税の改正のあらまし」
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/h29aramashi.pdf