MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2008年12月

いま筑波に来ています。あと数時間で年が明ける。。
いまから五年前、ちょうど筑波を離れる直前に数人の仲間たちとタイムカプセルを作った。まだあいのり熱も冷めきっていない中、ロンドン行きを決め、先の見えない未来を憂い、自分を励ますつもりで書いた未来への手紙。
開けるのは2008年の大晦日、30歳になった年の暮れにしようということになった。正月ならば例え海外に居ようとも、帰って来れるだろうという夢一杯の妄想を膨らませて(笑)。
五年後の大晦日の夜十時に、カプセルを埋めた場所の前に集合。この日、この時間に、この場所に来ない、寂しい奴にだけはならないようにしようと。。
はっきり言って五年後の未来は、当時期待していたような遠い未来って訳じゃなかった。いまにしてみればあの頃と大して変わってないし、まだ全然満足できる結果も出せてない。。だいいち正月は実家で過ごしたかったから、マジで行くの止めようかと思ったんだけど、五年前の自分を裏切るのも嫌だなと思い直し、行くことにした。
あと一時間。果たして仲間は来るだろうか?今日のこのことはあれ以来、誰とも話していない。もうみんな忘れてる可能性はかなり高い(笑)。でもオレは一人でも掘り起こすもんね!!

さあ、果たしてタイムカプセルはちゃんと見つかるでしょうか?!

de98982b.JPG こないだ久し振りに佐賀ビルに行ってきた。たった半年前のことなのに、なんだかとても懐かい風景。。永代橋から豊洲の高層ビルを眺めながら、東京に来たばかりのことを思い出した。

 いまからちょうど2年前にロンドンから帰ってきて、無一文のまま個展を開いた。友達の家に居候しながら絵を売り、何とか食いつなぎながらの捨て身の展覧会。内容は散々だったけど、運よくNHKの人から仕事をもらえることになり、東京で生活することになった。
 最初に佐賀ビルに引っ越してきた日、監獄のようなコンクリートの部屋に段ボールを敷き、その上に寝袋で寝た。風呂もキッチンもなにもない部屋で、ただ一人今にも崩れそうなビルでぽつん眠る。すべての社会から逃れてきたような不安と、圧倒的な開放感で、不安とも興奮ともとれるドキドキのなか眠った。

・・・あれから2年。今はどうにか仕事をしているし、キッチンも風呂もある家に住んでる。いろんなツテもできたし、絵だけで生活が成り立つようになった。もちろんまだ安定はしないし、先もどうなるかわからないけど、あの時から比べればずいぶんましになった。
 もしも実家が東京だったら、こんな苦労をすることもなかったかもしれない。もしももっと違うスタイルの作家だったら、ここまで自分の生活を犠牲にする必要もなかったかもしれない。。。だけど佐賀の田舎から一人で飛び出してきたからこそ、型にはまらないスタイルだからこそ、逆境を楽しめ、また力に変えれたんだと思う。

 何も持っていない自分に唯一できたことは、行動すること。才能がなくても、環境に恵まれなくても、健康な体と勇気があれば、運命は切り開ける。今にも壊れそうな佐賀ビルを見て、改めてよくぞここに一年以上住んだものだと感心しました(笑)。



※ワンクリックお願いします。

cd3a89d2.jpg 今日展示をしてきました。丸の内の新東京ビルにある「Dear Soup」での展覧会。オフィス街にある小さなスープ屋さんなのでゆっくり作品を観ることはできないかもしれないけど、いい感じの展示になりましたー!!
 展覧会は1月5日からです。新年一発目の展覧会、来年は日本全国で展示会を10回ぐらいやってやろうと思ってます。どうぞご期待ください!!


■ミヤザキケンスケ exhibition in Dear. Soup-
日時:2009年1月5日(月)〜1月30日(土)
平日 11:30〜21:00(ラストオーダー20:45)
土日祝11:30〜17:00(ラストオーダー16:45)
Dear. Soup  
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3−3−1新東京ビルB1F
Tel. 03−3287−7711  


 今年も残すとこあとわずか。がんばっていきましょうー!!


※ワンクリックお願いします!!

雪だるま 今日の那須の天気は大雪。それでも果敢に挑戦してしまうオレはちょっとおかしいかもしれない。。。チェーンを積んで、意気揚々と出発する。意外とスイスイ行って那須インターから降りる。
 あたりはうっすら雪景色だけど、道路はどうにかノーマルタイヤでも走れる。そのままぐんぐん山を登っていくと、見る見るうちに白銀の世界に変わった!!やばい、めっちゃきれい!!・・だけど滑りそう。
 早速昨日購入したチェーンをつけるため、近くの駐車場に入ろうとしたのだが、そのわずかな段差すらオレの車は歯が立たなかった(笑)。仕方がないのでその場で装着、しかしてその威力は想像以上だった。
 雪深い殻々工房は、この間見たときとまったく違っていた。。。オーナーの野澤さんが来るまでに、たまらずそばの空き地で雪だるまを制作。我を忘れて作った雪だるまは、なぜかリーゼント(笑)。このサイズの雪だるま作ったの久しぶりだったなー。。

 3か月の展示をした那須の個展。3度の来那で多くのドラマが生まれた。絶対もういちどここでやりたい!!静かに今年最後の展示が幕を下ろしました。来てくださった皆様どうもありがとう。

PC280030

※スケール感がわからないという懸念からもう一枚写真追加!!

beb2e2a2.JPG 明日は那須へ搬出に行ってきます。話によると那須はもう雪が積もっているということで、今日車のチェーンを買ってきました。準備万端、明日は雪の那須を拝めるなー。
 帰ってきたら雪景色の写真をアップできると思います。みなさまよい夢を。おやすみなさい。

