MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2007年07月

1079935e.jpg いやー飲みました、久しぶりに。登戸のプロジェクトも無事に終わり、次の展開も開けてきたところで飲ませていただきましたー!!ホント夏にビールが欠かせないことを改めて実感しました。これからが夏本番、今年の夏は熱い夏になるに違いない。夏男ミヤザキングの本領発揮ですよーーーーーー!!


※ワンクリックお願いします。

3be6cbae.jpg お世話になったNHKのアートディレクターの方が退職された。この人がいなかったらオレはこうして東京で絵を描いて生活なんてできなかったかもしれない。始めて自分を認め、起用してくれた人。
 彼は自分の夢をかなえて、次のフィールドでまた物を作り続ける。そんな彼に絵をプレゼントすることができた。彼にプレゼントを渡した後、こんな言葉をかけてくれた。

「ミヤケンみたいにたくさんの人を幸せにできる絵を描ける人はそういない。いつまでもその気持ちを忘れずに絵を描き続けて欲しい。。」

 自分はいつも誰かのために一生懸命絵を描いている。喜んでもらいたい相手が実際に喜んでくれる姿を見たとき、全ての作業が報われた気がして、自分は絵が描けて本当に幸せだなあと思う。その幸せな気持ちが自分の人生を豊かにしてくれているんだろう。。。少しでもたくさんこの幸せな気持ちを経験したいから、やっぱり今日も絵を描こう。

※ワンクリックお願いします。

1c656e58.JPG 絵を描いているとき何を考えてるかって色々だよね。集中してるときは何も考えてないし、集中してないときは何か食べたいなーなんて考えてるし。。。ただアイデアを練ってるときだけは頭がフル回転してる。筆を動かしながら悩み、いくつかのことを試し、何度も見直しをする。もくもくと作業してるときは何も考えてなくて、絵の合間はものすごく色々なことを考えてる。
 考えてる作業も手を動かしている作業もどっちも好きだけど、やっぱり無心で描いてるときのほうが気持ちいいかな。

※ワンクリックお願いします。

a23b063e.jpg さあ、夏本番に入ってきました。ロンドンの夏とこんなにも違うものかと少々驚いていますが、夏はいいもんです。長く携わった登戸アートも今度の日曜日で終わり、そろそろ次の展開に入りたいところです。
 以前頼まれて描いた絵本の第2弾を描くことになりました。また例によって文章に合わせて絵を描く仕事ですが、今回は環境も整ってるし、この仕事をしている間は収入も安定するから集中して制作できる。。。なんだかんだと次につながっていけてるのが素晴らしい。東京暮らしも4ヶ月がたち、ようやく目処が立ち始めたなーと思う今日この頃です。
 それから驚いたのが熊本にある現代美術館の学芸員の方からメールを頂き、ポートフォーリオを贈呈してくれというオファーがあったこと!!それがどう繋がるか分かんないけど、とにかく興味を持っていただけたことが嬉しい。てっきりもうそっち側には帰れないんじゃないかと心配してたからなおさら嬉しかったね(笑)。

 絵本、美術館、テレビ、海外プロジェクト、どうせやるなら全部バランスよくやりたい。批判するやつもいるだろうけど難しく考え悩むより、目の前にあることに一生懸命チャレンジして、一つ一つ自分らしい作品を作っていけばいい。まだまだ20代、好きなことを好きなだけやって何が悪い!!


※ワンクリックお願いします。

bc47e92a.jpg 思春期のころは人と同じことをするのが大嫌いだったけど、それはみんなそうだったと思う。レールの上を歩く人生なんてまっぴらゴメンだぜってのを合言葉に、つまんねえ大人にはなりたくねえって尾崎豊みたいなことを誰もが言っていた。

 そういえばそのときの仲間はどうしただろう?

 風のうわさに誰彼が結婚しただのどこどこで働いてるだのってのを聞くことがあるけど、ヤツラはキッチリ人並み外れた人生を送ってくれているだろうか?いやーあの時は若かったからねーってお決まりの台詞を吐いたりしないだろうか?
 オレは悪いけど完全に外れちまってる。というかあの時からずっと外れっぱなしだ。。。でも別にいまは「人と同じが嫌だ」とか「普通の暮らしが大嫌い」と思っているわけではない。ただナチュラルに目の前のやらねばならないことに夢中になっているだけだ。
 そういえば昔考えていた世の中と、実際に浸かってみた世の中はかなり違っていたなあと思う。人と足並みを合わせれること、普通であることの大切さ、そういうことが身にしみて分かる。先生達が言っていた「協調性の大切さ」ってヤツも今なら理解できるんだよな、うん。

・・・でも、もう遅いか(笑)。


※ワンクリックお願いします。

8f3dd7ea.jpg ノボリトの制作が終わり、また次の計画を練り始める。今回の件で自分にはスケジュール管理能力がないことを知ったので、あえてスケジュール帳を買いなおして一からキチンと自分を管理してみようと思う。
 これまでを考えるとかなりの詰め込み型で、計画的にプロジェクトを進行させることってあまりなかった。でもこれからはいくとかのことを同時進行で進めなければならないし、お金もしっかり稼がなければならない。どれをどのペースで進めていくかキチンと把握しながら一日一日を無駄なく過ごしていくことが必要だと思う。

