宮内自動車 整備ブログ

茨城県稲敷市の自動車修理工場 修理 整備について 分かりやすく書いています

茨城県稲敷市の自動車修理工場

修理・整備内容を写真つきで分かりやすく説明しています
愛車がどのような状態になっているのかも分かると思いますので
長文になりますがお付き合いください

説明文には専門用語が出てきますが
使わないと説明できないのでご協力をお願いします

茨城県稲敷市結佐103-1
宮内自動車

営業日 月~土 9:00~18:00
定休日 日曜・祭日

宮内自動車 鈑金塗装 ブログ
http://miyauchi-bp.hatenablog.com/

宮内自動車 オイル交換ブログ
http://miyauchi-oil.hatenadiary.com/

お問い合わせはこちらから
http://blog.livedoor.jp/miyauchibp/archives/36541847.html

IMG_1813



ダイハツ タント

走行中なんだか ゴロゴロ音がする

車両をリフトアップして 順番に回していくと

左リヤ側からゴリゴリ音が・・・


IMG_1814


IMG_1816

IMG_1817


このリヤハブベアリング

ASSYでしか部品の供給がないということで

そっくり交換します


ベアリングだけ出してくれれば


金額も安く直せえるのにね



IMG_1819


部品を付けたら 診断機でエラーチェック

何もないことを確認します




問合せはこちらをクリック


IMG_3977



スズキ キャリー 

まずはオイルが漏れているので

洗っていきましょう





IMG_3979



洗剤を付けて エンジンを洗います





IMG_3984

IMG_3986


これ 抜けたオイルです 1Lしか入ってなかった

よく走ってたな・・・




IMG_3983



エレメントも交換しますね




IMG_3987


洗浄しながらコーティング 漏れ止めも兼ねている

SOD-1投入です

入れたオイルは ワコーズ Ex-クルーズ

激安オイルではないですよー



IMG_3988


オイルを入れたら 次はエンジンを見ていきましょう

エンジンの不調ですが一度 他社にて調整をしたらしいのですが

エンジンの不調がより悪化したそうです

いったい何をしたんだか

まず エアエレメント汚れています

まずはこういうところから見るのが普通だと思うんだけど




IMG_3989


IMG_3990



古い車両なのでディストリビュータがついているんですが

ローターにキャップの電極が完全に腐食しています

普通ここは真っ先に見ると思うんだよ

この手の車は


IMG_3991


スパークプラグもしばらく交換していなさそうなので

交換します 距離は乗らなくても 劣化はするので

定期的に交換しましょう


ホントはプラグコードも交換したかったけど

許可が出なかったので後回し



IMG_4027

IMG_4029



エンジンを回しているとオイルが垂れてきた


どうやらオイルプレッシャースイッチが原因だったみたいです


すぐ壊れるなこいつは




問合せはこちらをクリック

IMG_1448



ホンダ フィットの ブレーキをオーバーホールしていきます

というのも 止まったら何かホイールがものすごく熱くなっているとのこと

でしたので 固着の可能性があるので

分解することにしました



IMG_1449


まず スライドピンが固い 抜けない

やっと取り外し 古くなり固着してしまったグリスを除去



IMG_1450

IMG_1451

IMG_1453


格安車検の ブレーキフルード交換してないは怖いな

請求はされてるけど交換してないんだから 詐欺だなといつも思う

こっちのピストンはまだ使えそうだけど



IMG_1454

IMG_1455

IMG_1458


もう片方のピストンは虫食いだらけ

急きょ 交換になりました



IMG_1452




キャリパーも錆を落として組み付けます


IMG_1456



いろいろ使ってみたけど

ワコーズのグリスは 次の車検までしっかり

潤滑してくれています 最近はこればっかり使ってる



IMG_1485

IMG_1489



後ろも分解してゴム類を新しいものへと

組みなおしです





IMG_1490


IMG_1491


圧送式にて 古いブレーキフルードと

エアーを押し出してやります

汚いの出てきた


IMG_1492



ついでに 汚れていた

エアコンフィルターも

新品に交換です






問合せはこちらをクリック




IMG_3490


埼玉県草加市から来ていただいた

 

LEXUS UVF46 LS600hl

 

走行距離は 11.5万キロです

 


