熊野大社からのお知らせ 山形県宮内

2016年01月

DSC_0764
2人の大切な記念日を祝おう。 夫婦2人の記念祭『ゆうなぎ』

裏表のない梛の葉。決して裂けない梛の葉。梛の葉は、2人の絆を結ぶ大切なお守りでした。
穏やかな波、夕凪。素直で穏やかな気持ち『こころなぐ』が語源だろ言われます。
夕暮れどき。穏やかな夕凪のような、そんな日々を、夫婦2人で祈ります。

<日時>2016年1月10日(日)
<時間>15:30受付開始 16:00神事開始
<初穂料>3000円  

IMG_20150610_141544


















ハレの日。
「晴れ姿」「晴れ着」。成人式や結婚式。
おめでたい日に良く使われる言葉です。
日本では、昔からおめでたい日や特別なお祭りを「ハレ」と表現しました。
夫婦の「ハレ」の日。
それは、2人が出会った日。結婚式を挙げた日。10年目の結婚記念日。銀婚式・・・。
記念日はそれぞれ違うけど、伝えたい想いは、きっと、おなじはず。
月並みな言葉かもしれないけど、照れくさくてなかなか言えないけど、伝えたい想い「ありがとう」
 
                                        
IMG_8388














『ゆうなぎ』に込められた想い。『結う梛』×『夕凪』

『結う梛』梛の葉は、葉が丈夫で裂けないことから「男女の縁が切れないように」と願をかけ女性が鏡の裏に入れ、お守りにするという習慣がありました。さらには、梛のは裏と表が同じ様なので、夫婦で持っていると裏表のない夫婦でいられる、縁が切れないと言われ、北条政子と源頼朝も一枚ずつ大切に持っていたと伝えれています。皆様の絆が、さらに結ばれますようにとの想いが込められています。
『夕凪』現在では、風の無い穏やかな波の状態を表す言葉として使われています。なぎの語源はなぐというコトバだといわれ、心穏やかな素直な気持ちでいることを、古来はこころなぐと言って表現しました。夕凪が穏やかな波の状態を表す理由もここにあります。沈む夕暮れどき、1日で番穏やかな時間。1日を無事に過ごせた事に感謝する時間。大切な人と、ずっと一緒にいられますようにとも想いが込めれています。
IMG_8367





 

三十三参り。
それは昔から伝わる、女性がいつまでも輝くためのお参り。
昔から伝わる33歳の女性のお参り。
人生の節目には、良くないことが起こるといわれ、厄年として神社でお祓いを行っていました。
女性の30代は、盛りだくさん。人生のパートナーとの出逢い、結婚、出産など、社会的な役割や生活環境が大きく変わるこの時を、キラキラと過ごせるように、厄をとり祓い良縁を呼び込みましょう。
33参り

【日  時】随時承っています。ただし、事前にご予約をお願い致します。
【祈祷料】5,000円
【申  込】TEL、FAX、もしくはメールにてお申込みください。
・ご祈祷の希望日時、人数、住所、生年月日を確認させていただきます。
・ご祈祷をされた方には、厄除・良縁祈願祭のお守りとお札をお渡しいたします。
・厄除祈願と良縁祈願の2つの祈願をいたします。
・本厄の方でなくても承りますのでご予約の際にお伝えください。
33参り説明
30代女性の厄年。
厄年は数え年で数えます。
今年に入ってすでに誕生日を迎えた方は「+1歳」まだ迎えれていない方は「+2歳」を加えた数が数え年になります。数え年で33歳と37歳が本厄、その前後の年をそれぞれ前厄、後厄としてご祈祷します。
厄除女性
★お参りの仕方★
1.手水舎でお清め
神社に到着したらまずは手水舎で身のけがれを落します。
IMG_1327

2.願ひ文を書く
受付で願ひ文を記入します。これは、良縁を願う皆様が三羽のうさぎ宛に書くお手紙になります。素直を想いををつづりましょう。
238

3.厄除・良縁祈願
いよいよ、拝殿にてご祈祷がはじまります。神職が皆様の厄をとり祓い良縁が訪れるように神様にお願い事をお伝えします。心静かに穏やかな気持ちでのぞみましょう。
226
4.三羽のうさぎ
ご祈祷が終わると本殿裏の「三羽のうさぎ」の前で「願ひ文」を投函します。三羽見つけると良縁に結ばれる、願い事が叶うと伝えれているうさぎが見つかるかもしれません。
129

ご不明な点がございましたら、下記連絡先までお問合わせください。
熊野大社山上事務所
TEL:0238-47-7777(午前9時~午後5時まで)
FAX:0238-47-3303
MAIL:mail@kumano-taisha.or.jp

平成28年1月、縁結び祈願祭「月結び」のご案内です。
月に一度、満月の夜。月の光と三羽のうさぎが幸せへと導く縁結び祈願祭。
きっと、熊野大社であなたの想いも伝わるはず。
 月結びイメージ写真月あり
平成28年1月24日(日) 19:00~
受付開始 18:30~
熊野大社拝殿入口にて受付。
月結びご参加の方が大勢の場合、受付時間を早めに行うことがございます。
予めご了承ください。
神事開始 19:00~
月結び神事は凡そ40分程度。
ご希望の方はその後、三羽のうさぎの隠し彫りがされた本殿裏に
お進みいただきます。
210
 
たまゆら守り授与
皆様の願いが叶うよう、1つ1つ丁寧に心を込めて奉製したお守りです。
月毎に新色をご用意しております。
DSC_0033
 
 月結びロゼワイン
月に一度、満月の夜。
西洋では、グラスの中のワインに月を映して”ロゼ・オン・ザ・ロック(氷をいれたワイン)”
を飲むと恋が成就すると言われています。

月の力が一番大きくなる満月の夜は、不思議な力が働くと信じられていたようです。
大切な人に想いが届きますよう、特別に醸造された月結びロゼワインを神事終了後、当社で試飲できます。
IMGP3693
 
 送迎について
遠方より電車で来られる方のため、送迎のバスをご用意しました。
送迎希望者の方は、当日の17:00まで必ず<0238-47-7777>までご連絡ください。
◆お迎え(月結び祈願祭前)
17:40迄に赤湯駅に集合された皆様を熊野大社までお送り致します。
集合場所:JR赤湯駅東口 出発時間 17:40
◆お送り(月結び祈願祭後)
20:20に熊野大社から赤湯駅東口までお送り致します。
集合場所:熊野大社證誠殿前   出発時間 20:20
※送迎時間に関しては、ご参列の皆様の電車、新幹線に併せて設定しております。
  参加者の皆様の状況に応じて時間を変更する場合がございます。
その他、ご不明な点につきましては何なりとお問い合わせください。
熊野大社 山上事務所 TEL 0238-47-7777  

平成28年太々神楽(だいだいかぐら)の奉納について
 
熊野大社の太々神楽は、伊勢の神宮より直伝を許されたお神楽です。
日本最古の最も尊い御神楽とされ、中でも倭舞と人長舞は神宮の祭に欠かすことのできないお神楽であり、その伝授は神宮御鎮座以来、初めてのことでした。
以後、神宮の太々神楽は伝授を禁じられたため、伊勢神宮と熊野大社だけ に伝わる御神楽となりました。

新春の特別祈祷・太々神楽の日程は下記日程をご確認ください。
名称未設定-6
 H28個人参宮申込書

このページのトップヘ