2015年03月30日

東京での報告会を終え

11108834_832706883469843_4981884582354199756_n

 土曜日に中目黒ビオキッチンスタジオにて報告会をさせていただきました。丸一年かけて行ったケニア壁画プロジェクトの総仕上げとなるイベント、たくさんの人にご来場いただき大盛況で幕を閉じることが出来ました。本当に皆様ありがとうございました。
 思い起こせば学生時代、僕はバンドに熱中していて、音楽の人を巻き込む力、盛り上げる力に魅了されていました。何とか自分の表現方法である「絵」というジャンルにおいても、同じようなことが出来ないかずっと試行錯誤してきました。そこで出会った壁画という表現方法、これまで感じれなかった公共性と現地で描くライブ感に、次第にのめり込んでいくようになりました。
 今回は多くのスタッフに支えられ、また現地に同行してくれるメンバーにも恵まれ、非常に充実したプロジェクトになりました。「絵で何が出来るか」をテーマに、1000人でシェアするパズルや日本の子供とケニアの子供を繋ぐワークショップなど、新しいチャレンジも行いました。
 先日の報告会を通して、ようやく僕の中でやりたかったものの形が少し見えてきたような気がしました。これからはケニアだけじゃなく、いろんな場所に同じように壁画を残す活動を行っていきたいと思います。様々な出会いの中で、様々な壁画が生まれ、それがそこに住む人の幸せに繋がれば、これほど嬉しいことはありません。
 今後も私たちは活動を続けていきます。まずは東京での報告会を終え、プロジェクトに一つの区切りが出来ました。サポートしてくださった皆様、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!また次の壁画プロジェクトでお会いしましょう。

ケニア壁画プロジェクト アーティスト
ミヤザキケンスケ





miyazaking at 11:54|Permalinkclip!

2015年03月28日

明日は報告会です

_DSF6965

 明日は中目黒ビオキッチンスタジオさんでケニア壁画プロジェクトの報告会です。丸一年のプロジェクトの総決算、とても感慨深いです。
 正直今までで一番手応えを感じたプロジェクトでした。やり遂げた後、こういう感覚を一生追い求めたい!!っと思いました。僕はおそらくただ絵を描くだけではなく、そこにいろんな発見や試行錯誤、プロセスが必要なんだと思います。今回パズルを作ったりワークショップを行ったり、とにかく壁画を描くまでの作業が多かったのですが、そういった下地を作ったからこそ描いた壁画に満足がで来たのだと思います。
 明日はその思いのたけを全部話して、すっきりとした気持ちで新年度に向かいたいと思います。桜もちらほらと咲き出しています。目黒川沿いの中目黒ビオキッチンスタジオに、どうぞお気軽にお立ち寄りください!


ケニア壁画プロジェクト報告会

日時 2015年3月28日(土)
   18:30 オープン 19:00 スタート

場所 中目黒ビオキッチンスタジオ

料金 入場無料(パズルをお持ちください) 
   ※ドリンクは別途ご注文ください

内容 ミヤザキケンスケからプロジェクトの報告
   小野慶輔の写真
   子供たちの絵画展示
   軽食をご用意いたします




miyazaking at 00:00|Permalinkclip!

2015年03月25日

大作の完成!

IMG_0081

 ケニアから帰ってきてからずっと取りかかっていた大作の制作。これまでで一番大きなサイズの依頼だったためとても力を入れて描いた。最終的な納品は4月だけど、額屋さんに一昨日輸送した。
 佐賀県にある企業様の玄関にドーンと飾っていただけるということで、バルーンをテーマにした新作に挑戦をした。なかなかこんな注文をしてくださる方はいないけど、一ヶ月一枚の絵に集中できたのは初めてのことで、とても楽しかった!絵を描くことだけに集中できる幸せをかみしめました。
 この絵の制作があったために一階で作業をしていたんですが、これが終わったら二階にアトリエを移動します。いよいよ本格的にアトリエ制作の始まり。さーがんばろう!!




miyazaking at 11:14|Permalinkclip!

2015年03月21日

パズルの配送終了

11077807_10204831157317713_1621689458_n

 ケニア帰国から時間が経ちましたが、ようやく報告書も仕上がり昨日皆様の元へ配送を完了いたしました!700人以上の方々にサポートいただき、このプロジェクトが出来たこと本当に感謝しています。パズルの宛名を見ながら、一人一人の顔が浮かんでとても感慨深いものがありました。
 今回のこのプロジェクトを通して、今後いろんな活動につなげていく自信が生まれました。好きで続けてきたことですが、これからも自分の表現方法として、10年、20年と続けていきたいと考えています。今後とも壁画プロジェクトを、ミヤザキングダムをどうぞよろしくお願いいたします!

