MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2008年10月

aa
 エコロジーリサイクルTシャツプロジェクト、略してエコTプロジェクト。ついに明日から三日間、越谷レイクタウンで行います。詳細はアップしたビラを見てもらえれば分かりますが、以下のとおりです。


「エコTプロジェクト」 Act Green eco week 2008

日時 11月1,2,3日 10:00〜16:00
場所 越谷レイクタウンエコマーケット 28番テント
   武蔵野線越谷レイクタウン駅北口から歩いて2,3分
※11月3日の1時よりキャンバス解体ショーおよびTシャツ記念撮影会をします

前にブログに書きましたが、レイクタウンはマジびっくりするぐらいでかいです。もしかしたらオレがやってる場所を探すのは大変かもしれません。それで少し説明をしときます。
 レイクタウン駅を降りると、その期間中たくさんのテントが出ています。駅を出て、正面前方500メートルぐらいにステージがあり、そのステージに向かって歩いていって左手にある感じです(歩いて2、3分)。場所的には本部の近く。分からなければエコマーケットの本部はどこか聞き、そこで28番テント「ミヤザキケンスケ」の場所がどこか聞けば分かるでしょう。

ぜひぜひ遊びに来てください!!


mapeco


※ワンクリックご協力お願いします

96f80da6.jpg 最近クラシック音楽にはまっていて、色んな曲を聴いていたんだけど、あることが判明した。自分の一番好きな音楽のスタイルは、「クシコス・ポスト」とか「天国と地獄」とか、昔運動会で聞いた曲調だっていうこと。
 なんだか聞いててやっぱテンションあがるもんね。「ウィリアム・テル」序曲、「ギャロップ」、「トランペット吹きの休日」全部好きだなー。

 すべての芸術家は音楽の在り方に嫉妬する。まさにそのとおり。この世界観を絵に描ければそれでやりたいことは完成してしまう。いつか描きてーなあ。。運動会の音楽的な絵画。


※ワンクリックご協力お願いします。

3293e767. 最近天気がいい。こう天気がいいと外出したくなってしまう。昨日はエコプロジェクトの買出しをして、本番の準備はほぼ完了。今日はこれから取手に行って展覧会の準備をしようと思う。ひばりが丘から取手まで車で一時間半。ドライブにはちょうどいい距離だ。
 今乗っている車はダイハツのハイジェット。クリーム色のレトロなボディーで、作品を運ぶには便利だがパワーは無い。友人から無期限で借りているのだが、だんだんと愛着がわいてきている。
 だけど本音を言えば長距離を走れる車が欲しい。今の車は高速に乗っても70キロがMAXなので大層危ない。。もっと普通の車なら、九州でも北海道でも好きなときに飛んでいけるのに、と残念に思う。

 突然だけど、、、自分は物欲が薄い。それは欲しいものが手に入らなかった幼少期の記憶が関係していると思う。
 子どもの頃に欲しかったビックリマンシール、キンケシ、ミニ四駆、カードダス、どれもほとんど買ってもらった記憶がない。お年玉などのわずかなチャンスでよいものをゲットし、それを友達と交換するという方法で雪達磨式に増やしていた。よく親に「なぜ買ってあげてないのにこんなにたくさんもっているのか?」と、心配されていたが、そこには涙ぐましい努力があったのだ。
 しかし漫画本やゲームカセットなどは、早いうちにあきらめた。どうせあんまり買ってもらえないなら、中途半端に集めるより、たくさん持っている友達の家でやってしまおうと決めたのだ。まあそうやって子ども世界をサバイブした。
 
 物を買わなかったことで、自分の持ちもので宝物というものが無かった。人よりいいものが買えなかったから、物を宝物にしたくなかった。そんな気持ちがあって、いつの間にか自分で宝物を作るようになったんだと思う。そう思えば子どもの頃から実に色んなものを作ってきた。
 いま自分が絵を描いているのも、もしかしたらそうした幼少期の体験が関係しているのかもしれない。ナンバーワンよりオンリーワン。その精神はずっと小さな頃に育まれていたのだろう。


※写真はカレンダーアンケートで一位の絵です。順位が変わりました!!

