熊野大社の夏祭り
 毎年7月24日「夜祭」そして25日の「例大祭」は当社で年に一度の大祭です。
7月23日「祭初め」から始まり、7月26日「総社祭」まで4日間にわたり執り行われます。
特製の行衣(きょうぎ)を着た勇壮な担ぎ手たちによる神輿渡御。
伝統ある延年稚児舞(ちごまい)や子供達によるボンテンバヨイ。
歴史あるお獅子さまは、担ぎ手たちにより夏祭りだけその姿を見せてくれます。

7月25日 午後10時 例大祭  午後0時45分 子供神輿巡行
年に一度の大祭が氏子総代・獅子冠事務所をはじめ、ご来賓・関係者のみなさまのご参列のもと拝殿で厳かに執り行われます。唯一この日だけ、本殿の扉が開かれ神事が執り行われます。ただし、本殿に入れるのは、宮司のみで一般の方は立ち入ることができません。
DSC_0590
例大祭が終わると、地区の子供達による子供神輿の巡行がおこなわれます。
 それぞれ東部・南部・西部にわかれた子供達が、熊野大社を目指し巡行します。

623A7434
623A7356
 
 7月25日 午後4時 お神輿お上り  午後4時45分 梵天ばよい
お神輿のお下り同様、行衣(ぎょうい)を着た担ぎ手たちによりお神輿の渡御が行われます。
無事に拝殿前に到着すると、宮司・神職により遷霊の儀が行なわれ、本殿にお遷りいただきます。
623A8834
お神輿のお上りが終わり、無事に本殿に鎮座されると斎場前にて梵天(ぼんてん)ばよいが行われます。梵天ばよいは大人の方にのった子供達が栗の葉で神様の力が宿った木を力強くたたきます。子供がすくすくと元気に育つよう執り行う当社に伝わる特殊神事です。
623A7602

 7月25日 午後5時 獅子お上り
斎場に一晩鎮まったお獅子さまが、担ぎ手たちにより担がれ町内を渡御され、その後神社へもどります。
境内には立場とよばれる場所が古くから決められており、 宮司・神職の先導のもと、それぞれの立場にて獅子舞を披露します。
 27
1

7月26日 午後9時 総社祭
境内に鎮座される30柱の神様すべてに無事に例大祭が終了したことをお伝えします。
氏子総代の参列のもと、30社の神様にたいして奉告祭を行うことで夏祭りの全てが終了します。 
 
DSC03446

【夏祭り期間の交通規制について】
夏祭り期間中は神社までの参道及びその周辺の道で交通規制があります。
日時:7月24日午後1時~午後10時まで  7月25日午後9時~午後7時まで

ご団体やバスでのご参拝の方は下記連絡先までご連絡ください。
夏祭り通行止め