zu 先日の弊社大津のブログ記事「平成28年度は11.8%となった社会保険・労働保険分野の電子申請利用率」では、電子申請の現状を踏まえ、近い将来の展望についても触れました。ご覧になられた方は電子申請の取組みが進んできていることを実感されたのではないでしょうか。

 さて、そのような中、今年の年度更新は、3ヶ月以内の期間限定で労働局に「電子申請集中処理専門員」が配置され、①年度更新申告書に係る電子申請の処理に関する事務、②年度更新申告書に係る電子申請に関する相談指導、③前2号に掲げるもののほか、厚生労働省労働基準局長が定める事務、の3つを行うことになっています。

 今の時期、愛知県の電子申請の処理についてはかなり時間を要しているようですが、このような人員配置のおかげで今年の年度更新の処理は電子申請で行うとかなり早く進むかも知れませんね。ちなみにこの電子申請集中処理専門員の謝金について予算を確認すると「18,975千円」。何人の配置があるのかな?と下世話なことを考えてしまいました。さて、それでは処理の迅速化を期待したいと思います。

関連blog記事
2018年4月9日「平成28年度は11.8%となった社会保険・労働保険分野の電子申請利用率」
http://blog.livedoor.jp/otsuakinori/archives/51806406.html

参考リンク
法令等データベース「電子申請集中処理専門員規程(平成30年3月29日厚生労働省訓第9号)」
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T180330K0160.pdf