熊野大社の夏祭り(例大祭)
 毎年7月24日「夜祭」そして25日の「例大祭」は当社で年に一度の大祭です。
7月23日「祭初め」から始まり、7月26日「総社祭」まで4日間にわたり執り行われます。
特製の行衣(きょうぎ)を着た勇壮な担ぎ手たちによる神輿渡御。
伝統ある延年稚児舞(ちごまい)や子供達によるボンテンバヨイ。
歴史あるお獅子さまは、担ぎ手たちにより夏祭りだけその姿を見せてくれます。

7月11日 榊立て
熊野大社の鳥居に榊がたてられると、いよいよ夏祭りが近づいてきます。
榊がたつと、神職や獅子冠事務所(お祭り関係者)は故事にならい、夏祭りが終わるまで肉類を断ち潔斎を行います。

623A9551

7月22日 祭り旗立て
7月22日の朝6:30境内入口に夏祭りの旗が立てられます。
古くより、神社に一番近い町内『宮町』の町民によって行われます。
5

7月23日 午前11時 オカオアライ
熊野大社の神宝である御獅子様を御神酒でお清めし、オシダ・ヒゲと呼ばれる和紙でお飾りします。
623A9926


7月23日 午後8時 祭初め
年に一度の大祭がはじまることを神様にお伝えします。
神事は拝殿でおこなわれ、神職・氏子総代・獅子冠事務所・稚児のみでとりおこないます。
623A9810

7月24日 午後3時 夜祭り 延年稚児舞奉納(全曲)  午後4時 お神輿お下り 
拝殿での神事が終わり、稚児舞が奉納されると、神様がお遷りなったお神輿が、宮司・神職の先導のもと街中の鳥居の場まで渡御されます。この際、お神輿を担ぐことを許されるのは行衣(ぎょうい)を着たものだけです。
623A6630


7月24日 午後5時 獅子お下り 
お神輿の渡御がおわると、続いてお獅子さまが渡御されます。
古くより境内斎場まで箱にはいったまま渡御され、斎場で町民に初めてその姿を現します。
渡御が終わると、そのまま次の日まで斎場に鎮座されます。
623A6864


 7月24日 午後6時30分 宮神會万燈神輿渡御  午後8時 延年稚児舞奉納(全曲)
宮神會のみなさまと地元宮内の子供達による万燈神輿渡御が行われます。
町内4箇所からそれぞれ出発したお神輿が熊野大社を目指し、勇壮に渡御されます。
623A6723
 623A6916
万燈神輿渡御が終わると、延年稚児舞と巫女舞(豊栄舞)がご神前に奉納されます。
この日、稚児舞が全曲奉納されると、次の日の例大祭を祝い、稚児達の手によって餅まきが行われます。
623A6949
623A7092

 
7月24日の様子。熊野大社参道には出店がならび賑わいをみせます。
623A6351
623A6498
623A6765
623A7302
623A6399


【夏祭り期間の交通規制について】
夏祭り期間中は神社までの参道及びその周辺の道で交通規制があります。
日時:7月24日午後1時~午後10時まで  7月25日午後9時~午後7時まで

ご団体やバスでのご参拝の方は下記連絡先までご連絡ください。
夏祭り通行止め
熊野大社山上事務所
TEL:0238-47-7777
FAX:0238-47-3303
Mail:mail@kumano-taisha.or.jp