 社会人一年目の人が感じるようなことをいまさら感じているような気分。。これまでが自由すぎたってことだろう、これからは大人のスケジューリングで余裕かましてやるぜ★

※ワンクリックお願いします。

ba7661ab.jpg 今回ノボリトアートストリートで自分がやりたかったことは町中を自分の作品で埋め尽くすことであり、それはずっと前からやってみたいことでもあった。。。しかし現実的にそれはとても難しく、自分が好きに使っていい場所なんてほんのちょっとしかなかった。店の意向、道路交通法、商店会、設置の問題、様々な要因がプロジェクトを困難なものにしていく。
 今回学んだことは、自分の実績不足と経験不足。いまのオレが使える場所はこの街にはこれぐらいしかないんだ。。。街という巨大なキャンバスを相手に描くということの難しさ、そしておもしろさ。もっとビックネームになって、もっと大きなスポンサーを見つけて、いつか本当に街中の壁という壁に絵を描いてみたい。


 今回は少ない壁面を利用するために、だまし絵的なものを制作した。右からと左からで違う絵に変わるってやつ。街を歩きながら絵が変わっていくのはおもしろいだろうなーっていう発想だった。しかし以外に両面から絵を見る人は少なく、絵が変わることに気づかない人が多いらしい。。。その分気づいたときの驚きは大きいだろうけど、気づかれないまま終わるのはむなしいなあ(笑)。百聞は一見にしかず、この作品だけは見なけりゃどうしても伝わらない!!


※ワンクリックお願いします。

5a19b096.jpg 本当になんと言っていいものか。。作品設置は終わったものの、まだまだ問題は起こりまくる。今日は登戸でお祭があったのだが、オレの作品の設置状況が悪く、やり直しをしなければならなかった。それの修正に走り回っていたら祭を楽しむことなんて全然できず、結局ずべて終了したころには終電の時間。。。もうこれ以上何も起こって欲しくないのだが。。。

 街と一緒にアートプロジェクトをやる団体は多いけど、どこも同じような問題をかかえてるんだろうな。今回自分は始めてこういう形で作品を作ったんだけど、もう反省だらけで作品がどうこうよりも、作品を街に設置する難しさを勉強するのに手一杯だった感じがする。。
 今後自分がまたこうやって街に作品を設置する機会があれば、今回の経験はとても役に立つだろう。とにかく何でもポジティブに考えていかないとね。。展示は29日までありますので、よかったら皆様のぼりとまで足を伸ばしてみてくださいねー!!

※ワンクリックお願いします。

34ac8f08.JPG 登戸での制作が終了。しかしすでに次のステップに入っている。やらなきゃなんねーことは山の如く、オレのやる気は火の如し。

 ちょっと前に目覚ましテレビでミーシャと共にケニアの壁画が映ってるって情報があったけど、それと同じシーンが「SWITCH」っていう雑誌に載っていた。知り合いから聞いて楽しみに見たのに、ちょっとガッカリだった。何故かってミーシャと一緒に映ってる子供達がまったく楽しそうじゃないんだもの。
 どういうコンセプトでそこにいたのか知らないけど、オレと同じことを感じたわけじゃ無さそうだった。かわいそうな子供達だと思われてるんだろうなって思い、何となくやるせない気持ちになった。

 登戸に集中している間に、結構仕事をもらった。忙しすぎて全然進めていないけど、それらを終わらせるだけでもしばらくかかりそうだ。まずは一つずつ丁寧に仕事をして、いい絵を描こうと思う。最近絵描きとしての誇りが自分の中に芽生えつつある。まさにいま自分は社会と歩調をあわせているところであり、自分がどのレベルで物を作っていけるか現実的に分かりつつある状態だ。現時点での自分をしっかり把握して、これからの基盤作りをしなければならない。

※ワンクリックお願いします。

c8d18e99.jpg 全てが終了すると思われた火曜日、悲劇はその日の夜に起こり結局終わったのは昨日の深夜。。。ということは火、水、木とずっと登戸にいたということで、その間の時間軸ももはや狂ってしまった。今日が金曜日だとに気づき、そのハードな時間がいかに長く続いたかを知った。
 ともかく全ての作品の設置は終わり、長きに渡って制作したノボリトアートストリートの作品も完成した。それにしても今回は作品のできそのものよりも、大きな規模で作品を作る際に起こる問題とその対処法について身を持って勉強した。次回こういうアートプロジェクトをやるときは絶対に今回の経験が生きてくると思う。そういう意味でも今回費やした2ヶ月の月日は貴重なものだったということだろう。
 作品は小田急登戸駅から向ヶ丘遊園駅にかけてのお店に設置されています。よかったら遊びにいらしてくださーい。


↑このページのトップヘ