MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2010年03月

06e86654.jpg二月からの過密スケジュールのとりあえずの終着点が、これから行く雲南さくら祭り。これが終わればようやく一息つける。

最近ある人に、将来のプランはどうなってるの?と聞かれた。もちろん何も考えてないわけじゃない。好きなことだけやって生きれるほど、世の中甘くないってことはちゃーんと分かってる。
だけど好きなことにはいくらでも頑張れることも知っていて、仕事とやりたいことを近付けることこそが、人生を満喫する方法だと思っている。

楽しい絵を描くなら、まず僕自身が徹底的に人生を楽しまなければならない。
雲南に行くこと、これはまぎれもなくMAXに楽しいこと。今回もおもいっきり楽しんで、それを楽しい絵で表現しようと思います。

b7a36162.jpg牛飼座さんとのコラボレーション作品です。新しい試みで楽しかったなー。こういうライブでコラボするのは瞬発力が養われるからいいね、たまにやりたいなぁ。

雲南に向かいながら、とりあえずアップしとかなきゃならなかった先日のイベントの報告と、みつけんサンバのお知らせをさせていただきました。大事な報告なのにさらっとやってしまい、すみません。。いかにバタバタしてるかわかりますね(笑)。
また寝台なので、ゆっくりブログを更新しようと思いま!

蔵前直し




 ついにみつるさんとのコラボレーション、みつけんサンバ取材の第一弾がアップされました。なんとも明るいイラストですねー。美味しいものが食べれて、東京のお店に詳しくなれて、絵の勉強にもなる。こりゃーやめらんねーなあ(笑)。
 だんだん増えていくんでたまにチェックしてくださいねー。それじゃあこれから雲南に行ってきます!

大江戸線で味わう郷土料理

_MG_6581 牛飼座さんとのトークライブ。来てくださって皆様どうもありがとうございました。
 これまでイベントでトークすることはあったけど、トークメインのイベントは初めて。あきらかに焦りが出て、ぜんぜん普段どおりにしゃべれませんでした(笑)。やっぱりあれは才能がいるなー。。

 会場には定員の40名を超えるお客さんが来てくださり、イベント的には大盛況でしたが、僕は反省することが山のようにありました。話を聞いてもらうのもいいけど、やっぱり僕は一緒に何かをやることが好きだなーと実感。お客さんと向かい合うより、同じ方向を見るイベントのほうが合ってる。そう思いました。
 しかし牛飼座さんはさすが大阪のストリート出身。しゃべりは場慣れしていてさすがでした。彼の周りの愉快な仲間たちとも話ができ、久しぶりに元気な奴らと仲良くなれたなーという一日でした。

 牛飼座さんとコラボで制作した作品は明日アップします。しばらくお待ちくださいませー!!


お遍路01 明日は久しぶりに東京でイベントです。旅について語ります。ケニヤの旅やお遍路の旅、あいのりの旅だって貴重な経験だし、僕の人生は旅とともにあるといってもいい。ついこの間仙台から帰ってきたばかりだし、火曜日には雲南に旅立つしね。
 すこしだけ席が余っているようなので、当日でも若干は入れます。迷ってる人は問い合わせてみてー!!それか直接行っちゃえば、何とかなるでしょう(笑)。そんで打ち上げは誰でも参加できるからそっから参加でもオッケーよ!!



【日時】2010年3月27日(土)  17:30〜20:00(17:00入場開始)

【出演】牛飼座 ミヤザキケンスケ

【内容】トーク&ライブアート

【会場】サンクチュアリ・パブリッシング
    地図
    ※2010年2月15日よりオフィスが移転しましたのでご注意ください。

【料金】¥2300

【定員】40名

【お申し込み】
前売り券の発売は終了しました。当日券も若干入れるようです。

ae232773.jpg雲南ツアーの詳細です。

4月16日(金) 7時 羽田空港にて集合 7:35 JAL出雲空港行 に乗ります。

初日は出雲大社を見た後、雲南市に入りおくい食堂で名物焼き鯖寿司を堪能。その後、斐伊川沿いに雲南の景色を楽しみながら、竜頭の滝、八重滝を見ます。それから鎌倉時代からある名湯、湯の上のお湯をいただき、入間小学校へ。ここで地元のかた達と交流会をしながら宴会、学校で宿泊。

