zu 日本年金機構の社会保険手続きにおいて、マイナンバーの利用が平成30年3月5日から開始されることに伴い、各種届出様式が変更になります。様式変更に伴い変更となる点を説明する連載、、第1回目は「健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届」を取り上げましょう。

【主な変更点】
用紙が縦型になる
事業所整理記号が「数字・カタカナ」表記に変更になる
取得区分の「新1、再2」が「1.健保・厚年」に統合される
「基礎年金番号」が「個人番号[基礎年金番号]欄に変更になる
個人番号を記入したときに住所の記入が不要となる
短時間労働者用の資格取得届と統一される(備考欄への記入となる)


 なお、様式の統合も行われており、これまで別になっていた「厚生年金保険 70歳以上被用者該当届」と一体になりました。

↓新様式の見本はこちらからダウンロードできます
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2018/2018022001.files/20180305_1_01.pdf



関連blog記事
2018年02月22日「マイナンバーの利用で確認が不要となる基礎年金番号とその後の便利な運用法」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52146108.html
2018年2月21日「マイナンバーで統合・複写から単票になる社会保険の様式」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52146080.html
2018年2月21日「マイナンバーで統合・複写から単票になる社会保険の様式」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52146080.html


参考リンク
日本年金機構「マイナンバーによる届出・申請についてと平成30年3月からの様式変更について」
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2018/201802/2018022001.html
厚生労働省「年金分野でのマイナンバー制度の利用について」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000193798.html