国会での第二次補正予算の成立を受けて、「65歳超雇用推進助成金」という新しい助成金が成立しました。

この助成金は、高年齢者の安定した雇用の確保を目的とするものです。

具体的には、
①65歳以上の年齢への定年の引き上げ
②定年の定めの廃止
③希望者全員を66歳以上の年齢まで雇用する継続雇用制度の導入
のどれかを行うと助成金の受給が可能となります(この他にもいくつかの受給要件があります)。

助成金の額は、
Ⅰ65歳以上の年齢への定年の引き上げ→100万円
Ⅱ66歳以上の年齢への定年の引き上げ、または、定年の定めの廃止→120万円
Ⅲ希望者全員を66歳から69歳まで雇用する継続雇用制度の導入→60万円
Ⅳ希望者全員を70歳以上まで雇用する継続雇用制度の導入→80万円
となっています。

65歳以上の方々の力が必要な職場にとっては、利用しやすい助成金ではないでしょうか。

「65歳超雇用推進助成金」について詳しい情報をお知りになりたい事業主様は、ぜひ当事務所までご相談ください。
また、当事務所が開設している「宮崎の助成金Q&A」でも、詳しい説明を行っています(リンク先は、こちらです)。

社会保険労務士 濱田 英彰

1週間の合計クリック数で順位が決まります。以下をポチッとクリックお願いします。 
にほんブログ村 士業ブログ