11084342_10204831157357714_1824009776_n





miyazaking at 22:34|Permalinkclip!

2015年03月17日

いまの考え方

_DSF8544

 今年で37歳、年齢的には若くないけど、ここに来て考え方が変わってきている自分がいます。
 いま自分がしている「絵を描く」という仕事は、一生をかけて挑む価値あるもので、若い頃から積み上げてきてようやく今の形になっています。当然自分の力不足にふがいなさを感じることも多いですが、結局は死ぬまでにどこまで行けるか?というところで、焦ってもしょうがない、という境地です。
 十代の頃は本気で、「30歳までに死ぬからそれまでに自分を表現したい!」と考えていて、だからゆっくり絵を描くのも嫌いで、ライブペイントとか、パフォーマンスとか、そういう瞬間的な表現にしか興味が無かった。だけど30歳で人生が終わることはなく、むしろあと30年あるのではないか?とぼんやり考え始め、そこで人生を再設定し直しはじめた。これまで焦って取り組んでいたことをじっくりやってみると、そこで見えてくるものや、見落としていた面白さがあって案外楽しいことに気がついた。絵も変わってきたように思う。
 死ぬまでに燃やしきらなければ!っと焦ってくべていた薪を、いまは一本一本大切にくべているような感覚。おそらく死ぬまで消えることがない炎だから、上手に向き合うこともまた大切なこと。ゆっくりと自分の人生の中に絵を寄り添わせながら行けるところまで行く。僕の人生は長期戦に入ってきました。

 
 
 

miyazaking at 01:25|Permalinkclip!

2015年03月12日

震災から4年

IMG_0450

 昨日で東日本大震災から丸4年がたちました。振り返って考えてみても、あんなに恐ろしいことが日本で起こってしまうなんてとてもショックです。震災が起こって、いろんな人たちがいろんなアクションを起こし、どれが正しくてどれが間違ってるかなんていうのも分からない、あの異様な雰囲気はいまも心に残ってます。

 震災からしばらくはテレビを見ながら過ごしたものの、次の金曜日の夜に友人と物資を運ぼうと、都内のある場所に向かった。そこには全国から集められた物資が山積みされていて、所属もバラバラな団体がそれぞれの行き先に合わせて積み荷をしていた。その様子はどこか、地方の自治会の集まりのようだった。地域の行事で近所のおじさんやおばさんが荷物を運んだり、お茶をだしたり、点呼をしたりするような。東京でそういう光景を見たことが無かったから驚いた。人との関わりを疎む傾向にある東京で、若い人たちが積極的に他人と関わって動いている姿は印象的で、人は役割を与えられるときっとこうして自発的に動くものなんだろうと思った。
 僕らに与えられた目的地は気仙沼で、友人のNPOで用意した4トントラックに物資を一杯に積み、東北道ヘと向かった。東北道の入り口は封鎖されていて、許可書が無いと通れない状況だった。許可書を見せてゲートを通ると、そこを走っているのは「東北がんばれ!」という横断幕をつけたトラックや、自衛隊の車両など、普段とは違う異様な光景だった。当時東北道はひび割れなどが起こっていて、まともに走れないことも、この異様な雰囲気に繋がっていた。
 一関インターで降りて、国道で東に向かう道すがら、地震で倒壊しているビルや家が目に入った。沿岸部に向かうにつれて、緊張感が高まる。そしてある一線を越えた所から一気に情景が変わり、そこから津波の被害を受けたことがはっきりと分かった。泥だらけの道路と、ひっくり返った車、店舗のガラスは割れ、そこら中に瓦礫が山積みになっている。僕らは気仙沼に荷物を半分降ろした後、南三陸へも向かった。そこで見た光景は壮絶すぎて、とても現実とは思えないものだった。。。

 この経験を通して僕は東北で子供たちと一緒に絵を描く活動を始めたのだけれど、あの日見た光景を思い出すたびにもっと出来ることがあったのではないか?と考えることがあります。日常が一瞬で失われ、街が消え、大切な人が亡くなってしまう。そしてそれをただ見ているだけしか出来ないのは、なによりも残酷なことです。
 震災から4年が経ち、僕もいまは年に数回しか東北へは行っていません。あの時のショックを思い出すと、いまからでも出来ることがあるのではないかと思います。4年ぶりにその当時の写真を見返してみて、とても神妙気持ちになりました。

IMG_0479








miyazaking at 11:31|Permalinkclip!