2008年版カレンダーアンケート


d724e487.jpg そういえば今年はまだ一度も日本を離れていない。このまま年が終われば、10年ぶりぐらいに一度も日本を離れなかった年になる。
 最近、特に20代前半の頃を思い出すとき、自分の記憶があいまいになってることに気づく。おそらく短い期間で色んな経験をしすぎたんだろう、エピソードとしてはスゴイのに、情景は記憶のかなたに追いやられている。
 いろんな国を旅したこと、数々のバイトを経験したこと。自分で行ったアートプロジェクト、住み込みで働いたいくつかの土地。色んな記憶が時間とともに簡略化されて収納されている思い出は、なんだか本当に自分が経験したことだとは思えない。
 たとえば一人でバイクで北海道を周ったとき、途中で見つけた無料の露天風呂、あれはいったいどこだったんだろう?たとえば夏に青春18切符で九州まで帰ったとき、1週間ほどかかったはずなのに、ホテルを使った記憶はない。そんなに都合よく泊めてくれる人がいたんだろうか?
 実家が九州だったこともあり、毎回単純に飛行機で帰ることはせず、電車、バス、フェリー、バイク、車、あらゆる交通手段を利用し、しかも途中で色んなところに寄り道していた。だからいったいどれがいつの記憶だったのか、もはや完璧に思い出すことはできない。全部ひとくくりで、「色んなところに行った」という認識になってしまった。。

 絵を描いて、勉強して、バンドをして、旅をして、恋愛をして、サッカーをして、イベントをして、その間に何度も引越しをして、ゆっくり振り返ることがなかった。あれをいい時代だったと懐かしむ気持ちもあるけど、なんだか思い出しただけで疲れてくる(笑)。それにしても若いって恐ろしいパワーやね。


※写真はカレンダーアンケートで首位をキープしている絵です。

2008年版カレンダーアンケート



aefb2f5b.JPG 昨日は巨人VS中日のゲームを観に東京ドームに行ってきたのですが、いやーなんだか感慨深かったですねー。よく「東京ドーム何個分」と表現したりするけど、その東京ドームの広さを知らない自分はピンと来ない。。昨日ようやくその広さをしり、一つ日本人スタンダードを身につけたような気がしました。
 それにしても運良く昨日のゲームは大乱戦。特に巨人ファンじゃない自分でも相当楽しめるゲームでした。結局延長12回で引き分けになったけど、ピッチャーも両チームあわせて10人以上投入されていたし、ホームラン出るはデッドボール出るは、相当ガチンコなゲームを4時間半も観てしまいました。
 結局今日、巨人が優勝を決めたけど、まあ間違いなく昨日のゲームは今年一番の名勝負だったでしょう(と勝手に信じている)。

2008年版カレンダーアンケート

 ところで、アンケートに協力してくださいましてありがとうございます。自分的に意外な結果があったりして、なんだか面白いです。こういうアンケートって新鮮ですね。もうちょいやりますので、よろしくお願いします!!

※ワンクリックご協力お願いします。

b2076f80.jpg 昨日言っていたカレンダーのアンケートを実施いたします。一人3作品を選んでいただく投票システムになっています。どうかふるってご参加ください!!

2008年版カレンダーアンケート

 今年は横構図が多かったので、横構図の絵のみでやろうと思います。好きな絵はありますか?個展に展示した絵などはアップしていないのもあるので、初めて見る絵もあると思います。どれもこうやって並べてみるとカレンダー向きな絵に見えますね(笑)。

 今日はこれから巨人×中日のクライマックスシリーズ第三戦を観にいきます。人生初東京ドーム!!うおーマジ熱い。結果は後ほど。ホームランボール捕ったるでー!!

※ワンクリックご協力お願いします。

13b93508.jpg 昨日の熱中時間は富士山に毎日登っているという鉄人おじさんの話でした。なぜBSの熱中時間が見れたかっていうと、放送のたびに電気屋に走っているオレを不憫に思った番組のプロデューサーさんが、家に眠っていたBSチューナーつきのテレビをプレゼントしてくれたのだ。感謝!!ということで、これから金曜日は前日に放送された熱中時間のコメントを書こうと思っています。

 富士山に毎日登る熱中人、今回はそんな強烈なおじさんの話でした。思い起こせば10年前、自分も「強力」と呼ばれる仕事をしていた。富山の立山という山で、食料や荷物を山小屋まで運ぶアルバイトをしていたのだ。約2ヶ月、時には体の不自由なお客さんを背負って、時には1メートル四方の巨大タンクを背負って山を登った。まさに山男。しかしその頃のオレでも、さすがに毎日富士山には登れなかったな。。
 山には男の伝説がある。当時の立山にもいくつもの強力伝説があった。しかしその尾ひれのついた伝説の中にでさえ、毎日かかさず山を駆け上ってる鉄人の話なんてなかった。。この熱中人は、間違いなく生きる伝説だな。


