gensen 源泉徴収票の様式は、マイナンバーの関係で昨年から変更になったところですが、実は来年(平成30年)からの源泉徴収票も少し様式(項目名)が変更になることが決定されています。
 変更になる点は、以下の3点になります(左図の赤で囲んだ部分)。
控除対象配偶者の有無等 → (源泉)控除対象配偶者の有無等
配偶者特別控除 → 配偶者(特別)控除
控除対象配偶者 → (源泉・特別)控除対象配偶者

 変更内容を見ても分かるように、変更される理由は、2017年4月24日のブログ記事「来年より見直されることとなった配偶者控除・配偶者特別控除」で取り上げた配偶者控除・配偶者特別控除の影響のようです。

 大幅な変更ではないため、実務上の影響は小さいのかも知れません、来年から発行する源泉徴収票ということもあり、国税庁からの案内も出ていませんが、変更事項として押さえておきたいですね。
 なお、源泉徴収票の裏面の備考も変更されることになっています。


参考リンク
2017年5月17日「来年から年末調整の書類が3枚になる!?」
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/archives/51298077.html
2017年4月24日「来年より見直されることとなった配偶者控除・配偶者特別控除」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52128245.html
2015年11月2日「遂に公開された平成28年分源泉徴収票の様式と記載方法」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52088478.html