※ワンクリックでランキングにご協力ください。

3f4749ae.JPG 自分の性格はとにかく強情。一度決めたことは何が何でもやりとおさないと気が済まない。だから絵描きになると決めてからは、好きだからとか、楽しいからとか、そんな理由だけじゃなく、ただ宣言したからにはやるしかないという意地があった。
 やりぬくことでしか伝えられないことがあると思う。その人の「本気」を伝えるには、ある程度の時間が必要な時がある。どんなに馬鹿にされても、かっこ悪くても、やり続けていればいつかきっと周りの人に伝わる。だって本気でやるってものすごいエネルギーだし、それは時間とともに人を動かす巨大なパワーに代わる。

 まだまだ人生始まったばかり、最後までやり続けるには相当なエネルギーが必要だ。だけどそれで自分の本気を伝えれるんだったら何てことないじゃない。やってやってやりまくって、「あいつはマジでやばかった」と言われる人生にしよう。

※ワンクリックでランキングにご協力ください。

f9aad75d.JPG もうすぐで今年も終わる。クリスマスが終われば次はお正月、毎年クリスマスから正月までの一週間を、その年を振り返る期間にしている。
 今年はいろんなことに挑戦をした年だった。初めて美術館で展示したことや、番組のオープニングタイトルを作ったのはいい経験だった。それから夏には引っ越しをしたし、展示もいろんな場所でやった。とにかくアクティブに動いて、日本での活動を本格化させた一年だったと思う。
 来年の予定もすでにかなり決まってきている。年始とともに始まるディアスープでの個展、一月の中旬に渋谷コンシールで行う即売&展示会(仮)。2月の頭に佐賀に帰って、その後つくばのギャラリー彩花で個展。夏には越後妻有アートトリエンナーレで巨大壁画を制作する予定もある。これはかなり忙しくなる予感がする。。
 活動が仕事的にもプロジェクト的にも広がってきていて、まさにこれからが本番。どれだけ一つ一つのことに集中して取り組めるか、それにかかっていると思います。

 来年は東京以外にも、大阪、名古屋、それから地元の佐賀でも作品を発表する機会を作りたいと思っています。もっともっとフットワーク軽く、日本中を駆け巡る活動がしたい。干支が丑でもノロノロやるきはねーぜ★

※ワンクリックでランキングにご協力ください。

c4d330ef.jpg 今日はクリスマスイブ。街はイルミネーションがいっぱいでムードを盛り上げているけど、どこか元気がない気がするのはやはり不況のせいでしょうか?
 今年は今までの人生で一番あっさりとこの日を迎えてしまいました。毎年毎年楽しみでしょうがないこの日を、普通に迎えてしまった自分に懺悔。。。しかしまだ始まったばかり、今日という日を楽しむ努力を怠ってはならないのです!!

 今年のクリスマスカードは応募者全員に出すことができました。今日明日中には届くと思います。誕生日はその人だけが特別な日だけど、クリスマスはすべての人が特別になれる日。。。そう、今日は特別な日なんだから、いつもはできないあんなことこんなこと、思い切ってやってしまおう!!2008年のクリスマスはもう二度とやってこない。

 みんなでかませ、メリークリスマス!!


※ワンクリックでランキングにご協力ください。

30985c6c.jpg 昨日は待ちに待った熱中時間の忘年会でした。去年はこの忘年会でi-podをゲットしていたので、かなり早い段階から指折り数えて楽しみにしていました(笑)。
 熱中時間の忘年会は、番組スタッフ、出演者、技術さんなど、関係者みんなでやるのでとても面白い。オレは収録の日に絵を描いているだけだから、初めて会う人も結構いる。忘年会に来ている人の数を考えると、テレビ番組っていろんな人たちが力を合わせて作ってるんだなーと感心させられる。

 おいしい料理を食べながらも、考えてるのは賞品のこと。今年も絶対ゲットしてやるぜと意気込んでいたのですが、なかなかオレの番号が呼ばれない。。もしやこのまま坊主で帰るのかと思い始めていたころに、キターーー!!なんとニンテンドーDS-iをフィッシュ!!!
 
「うおーーーー!!」

思わず雄たけび。マジうれしかった。。。去年のi-podに続きDSをゲット。両方とも自分では買いそうにない電化用品だったから、なんか喜びもひとしお。自分の強運ぶりに恐怖すら感じています。
 
 今日、さっそくDSを立ち上げてみたのだが、あまりのハイテクぶりにしばし唖然。。今の小学生はこんなの使ってんのか。。。これはやばい、時代のスピードは思ったよりずっと早いぜ。

※ワンクリックでランキングにご協力ください。

img002 MISIAさんが取り上げられた読売新聞の記事、その後ろにはなんとオレがアフリカで描いたライオンの絵が映っているではありませんか。。これはちょっとすごいんじゃないの?
 調べてみると彼女がやっている「チャイルドアフリカ」っていうのは面白い活動で、自分がやりたいことにとても近い部分がある。またいつかケニヤには行くつもりだし、これから何かの形でつながれたらいいなーと思いました。

 絵を描くこと、音楽を演奏すること、共通することは言語を必要としないこと。国籍も人種も関係ない。直接人と人を結ぶ素晴らしい表現方法。それを仕事としている自分は本当に幸せだなあと思うのです。

読売新聞の記事

チャイルドアフリカ

※写真は12月7日読売新聞朝刊。輪島の先輩から送ってもらいました。ありがとうございますー

↑このページのトップヘ