IMG_3461


IMG_3463


IMG_3465


IMG_3471



やっぱり LSは足回りが弱い・・・


アッパーアームに ロアアーム


切れてます


460 600 ともに弱いんですね




IMG_3664


IMG_3665


 

ロアアーム 


ゴムブッシュがちぎれて飛び出ています


あと少しで軸が抜けそう




IMG_3666



こっちもロアアームですが


大苦戦しました


カラーが入っているのですが


どうやら錆びて固着してしまったようです




ちなみに 何をしても 抜けませんでしたので


カラーを切断しました


取り付けブラケットとロアアームの隙間が


あまりなかったので 悪戦苦闘




IMG_3686


IMG_3688



新しいカラーと 抜けたけど錆びているカラー


新しいロアアームと 固着したアーム・カラーです


錆びる材質で作ったらダメだって 


外してからハンターで叩いてみましたが



まったく動きませんでした




IMG_3475



このアッパーアームはサスペンションの裏側にナットが


あるので サスペンションを外さないと 取れないようにできています




IMG_3662


IMG_3663


IMG_3667



徐々に分解していき


サスペンションを外してやっと


アッパーアームの付け根にたどり着きます


作業性悪いな




IMG_3669


IMG_3670



対策部品ですね


形が違いますが


根本的には変わっていないため


また壊れるんですよね




IMG_3668



さて 異音の原因 ですが



ショックアブソーバーの抜け です



バネサスなら 漏れているのが


外側からわかるんですが


エアサスの場合は 外して逆さまに


しないと分からないんですよね



アブソーバーが抜けてくると



足回りからコトコト音がし始めます




コトコト音の後は 段差での突き上げが始まり




最終的には エアーのみの力で車体を支えているため



船酔いするぐらいのフワフワ感になります



LSは気密性が良すぎるせいで 気が付きにくいのですが


おおよそ 10万キロ で抜けます


運が悪いと10万キロより早く 7~8万キロで


運がいいと10万キロを超えて 12~13万キロで


エアサスペンションの ショックアブソーバーは抜けてしまいます





IMG_3677


IMG_3675




リヤサスは リヤシートを外さないと外れません


グレードが高くなると 外すのも大変になってきます


リヤシートが 電動なので




IMG_3685




フロントに続き リヤでも大苦戦!!


スタビライザーリンクロッドが


まったく回らず 中の六角が 舐めてしまった




IMG_3683


IMG_3684




どうやって外したのか といいますと



1本 六角レンチを 諦めました



ロッドとレンチを溶接して絶対に外れない様にしてから


溶接して熱いうちに ナットを回して 外しました


そのままでは抜けないので レンチを切断しましたよ



IMG_3678



フロントのエアサスです


左右取り替えたんですが 


うーむ写真は片側しか撮らなかったらしい



IMG_3690



こっちはリヤサスです


こっちは両方撮ってあった




IMG_3696



そうそう 整備マニュアルには


ブレーカーを落とすときには


絶縁手袋を使えとあったので


一応使っときました


LS600hはハイブリッドなので


感電防止ですね




それと ATFも交換しました


その時の記事はこちらです


レクサス UVF46 LS600hl 

ATF交換 11.5万キロ  WAKO'S P-S




外装の鈑金修理 コーティング ヘッドライト塗装の記事です

レクサス LS600hl 外装修理鈑金

ヘッドライト塗装 コーティング ハイドロフィニッシュ





問合せはこちらをクリック


IMG_2236


栃木県宇都宮市から来ていただいた

ニッサン V36 スカイライン

走行距離は 9.3万キロ




IMG_2250

IMG_2252

IMG_2255

IMG_2256


V6なので スパークプラグの交換も大変

付属品を外すだけで一苦労




IMG_2257


IMG_2258

IMG_2259


まずは 右側のスロットルバルブの洗浄




IMG_2253


IMG_2254


IMG_2260


続いて 左側の スロットルボディーの洗浄です

左右にあるので時間がかかりますねー


IMG_2263



そんなわけで スロットルボディーをきれいにすると

しなければいけない 吸入空気量の学習です


IMG_2264


IMG_2265


ワコーズ レックスもしました

燃焼室のクリーニングです


トルコン太郎による
ATF交換もしました
記事はこちらです




問合せはこちらをクリック





↑このページのトップヘ