MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2010年05月

ff71b6d8.jpg水戸に来ています。今日はプロジェクト説明のため、茨城県の女性会の代表会議に参加させていただきました。まさかの連絡ミスとプリンとミスで一時はどうなることかと思いましたが、無事に終了しました。、
こうやって人は成長していくのでしょう。

2ee792b7.jpg今日はつくばです。久しぶりにゲンジの家にきています。数少ない絵かき友達、アウトローな話に花が咲きます。
絵を描いて生きる、やり方は色々。だけど筆一本で生きる生き方はやっぱり普通じゃないので、話は尽きない(笑)。
今日は語りそうだなー

100528_213848

 昨日ははやもじで「野間」を制作した吉田憲司さんの個展に行ってきました。久しぶりの銀座、久しぶりのギャラリー。なんだかとっても刺激を受けました。
 そのあとは久しぶりにやまもじメンバーが集まって酒盛りをしました。去年の新潟での合宿生活を思い出しながら、もうあれから一年たつんだなーとしみじみとした気分になりました。
 大人になると時間が過ぎるのが早いと人は言うけど、僕にはいまだその感覚がない。一年前は大昔で、一年先は想像もつかない遠い未来。。たった一年前ことだけど、ずいぶんと昔のことのように思えるし、そのころの自分を懐かしく思える。

 やまもじプロジェクトに関わったことで、僕の人生は結構変わったと思う。滝沢さんが故郷で作品を作るところをみて佐賀での個展を決めたし、やまもじのようにアートで地域を盛り上げることの楽しさを知り、雲南プロジェクトの意味を見出せた。チームで活動するイメージもここで学び、いま僕がやっているペイントイットプロジェクトに生きている。。

 一年前の自分といまの自分はぜんぜん違う。だから来年の自分がどうなっているのか想像もできない。だけどそれが楽しいんだよね!より成長するためにも、まずは目の前のことを一つ一つがんばっていこうと思います。


00611

 今年の佐賀県総合文化祭でゲストとして話をしてみないか?というお話を佐賀北高の先生を通じていただいた。
 総文祭といえば佐賀県の文化部所属の高校生が一堂に会する一大イベントで、かつて僕も北高の部長として参加していた。2000人の高校生の前で、毎年佐賀県出身の文化人がゲストとして招かれる。僕なんかが何を話すの?なんて思ってしまうけど、YESマンな僕が断るはずはない。

 東京とか海外で活動をするのはなんともない。ロンドンだろーがアフリカだろーが臆することなく、自由に活動できる。だけど世界で唯一緊張してしまう場所がそう、佐賀県なのだ。。
 佐賀には僕の子供時代を知っている方々がたくさんいる。頭が上がらない先輩方もたくさんいる。そんな中で壇上の上から話をするなんて、考えただけでジ・エンド!


「なんばあのハナタレがとんこじいてしゃべいよっかねー」


 アー聞こえてくる負のささやき。しかし、、やらんでか!まさかこんなに早く佐賀県で話をするとは夢にも思わなかったけど、佐賀の高校生に僕の生き様を見せてこようと思います。。



100523_183625 大泉学園のハンバーガー屋さん。超ビッグサイズでうまいんだよなー。。

 最近はとにかくつくばと東京を行ったり来たり。ケニア壁画プロジェクトのために奔走しています。今年いっぱいはケニアにすべての時間を注ぎ込むことになるでしょう。
 純粋に自分がやりたいことに集中できるって、一番の幸せだと思います。自分の才能と対峙し、その中で自分の可能性を見出していく。自分にできることを探して、精一杯自分を表現をしていく。
 ケニアでのプロジェクトは僕の転機になりそうです。これからどんな人生を歩んでいくか、このプロジェクトが終わるころに、少し見えてくるような気がします。。

 できれば力強く、たくさんの人と関わりながら世界中に絵を描いて周る生き方がしたい。

IMG_3053 ひさしぶりにサッカーの話題。昨日の日韓戦、残念ながら見れなかったんだけど、ネットで記事を読むと散々な結果だったらしい。。もうワールドカップはすぐそこ、日本が出るというのにこの盛り上がらなさは尋常じゃない。

 最近はサッカーよりも野球のほうがおもしろいと感じる人が増えてきてるんじゃないかなあ。。だけどサッカー世代に育った僕は、やはり日本のサッカーを応援したい。
 初めて日本がワールドカップの試合に臨んだ時、学校の寮の壁に試合を映し、友達みんなで応援した。力の差が歴然としているアルゼンチン相手に、必死にディフェンスをする日本代表。いま考えれば一方的な試合だったけど、世界を相手に自分たちの代表が戦ってくれてる感覚があった。

 あのころと状況は違うけど、やっぱりワールドカップっていう舞台は特別で、国の威信をかけて戦う舞台であることに代わりはない。負ければ悔しいし、勝てば嬉しい。どんなに劣勢に立たされても、誇りある戦いに期待します!

