2005年10月01日

2005年10月放送分 高千穂町 「久兵衛橋《関橋》」

■019 久兵衛橋《関橋》
 
■所在地 宮崎県高千穂町 上野
■河川名 五ヶ瀬川支流上野川
■架設年 文久3年(1863)
■石 工 不 明

■橋 長 20.0m  
■橋 幅 4.3m
■拱 矢 5.6m
■径 間 10.9m
■環 厚 52cm 

■アーチ 単 一、二重積み
■壁 石 乱積み
■横断面 台 形 
■供用区分 町道

■町立上野中学校のすぐ近く、国道235号のすぐ左下を流れる上野川に関橋、通称久兵衛橋が架かっています。

■江戸末期の1863年に架設された久兵衛橋。その名は、施主の黒木久兵衛からきています。国道脇に建つ石橋供養塔には、その名前が刻まれています。

■壁石のすぐれた積み方(乱積み)から、肥後の石工によって架けられたと考えられています。

■久兵衛橋は明治42年3月に、一部改築されており現在に至っています。


久兵衛橋01久兵衛橋02久兵衛橋03









久兵衛橋04久兵衛橋06久兵衛橋05

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/miyazaki_ishibashi/50063267