MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2007年06月

ac0f88cf.JPGヤバイ、気づけば明日ライブペイントじゃん!!
告知しないと告知告知。。


登戸ストリートアート キックオフイベント 

日時:2007年6月30日(土)14:00〜18:00
開催場所:小田急線/JR登戸駅・小田急線向ヶ丘遊園駅周辺・ダイエー向ヶ丘店正面入口広場

>> ダイエー向ヶ丘店周辺の詳しい地図はこちら

ノボリトストリートアート http://www.noborito-map.com/02/event.html


 雨天決行です。でも雨が降ったら悲惨だなー。。。みなさん是非遊びに来てください!!一緒にペイントしまショー★


※ワンクリックお願いします。

afa6280e.JPG 今日、めざましテレビでキベラのマゴソスクールが映ったみたいですね。何人かの方からメールを頂き、オレが描いた壁画が映っていたことを聞きました。日本に帰って来てやはりケニアは遠く感じるのですが、無事にあの壁画が残っているということが知れてとても嬉しかったです。
 よく考えるとあのプロジェクトからまだ1年も経っていない。自分の中では遠い昔のことのように思えるのだが、それだけ自分にその後いろんなことが起こったのだろう。。だけどふとした時に、マゴソスクールに泊まった静かな夜を思い出すことがある。

 体中ペンキまみれのまま、作業服も脱がずに寝転がる。天井には薄いトタン屋根が波をうっていて、時々カチンという乾いた音がする。本当にここに何千人もの人間が生活しているなんて思えないほど静かさで、ただ闇が夜を支配している。シーンとした暗闇の中に耳を澄ませば、かすかに虫の鳴く声や風の吹く音が聞こえてくる。ここから2キロも行けばそこには見渡す限りサバンナが広がっている。生暖かい風は、そのサバンナから吹いてくるような気がしてドキドキする。
 あの夜の記憶だけは今でもハッキリ覚えている。色も匂いも、遠い昔の記憶のようだけど鮮明で、色あせない。

 最近じゃあ2,3日前のことすらよく忘れるのに、なぜあの夜のことだけあんなにはっきり覚えているんだろう?

※ワンクリックお願いします!

af658e9a.jpg 3年前に日本を出てから、ずっとテレビを見ない暮らしをしていた。だから新しい芸能人やお笑い芸人が全然分からない。。。リアルにテレビ社会にとり残されている人間なのだ。
 だが自分がテレビ関係でお仕事をもらっているのに、テレビを見ないのはどうだろう?そういう疑問がわきあがり、ついにテレビを開通させた。もちろんBSも。
 テレビをつけてまず感動、そしておなじみの人たちの顔や髪型の変化にびっくり!!あー変わってる。。そりゃあそうだろうけど、みんな3年分年を重ねていた。とりあえず色んなチャンネルを見て見たけど、やはりどうも落ち着かずプツンと電源を落としてしまった。なんかテレビの見方を忘れてしまったようです。。。
 とりあえず今週から熱中時間は見れるようになったし、それはとっても楽しみです。でもいまはテレビどころじゃないからなー(笑)。ご飯食べるときぐらいはつけてみようと思います。


※ワンクリックお願いします。

95b1a56e.jpg 登戸アートのための作品制作は始まったが、描く面積もさることながら作業にかかる時間が半端じゃない。毎晩朝まで描いて、作業がはかどらない昼に寝てます。
 今回はただの平面ではなく、ちょっとしたトリックアートを作っているので、絵を描くだけじゃなくボードを切ったり貼ったりという単純作業がやたらと多い。。しかもサイズが大きいので一人では無理があって、かなりむなしく時が流れてます。。
 これは急遽ボランティア・スタッフの応募をかけなければ。。本番までもう2週間チョイ。本当に終わらせることができるんでしょうか?だんだん不安になってきました。。

※ワンクリックお願いします。

15bf7894.jpg 昨日は忙しくて更新できませんでしたが、初ラジオ体験してきました。ローカルラジオだということもあって、後先考えず思いっきりかましてやろーっと思っていたのに、実際は実力の3分の1も出せなかった。。。ショボイ。
 結構こういうの得意だと思ってたのになー。。全然緊張はしてなかったけど、意外と「思い切ったこと」ってできないもんですね。しかもなぜか話してるうちにどんどんウソついちゃってるし。。。
 ウソつくってのはおもしろいと思うけど、もう少し何とかなんなかったかなー。これからはもう少しクールなアーティストを目指した方がいいかもしれない(笑)。


※ワンクリックお願いします。

82975f28.JPG 最近みょーにアクセス数が多いなと思っていたら、かなりの人がランキングサイトから来ていることが判明。なるほど、ブログキングになる日も近いか。。。


http://blog.with2.net/rank1610-0.htmlこれは自分で登録しているランキングサイト。

http://talentblog.spaspa.jp/tllink/tllink.php?mode=ct&ct=2これは誰かあいのりファンの人がやってくれたんだと思う。歌手・ミュージシャンというジャンルが渋いですね。。。

http://talent.kutsulog.net/cat0400-1.phpこっちはタレント扱い。おもしろーい。


 という感じで、徐々に勢力を強めています。ちなみにアーティストって基本的にブログを書かないと思う。そんなこと書く時間があれば作品と向かい合うべきだから。それに変に日常生活を出してしまったら、作品の完璧さが損なわれる恐れがある。
 でもオレはあえてそれの逆をいきたい。完璧じゃない、アーティストの素顔をみせることが、より作品の本質を伝えられると信じている。そしてそれこそがZOO WORK PROJECTだ。作りこまれた作品だけがアートじゃない。