グリーンペイント
 
 更新が遅れましたが、つくばでやったライブペイントの絵です。3時間というペイント時間で、5メートル40というサイズは本当に描けるのか?と最後まで不安でしたが、助っ人の大地の活躍もあってどうにかまとめることができました。
 
 これまでいろんな場所でいろんなペイントをやってきたけど、やっぱりつくばはどこか雰囲気が違う。自分が7年も住んだ場所だからか、なんだか妙にリラックスできる。ペイント中に懐かしい友達が遊びに来たり、または偶然通りかかったり、学生時代にもどったようなそんな感覚でした。

 それにしてもコラボペイントはひさしぶりで、マークと一緒にやって以来だからとても新鮮でした。もう少し時間があればお互いの個性をもっと引き出せてよかったのになー。。今度やるときはもっとゆっくり楽しみながら描きたいな。

 来てくださった皆様ありがとうございました!

200603%2F11%2F54%2Ff008985420100426104635 つくばセンターのアイアイモールで明日ライブペイントを行ないます。つくばグリーンフェスティバルというお祭りに参加する形になるんだけど、久々のつくばでのイベントで、なんだか楽しみです。
 アイアイモールといえば、大学4年のときにライブをやった記憶がある。当時怖いものナシだった僕は、マイクで暴言を吐きまくりの道行く人に絡みまくり。いま考えたら恐ろしいことをしでかしてしまった思い出の地です。今度はいったいどんなことになるんだろう。。。?

 いまからつくばに先乗りしてライブペイントの準備、そして夜はミーティングです。仕事は仕事、だけどやっぱり楽しくやんなきゃね!お時間がある方はライブペイント見に来てください、今回は期待の新人小中大地とコラボレーションします!(写真は大地の作品)



つくばセンターアイアイモール
グリーンエコプロジェクト ライブペイント
【日時】 5月22日(土)10:30〜16:00
【会場】 つくばセンターアイアイモール
【アクセス】 アクセスMAP

0IMG_4806 このブログでちゃんと触れてなかったけど、ツアー中に巨人Tシャツをプレゼントしてもらいました。巨人、魔人、一つ目、オロチの4種類。話によると入間ではこのTシャツを大量発注をかけたと聞きます。すごいなあ。。
 さらに驚くべきは、この巨人を自動販売機にしようということになり、市役所の方たちが動いてくれています。あの雪の日に生まれた4体の巨人は、本当に伝説になってしまいました。。

 雲南でのワークショップを筑波大学で話したところ、多くの学生が興味を持ってくれました。やっぱりいまの若者の地方への関心は高く、雲南のようにまだあまり知られていないけどおもしろいものがたくさんある場所は、これからドンドン注目されていくことでしょう。
 
 今年の夏にまた雲南でワークショップをする話が持ち上がっています。佐賀での個展の兼ね合いで実現できるか分からないけど、今度は行くときはさらに楽しめるような気がする。。

お遍路30 Paint it!のほうにこの間の授業の模様を動画でアップしました。壁画プロジェクトの概要が分かると思うので、よかったらみてくださいー!

http://ameblo.jp/paint-it

 そういえばもうすぐお遍路プロジェクトから一年がたちます。いま考えれば現実感がない旅だったなーと思う。。毎日歩いて、絵を描いて、テントで寝る。般若心境を唱えながらブログを更新し、四国のいろんな人と出会った。
 先日のイベントに四国からこうさんが遊びに来てくれたのは嬉しかったなー。少ししか話せなかったけど、あの四国の日々を思い出すことができました。

 いままたプロジェクト中に描いたスケッチを見直しています。個展のためにそれらのスケッチを元に作品を作ろうと考えているんだけど、なかなか表現できないでいます。。やっぱりすごい体験だっただけに、簡単にはいかないですね。
 お遍路をしているときに感じた神聖な感じ。肉体が清められ、精神が研ぎ澄まされる感覚。あれはいったいなんだったんだろう?高野山で旅を締めくくったとき、新しい自分になれた気がした。
 佐賀の個展ではお遍路プロジェクトの作品を展示するつもりです。はたしてどんな作品が生まれるでしょうか?


↑このページのトップヘ