3月17日(土) 吉田のたたら製鉄を見て、昼はワイン会に参加。それから奥出雲町へ行き、いよいよかやぶき屋根の民家に到着。近くの温泉に行き、民家でいろりを囲んで市役所の人たちも交えて大宴会!そのまま宿泊。


3月18日(日) 朝、ろばをながめながら焼きたてのパンをいただきます。その後、掛合小学校を視察。おみやげなどを買い、16時の飛行機で東京にもどります。


旅費はトータルで35000円から40000円ぐらい。飛行機のチケットが27800円だったので、それを払えば後はあんまりかかりません。

ざっとこのようなプランです。いかがでしょうか?

IMG_4549 みんなで雲南に行こうツアーの飛行機の予約をはじめました。4月16日の7:35分の便で飛び、4月18日の17:50に東京に帰ってくる日程です。現在確定が6名で、保留が9名、途中参加2名の状態です。
 雲南は日本昔話的な不思議な魅力があり、絶対に行くと衝撃を受けます!だって神話が残る町なんだよー、空気感が違うね。郷土料理の焼きさば寿司、宿はかやぶき屋根の民家に泊まって夜は囲炉裏を囲んで、温泉は鎌倉時代からのお湯。これを経験せずして日本は語れず!!
 参加メンバーもおもしろい人たちばかり。ぜひこれを機会に参加してみてください。どなたでも参加可能ですよー!!

_MG_6607 今日は早稲田でワークショップをしました。斐伊川和紙を使った行灯です。なかなかいいでしょう?早稲田の学生はさすがにみんなレベルが高く、どれもいいものができました。本番はこれが200個並ぶ!!まったく壮観です。楽しみだー★


チャリT仙台  ただいまHPミヤザキングダムのデリバリークイーンが停止されております。すぐに復旧させますのでもうしばらくお待ちください、ご迷惑おかけします。。

 仙台から帰ってきて、今日は次のビックイベント雲南さくら祭りの準備に奔走しました。明日は早稲田大学でプレイベントをやるのですが、こちらももうあまり日がない。早稲田の学生と市役所の方にまかせっきりにしていたので、ここらで切り替えて本気にならなければならない。

 仙台のほうはなんとかすべて終了したようです。反省すべき点はありますが、最高に楽しいイベントでした。なんだか学園祭でもやっていたかのような、祭りのあとの寂しさを感じます。
 東京とはまた違った人間関係がそこにあって、損得よりも心で動けるすがすがしさを感じました。こういう思い出はきっと一生残るんだろうなー。。。


「仙台にはミヤケンさんが帰る場所はあるし、その場所を僕が守り、さらにファミリーを増やしておきます!」


 最後にアマニの福井君がかけてくれた言葉。彼はきっと仙台とアフリカをつなぐ大きな仕事をすると思う。その彼にそういってもらえると、とても心強い。人の顔が浮かぶ土地には帰るもので、きっと近いうちに仙台に帰ると思う。その時までに、僕も一つでも多くのことが報告できるように頑張ろうと思います。


cb796a93.jpg楽しかったことも大変だったこともギュッとつまった10日間。どう表現していいか分からないけど、とにかくすばらしい経験をさせてもらいました。
土曜日の解体ショーでは、予定どおりTシャツが外れず、入場料のあるイベントとしてはあってはならない状況を作り出してしまいました。。来てくださった方々や、主催のアマニヤアフリカの皆様には本当にご迷惑をかけてしまいました。
イベント終了後もたくさんの方々のお手をわずらわせてしまいましたが、結果としてそのおかげでなんとか形にすることができました。本当にありがとうございました。
そしてそういう状況での打ち上げで、サプライズプレゼントをいただいたこと、一生忘れません。

昨日は嬉しすぎて自分のカメラで写真が撮れず、結局スタッフの写真が一枚もないなーと残念に思っていたことところ、最後にまたもやサプライズで、手作りでコラージュされたミニアルバムをプレゼントしてもらいました。

イベント的には反省点も多かったのですが、最高のスタッフに囲まれて、最高の時間を過ごせました。仙台は僕にとって、忘れられない思い出の地になりました。

本当に皆様、ありがとうございました。またお会いしましょう!サヨナラ仙台。

↑このページのトップヘ