MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2011年04月

昨日のブログに佐賀の報告会は予定通り行なうと書きましたが、残念ながらそちらも中止になりました。しかし絶対にやりたいイベントではあるので、日を改めて夏ごろに行なうつもりです。
 ほんとうにバタバタしてしまい、関係各社の皆様にご迷惑をおかけしています。落ち着きましたらきちんとご報告いたしますので、よろしくお願いいたします。

ミヤザキケンスケ

佐賀でのLABOデザインとのTシャツイベントについて

突然の不参加でご迷惑をおかけした関係各社の皆様、楽しみにしていてくださった皆様、大変申し訳ありません。一身上の都合により、どうしても参加が出来なくなってしまいました。なお、8日の報告会は開催する予定です。様々な方々に直接お詫びできないのがまことに恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

ミヤザキケンスケ

9131979f.jpg
日本に帰って来ました。しかし、、何故かネットが止められていて仕事ができない!
報告したいことは山のようにありますが、とりあえず明日ネットを復活させてからゆっくりやらせてもらいます。

07 いま韓国です。入国のさいに放射能チェックされました。やっぱりかなり敏感になってるんだなーと思います。
帰るのは来週の水曜日。ゆっくりできる滞在じゃないけど、せっかくだから楽しもうと思います!しかし韓国は今日は雨、マジさみー。。

完成

 突然ですが、明日から一週間ばかり韓国に行きます。ブログはあまり更新できないかもしれないけど、意外に出来る可能性もあり。今回は初ソウルも経験するので、その辺も報告できたらなーと思っています。
 ヤベ、また韓国語勉強するの忘れてた、、しょーがねーなあ。。


DSC04072 金曜日の夜、勇人の仕事が終わったころに連絡を取り合い、西麻布で落ち合う。花柄ワゴンに荷物を積んで、東北に向けて出発する。これが僕らがこの3週間続けてきたこと。
 僕の車は軽なのでとても遅い、常に車線を左側にキープしてひたすら東北道を北上する。ちょうど福島あたりで夜が明け、気仙沼に着いたのは10時過ぎだった。
 着いたらすぐにワークショップの準備に取り掛かる。今回は会場が広いので、目立つようにまず看板制作を行った。1時ごろ、館内放送で呼びかけてもらう。



DSC04086 スケッチブックとクレヨンを渡しながら、絵を描き始める。最初は自由に、次にゲーム形式で。あえて短い時間で描くことで、絵への苦手意識をなくす。できれば僕らがいなくなってからも描き続けて欲しいのだ。
 子供に混じっておばあちゃんも参加してくれた。自由に描いてといっても大人は戸惑うけど、ゲーム形式にすれば参加してくれる。ここ3回のワークショップで少しずつ分かってきたこと。


DSC04136 絵画教室が終わると、すぐに気仙沼の名所、名物についてリサーチを開始する。いろんな人に声をかけて、自分たちの町の自慢をしてもらう。今回は高校生の集団が色々と情報を与えてくれた。テーマは大人も子供も分かる、気仙沼市。
 ロール紙をカットしてキャンバスにしていて、地塗りを子供たちと一緒に行なう。だいたい夕食の準備の時間まで一緒に行い、それからは僕らだけで描き進める。



DSC04141 今回は3人も助っ人がいたからすごく助かったんだけど、どうしても僕が描かなきゃ進まない作業が出てくる。みんなには交代で休んでもらいながら、僕は朝までひたすら描きまくる。
 正直とてもしんどいけど、完成を楽しみにしている人の顔が目に浮かんで、手が止められない。絶対に喜んでもらいたいという想いが僕を駆り立て、結局2日目の夜が明けてしまうのだ。。



IMG_0820 完成後、絵のお披露目会をする。今回は体育館の一番目立つ場所に飾ってもらえたから、色んな言葉がもらえた。
 僕は美術館に飾られるより、見せたい人にダイレクトで届けるこの展示のほうが好きだ。アートの難しいコンセプトは誰かに任せて、僕は僕の思いのままに活動を続けよう。



DSC04216

 完成の絵です!!今回いった場所は気仙沼市にあるK−WAVEです。かなり大きな避難所でした。福井君とその友達が手伝ってくれたので、とても助かりました。
 今回は3回目ということで、かなり手順も分かってきてスムーズに進んだのですが、僕の体調不良もあり、やはり作業は明け方まで続きました。。しかし完成した絵を見て、


「避難所が明るくなった」

「なんかみてると元気になる!」

「気仙沼をよくあらわしてる!」


など、とても嬉しい言葉をもらいました。一生懸命描いてよかったです。とりあえずこれで一区切り、今週は韓国、来週は友達の結婚式、その次は佐賀でのイベントと、しばらく活動が出来ません。。次回は五月半ばを考えています。

 今回の詳しい報告はまた明日にでも!

とにかく避難所に絵を残していくという活動は、とてもやりがいがあります。絵を描くという手段で、どれだけのことが出来るのか、僕はそれを追求していこうと思います。

今後も引き続きがんばりまーす。


佐賀報告会佐賀でのイベント告知

ミヤザキケンスケ ケニア壁画プロジェクトin SAGA
日時  2011年5月8日(日) 
    Open 19:00 Start 19:30 Close 21:00
場所  浪漫座(旧古賀銀行)Tel 0952-24-4883
入場料 大人1000円 高校生以下 無料(ドリンク代 500円)
内容  ケニアの子供たちの絵画展示と、スライドトークショー


Tシャツライブペインティング (Labo Designe presents)
日時  2011年5月3日(火)〜5月8日(日)
最終日は14時より解体ショー
場所  旧古賀家(佐賀市歴史民俗館) Tel 0952-22-6849
入場料 無料
内容  Tシャツをキャンバスとしたライブペイントと販売

DSC03996 いま僕には夢がある。それはすぐに叶うものじゃないけど、少しずつ行動することで実現可能になると信じている。

 ピカソが描いた「ゲルニカ」、岡本太郎が描いた「明日の神話」、それに負けない壁画を魂をこめて描きたい。それも今回の地震で被害が大きかった沿岸部に、復興のシンボルとして描きたいのだ。
 僕の絵は人を元気にする力がある。ケニアで描いた小学校の壁画、そして最近行なった2つのワークショップを通して、そう確信できるようになった。
 20メートル、いや50メートル級のでっかい壁画を、とにかくみんなが見れる場所に描きたい。それを見れば体中から力が湧き上がってくるような、そんな壁画。

 いま僕の夢はそんな壁画を描くことです。

 今週も絵を描きに宮城にいきます。場所は気仙沼のK−WAVE。僕は大志と信念を持ってこの活動を続けていこうと思います。


c71dee07.jpg
岩沼のビックアリーナで出会った無限くん。絵を描くのが好きだと言っていた彼は、僕に付き添って一生懸命手伝ってくれた。
厳しい状況のなか、彼はとても人懐っこく接してくれた。彼の笑顔はどれほど大人たちを元気づけているだろう。。仲良くなると、僕たちにいろんなものを差し入れてくれようとしていた。バナナやお菓子やいろんな物資のお裾分け。
僕らは受け取れないよというと、とても不思議そうにしていた。とても優しくて、屈託のない少年。なんだかこちらが元気をもらえる。
この活動を始めて、色んな出会いがあったけど、本当に日本人は強いと思える。必ず僕らはもとの生活をとりもどすし、この経験を教訓にすることができる。だからこそいまこの一番大変なときに、個ではなく全体のためにみんながまとまろうとしているんだろう。

↑このページのトップヘ