在宅療養マッサージ【自立援助協会】(宮崎)・放課後等デイサービス&児童発達支援【しんがくどう】(宮崎・福岡)

株式会社みやとが運営する「自立援助協会(在宅療養マッサージ)」と「しんがくどう(児童発達支援・放課後等デイサービス)」のスタッフブログです。 テーマに沿ってスタッフそれぞれの観点で記していきます。

webページ
自立援助協会 http://www.jek-miyato.jp/
しんがくどう http://www.shingakudo.jp/ 

宮崎事務の益元です。


前回テーマは小嶺さんの『「人に迷惑をかけることか、かけないことか」です。』に共感しました。



今回テーマ「期待と現実が違った時どうする」・・以上だった場合は満面な笑みになり、以下だった場合はがっかりします。昔だったら当たり散らしていたかもしれません。長く社会人をやっているとある程度現実的になっているので、切り替えは早い方だと思います。


ホームページもご覧下さい。
自立援助協会しんがくどう

自立援助協会の橋倉です。

前回は小嶺さんの、「人に迷惑をかけることか、かけないことか」に共感しました。
その為には自分の能力で処理できるのか否かの見極めが大事ですね。

今回の「期待と現実が違った時どうする」

僕個人だとあまり物事に期待や希望的観測は持たない方です。
ですが、例えば仕事である利用者に施術やリハビリの提案をし、行ったとします。
ある程度の期間を見てあまり変化や改善が見られなかったとして、
僕の場合はあれこれ嘆いてる暇はないので、即利用者と次は何をしようか考えます。
数多あるアプローチのうち、まず1つは上手くいかない事が解ったと良い様に受け止め、
すぐ次へ行動を移さないと時間も利用者も待ってはくれません。

驕らず自分が出来る事は百でも千でもやって、そのうち一つ成功すれば万々歳ぐらいの気持ちで物事はやっていくのが良いかなと思ってます。

ホームページもご覧下さい。
自立援助協会しんがくどう


こんばんは。しんがくどう宮崎の田山地です。
入力遅れて申し訳ありません。
前回の記事は小嶺さんの、マイナスな言葉かけに共感しました。
療育する上で、子どもをしっかり診れてないと増えてしまうので気をつけたいです。


今回のテーマ「優先順位の基準」
その仕事ができたときの目的や成果が何かをしかっり考えて、順位を決めること大切かと思います。

家族など土台となる大切な場所・安心できる場所があると、
仕事の量や今日1日にこなす量の優先事項が
決めやすいと感じています。

ホームページもご覧下さい。
自立援助協会しんがくどう

このページのトップヘ