2015年03月10日

アラカワ・アフリカフラッグ

11040350_10204910429373241_29053165_n

 先週の土曜日に、荒川区立尾久宮前小学校へマゴソスクールからのフラッグを届けてきました。これは昨年「アラカワ・アフリカ」の企画で宮前小学校の子供たちとマゴソスクールの子供たちがスカイプ交流し、その後両校の交流を記念して作ったもので、アラカワの子がアフリカの20ワードからアフリカのイメージを絵にし、アフリカの子がアラカワの20ワードからアラカワのイメージして作りました。
 全く違う環境にいる子供たちが絵を通して交流すること、言葉を越えて繫がりを感じるきっかけになったのではないかと思います。宮前小学校では入ってすぐのところにバッチリと展示していただきました!関係者の皆様、どうもありがとうございました。

11047247_10204910421773051_1547563603_n







miyazaking at 09:37|Permalinkclip!

2015年03月04日

佐賀新聞と産後ケアのイベント情報

佐賀新聞

 ケニアでの活動を佐賀新聞に大きく載せていただきました!こうやって活動を取り上げてもらえることは本当にありがたいです。今後もがんばっていこうと思います!

 また今週の木曜日は3月5日、サンゴ(産後)の日です。産後ケア協会様よりお話をいただき、中目黒ビオキッチンさんにてイベントを行うことになりました。僕は参加してくださるお母さんと赤ちゃんをライブペイントします。

産後ケア協会
http://sango-care.jp/news.html

【日本産後ケア協会創立2周年記念イベント開催】
〜産後ママのためのハッピーアート&ヘルシーフード!〜

3月5日(木)さんごケアの日に、10組の産後ママ&babyたちにプレゼントイベントを開催!
産後ケアリストによる「産後ママのための簡単時短手抜き料理」プチセミナーも開催しますよ。
去年の創立1周年記念イベントでも3日間で予約満員御礼となった人気アート企画です。今年も早い者勝ち必須です!

日時:3月5日(木)11:30〜13:45(受付11:15)
会場:中目黒ビオキッチンスタジオ(中目黒駅徒歩5分、目黒川のすぐそば)
    http://nakamerental.jp/menu.html
対象:乳幼児(0〜2歳児)をもつ産後ママ
定員:先着10組限定
料金:似顔絵スケッチ無料、当日のランチ代のみ各自お店にお支払ください。
お申込み:family-artist@sango-care.jp(3月3日まで)

11001778_685163398261831_5663413536365092315_n






miyazaking at 00:47|Permalinkclip!

2015年03月01日

日曜大工

IMG_7933

 せっかく家を買ったのになかなかゆっくりした時間がなく手入れができていなかったんだけど、この土日で塀を作りました。近くにジョイフルホンダ様があるおかげで、DIYをする環境はパーフェクト!いざやり始めるととても楽しく、もっともっと手を入れたくなってきます。
 僕らが購入した家は築30年の古い家だけど、これから自分で壁を塗ったりデッキを作ったり、少しずつ作り上げていく予定です。こういうときにバイト時代に培った技術が役立ちます。コンクリートにアンカーをぶち込んだり、モルタルを練ったり、学生時代工事現場で汗を流していた日々がよみがえってきます。やっててよかったなー。

 塀ができたことで今度は庭づくりに入れます。どんな木を植えようか、どんな植物を育てようか、いまからとてもワクワクしています。春までに庭を完成させてパーティーがしたい!!

IMG_7937




 







miyazaking at 15:30|Permalinkclip!

2015年02月27日

3つの目標

_MG_8125

 ケニアから帰ってきて、しばらくは佐賀に行ったりとバタバタしていましたがようやく少し落ち着いてきました。新しいアトリエで、絵のお仕事もたまっているので、これからしばらくは家にこもって絵を描きたいと考えています。

 自分がやりたいことと、稼がなければならない金額と、理想のライフスタイル。この3つを両立させるのは非常に難しい、だけどその両立こそが人生の目的だと思っています。少しでもそこに近づけるよう、日々努力したいと思っています。
 昨日は荒川区にある尾久宮前小学校に行ってきました。アフリカでのフラッグ制作の報告だったのですが、校長先生を始め皆さん非常に喜んでくださり、全校生徒にお披露目する機会を作ってくれることになりました。自分が面白くてやってることが、人の喜びになり、何かのためになる。これは非常に理想的な形だと思います。少しずつその理想の形を追求しながら、今後も活動を続けていこうと思います。

 





miyazaking at 10:32|Permalinkclip!