t-0212 先日、4月に社労士法人に入社したメンバーと共に、ハローワークに出向く機会がありました。その道中で社労士試験の受験、そもそも社労士資格が必要なのかということの話題になりました。長年、社労士事務所に職員として勤務している立場から、私なりに考えていることを綴りたいと思います。

 私がこのメンバーに伝えたことは、社労士事務所の職員としてやっていくのみであれば、資格は不要ということ。業務は資格がなくてもできる。実際に資格はないけれども実務のスペシャリストである方や、所長には到底できないマネジメント能力を発揮されている方を知っています。
 でも、社労士資格がないと、やりたくてもできないことや、やろうと思うと制約が出ることがあると思っています。典型的なものが講演と執筆。特に労働法に関連したテーマは、受けづらくなり、外部からご依頼いただくものは「社労士だから」ということでいただくものも多くあります。どれだけ実務を積んでいても、どれだけ労働法に詳しくても、社労士事務所の職員という立場でお仕事を引き受けることができない場面が出てきます。
 そして、最近、顧客対応においても資格はあるべきだと感じます。社労士試験の受験者数が減少しているとはいうものの、一定数の合格者が毎年出ていて、開業せずに会社に勤務する人も多い。そのため、顧客の総務担当者が社労士有資格者ということも良くあるようになりました。そうなると、やはり資格は持っていたほうがいいなと感じます。
 資格を取得して、名刺に表記しないのはアリなんです。でも、取得していないものを名刺に表記することはできないのです。私は独立しないからいらないという考え方もできます。でも、それで業務の幅を狭めてしまっていないかと、心配になります。

 ハローワークに一緒に出向いたメンバーは、自分が将来こうなりたいと、キラキラとした思いを持っていました。その実現したいことには、社労士資格はいらないかも知れない。でも、それを実現するためには、社労士資格を持ってして動いたほうがよさそうだなと思ったこともありました。新人だけど、実務経験はないけど、有資格者であるということは最低限の知識を持っていることを保証してくれるものでもあります。将来なりたい自分に早くなるために、そして、個としても輝きたいということであれば、私は社労士事務所に勤務する職員であっても、社労士資格の取得は必ず必要なものだと思います。

最後に今年の受験生、残り2ヶ月半、がんばれ!!