7c5936db.jpg 明日はラジオ出演です。一曲好きな曲をかけていいということで、迷うことなく我等が「BLACK ONE NECK」の曲に決定。久しぶりに昔のアルバムを聞きながら回想に浸っていたのだが、すごいことに気がついた。。。ウソ、ほとんどの曲が下ネタじゃないか。。。
 このブログだけでオレを知っている人は想像できないかもしれないけど、オレはもともとバンドマンで、しかも超コミックバンドのボーカリストだった。スタイルは馬鹿・スカ・パンク、ラッパが入ってる時期もあった。しかしこのバンド、何がすごいって曲がスゴイ。半分悪乗りで作っていたもんだから、出来上がる曲はもう殺人的に破壊的だったのだ。
 ライブで一番人気があったのが「パイパン」という曲。「うわさによるーとー僕の彼女ーパイパーン、パイパーン」という出だしから始まるアホ丸出しの曲。パイパンバンドと呼ばれていたぐらいだから、だいたいうちのバンドのレベルは分かると思う。しかもこの曲、教育実習で教えた教え子がコピーして学祭で演ってしまったというからホント、救いようがない。。。
 初期はとにかく徹底的に破廉恥で、歌詞なんてこのブログにすら書けたもんじゃない。さらに曲だけでなく態度も悪かったので、色んな団体と喧嘩してしまい、BONの当時の評価は最低だった。まあそんなバンドのフロントに立っていたわけだから、オレの評判も最低だったことは言うまでもない。
 初期は確かにメチャメチャだったけど、新しいメンバーも入った後期はわりとまともだったと思う。だけど最初に付いたイメージは最後まで払拭されず、いまでもその極悪非道なイメージを(オレ個人に)引っ張られているのは間違いない。

 そんな7年もの年月を費やしたバンド、BLACK ONE NECK。現在の自分の活動に大きな影響を与えているのは間違いない。しかし、それにしてもまだ明日の曲を決めかねている。。。いやーだってほとんどテロだもんなー。


※ワンクリックお願いします。


df7095c4.JPG 日付を見てびっくり。。6月22日。これはオレがロンドンに出発した日。海外に渡る人は大体、自分が何月何日に日本を飛び立ったかを覚えている。その日から数えていま何ヶ月、いま何年と計算することが多いので、出発日というのはある種記念日として記憶されている。
 3年前の今日、自分はロンドンに向かって出発したんだ。。。まだたったの3年という気持ちと、3年も経ってしまったという気持ちが入り混じる。。。正直、出発したときは3年後に自分が日本に戻っているなんて想像してなかった。もっともっと飛び回っているはずだった。。。
 いまこうして自分が東京にいることをとても不思議に思う。ごく自然に自分はいま東京にいる。それ以外に考えられないってぐらいの明快さで。やり残していたことをやり終えるかのように、次から次へと色んなことが起こる。
 おそらく、この3年間で自分が放棄していた日本での物事が、堰を切って流れ出してきたんだと思う。順序もヘッタクレもなく、たまったものが一気に流れ出すように。。。でも、これを乗り越えることこそがいま自分がやらなければならないこと。これをやらなければいくらまた海外に出ても、結果は同じ。問題は場所じゃなく自分自身だから。
 これから3年間でまた大きく変わることだろう。願わくばそれまでに日本でやるべきことを終えていればいいなと思う。


※ワンクリックお願いします。

384950e4.JPG 現在登戸アートストリートのためにかなり大きな作品を制作してるけど、普通のアパート暮らしだったら絶対に制作できなかったな。。。佐賀ビルの空きフロアがあればこそのことだ。
 アーティストであろうと思うなら、この環境は手放せない。たとえ雨漏りしようとも、建物が穴だらけだろうとも、十分な作業スペースがあることが他の何よりも重要なのだ。しかも東京で活動するなら、贅沢なことは言ってらんない。。。

 だけどここにいるとハングリー精神も育ってくる。明らかにヤバイ場所に住んでるわけだから、そこに住んでる奴も当然ヤバイ奴だと思われるわけで、周囲のオレを見る目はかなり厳しい。だからそれをいつかひっくり返してやるぜって言う反骨精神は自然と宿る。。。いつかこのビルを買い取って、ピッカピカのリフォームをやってやる!!ってな具合に。

 東京で暮らす一番いい方法は、お金にハングリーになることだ。そうすることで全ての歯車はぴたりと合う。

※ワンクリックお願いします。

97c65fd8.JPG 早速新聞に載りました。川崎版の読売新聞です。なんだかアーティストって感じしますね(笑)。それから6月27日から一週間、登戸小学校でもう一人のアーティストが授業をします。授業をするといっても登戸ストリートアートで使う物を一緒に作るというものだから、オレも遊びに行っちゃおうと思ってます。最近の小学生って興味あるねーー。
 それにしてものぼりとゆうえん隊の頑張りには本当に頭が下がります。市民団体ってすごいですね。。もしも登戸近くに住んでいて彼らの活動に興味がある方はご一報ください。実はすでに3、4の人を紹介しています。とてもおもしろい活動だと思いますよー。


※ワンクリックお願いします。

↑このページのトップヘ