※ワンクリックご協力お願いします。

eddb340a.jpg 去年作った卓上カレンダーは用途がよく、かなり重宝した。今回も同じように卓上カレンダーを作ろうと絵を選抜していたんだけど、今年もたくさん描いたなーと改めて思った。
 去年もかなり描いたほうだけど、今年はさらにたくさん描いた。個展も2回開いたから、デリバリー以外の作品ストックも増えた。だんだん絵描きらしい生活になってきているなと思う。
 それにしてもこのカレンダーを作るという作業は、一年間描いてきた絵を見返すいい機会で、去年の絵と比べて自分がどう変わったかを知ることができて面白い。そのときは気付いてないけど、徐々にスタイルが変化しているってことが分かるのだ。
 もしかしたらこのカレンダー制作をこの先10年、20年と続けると、そのうちプレミアがつくかもしれない。初回の2007年版は熱いとか、2010年版は変革期だとか、そういう見方ができたら面白い。
 今年も皆さんに今年描いた絵の中で好きな絵を投票してもらおうと思います。カレンダー完成は11月下旬予定。ギリギリになっちゃうけど、どうぞよろしくお願いします!!

※ワンクリックご協力お願いします。

34a20028.bmp ときどき人に会うと、意外に普通ですねー!!といわれることがある。
まあ髪型も人当たりも普通というか、当たり障りがないのでそう思われるのだろうが、HPを見てからオレに会う人は、自らを「ミヤザキング」と呼ぶ男に、好奇心と警戒心を持ってのぞむ。
 イメージとしては初っ端から金髪モヒカンとかで、「オレ様がキングだ!!」と言っちゃう感じなのかもしれないが、意外に会ってみると真面目な感じだから、拍子抜けするのだろう。
 そもそもミヤザキングという名前は、大学のときに自分の木材が人と混じらないように、木にその名を書いたことに由来する。その当時、身内で「歩きんぐ」とか「走りんぐ」とか、なんにでも「〜ing」とつけるのが流行していて、この木材もミヤザキが所有している+現在進行形(ing)という意味で、「ミヤザキング」と書いていたのだ。
 それに合わせてメルアドもミヤザキングにしたところ友達の間で定着。パンクバンドのボーカルだったこともあり、「キング」=「王様」の意味に解釈されるようになる。
 常に人の期待に答えたいと思う自分としては、周りがイメージするキング像に近づきたいと思う。まあ実際に内面はかなりの唯我独尊キャラだから、付き合っていくうちに分かってくるとは思うけど。。


※ワンクリックご協力お願いします。

d3d932aa.jpg 11月頭からレイクタウンでエキシビジョン。同じ日に取手のアトリエでの展示が始まる。こっちは熊本でやったDBさまを部分的に展示することにした。11月中旬には壁画プロジェクトに参加する予定だし、12月は2つのライブパフォーマンスが入っている。1月はコンシールでの企画があり、2月はつくばでの個展を控えている。
 結構スケジュールがギチギチになってきた。。日本に帰ってきて、本当に活動がしやすくなったと思う。ロンドンにいたときは活動したくてもその場が与えられず、アーティストにとって作品を発表できることの大切さを痛感していたから、今の状況には本当にありがたい。
 だけど全然満足できていない。一つ一つの活動に対して自分なりに真面目に取り組んでいるものの、まだ思うような形に仕上げることができていない。イメージはあるのに、形にする作業でのずれがある。それがとても悔しい。。
 自分の作品が評価されるかどうかは別として、とりあえず自分がイメージしているものを100%表現できるようにならなければと思う。それが独りよがりではなく、見た人とスムーズに共有できるようになれば、アーティストとして大きく成長できたことになるだろう。
 今はとにかく多くの場所で発表し続ける時期だと思う。どうやればうまく伝わるか、どうやれば自分のイメージに近づくか、それをただひたすらやらなければならない。なかなか大変な時期だけど、やっぱり発表できるってすばらしいことだと思います。


※ワンクリックご協力お願いします。

↑このページのトップヘ