MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2012年01月

沿岸沿いをゆっくり走ってたけどもう限界。気仙沼でチェーン装着。外はマイナス7度、これはとんでもないことになってきたぞ!宮古までおよそ120キロメートル、やっぱり東北は大きいね!セブンイレブンで休憩後、また北上します。



16

仙台空港で絵を撤去しました。これから宮古市へ出発というときに、無限くんから連絡がはいる。岩沼市のビックアリーナで一緒に絵を描いた少年。久しぶりにお宅にお邪魔しました。すると四つ葉のクローバーのついたフォークをプレゼントしてくれた。なんでも僕にプレゼントするために選んでくれていたのだという。泣きそうなぐらい嬉しかった。
仮設の冬は寒そうだった。。僕に出来ることは少ないけど、知り合えたこと、繋がっていけることが大切なのだ。人生は出会いに満ちている!

これから宮古市に向かいます。ノーマルタイヤの限界に挑戦します。まあ、チェーンは購入済みなので、大丈夫!やるぞー!!無限くんに元気をもらいました。


18

 ロンドンから帰ってきました。今回もバタバタと用事を済ませて帰ってきたような形ですが、ようやくひと段落ついた心持です。姉の事故に関しては僕自身ようやく納得でき、これからは彼女の展覧会のために前向きに向かい合っていこうと思っているところです。
 それにしてもロンドンが、また違って見えた。姉の件を通して知り合った方々、ロンドン時代の友人、新しく知り合った人々、6年前に滞在してた街がいまとても身近に感じれる。姉の件があったからこの街を嫌いになるかと思ってたけど、その逆だった。いまはロンドンでの展覧会がとても楽しみだ。

 日本に帰って、早速素晴らしいニュースが入ってきました。シンガポールアートミュージアムでお見かけした南條史生さん。日本ナンバーワンの美術評論家にしてアートディレクター、そして六本木ヒルズの森美術館のトップでもある彼に、先日メールを送らせてもらいました。まあ返信してもらえなくとも自分の活動を知ってもらいたいというぐらいの気持ちだったんだけど、想定外に早い展開があった。
 森美術館の方から連絡があり、何と3月末に行われる六本木アートナイトでのトークを打診されたのだ。なんてこった!間違いなく今の日本の重要なアートイベントの一つ、そこで自分の活動を紹介できるなんてちょっと夢みたいだ。もちろんまだ調整段階だから何ともいえないけど、こうやって人は繋がっていくのでしょう。

 明日からまた東北に行きます。仙台空港のキャンバスの回収が目的ですが、そこから帰ってきたらそのまま佐賀まで南下します。移動距離は2000キロを越える大移動、なんだかとても大変そうだけど本人は楽しんでいるから大丈夫。さあ、車内で聞く音楽でも探しに行こう!


30

 ロンドンに来て数日がたちました。先日事故を検証するインクエストがありました。弁護士さんと前日からみっちり打ち合わせができたので、聞きたい質問はすることができ、やれることはやったという思いです。気が向けば今度ロンドンの交通事故の事情を書きたいと思いますが、まあようやく落ち着いたかなという感じです。
 昨日は姉の展覧会のために先生やギャラリーのオーナーなど、中心になる人たちとミーティングを開きました。オランダから哲郎に参加してもらったことでミーティングはスムーズにいったのですが、まずは会場探しをしなければなりません。これからいくつかのギャラリーを見て回るつもりです。いい場所でできるといいなあ。。。

 昨日からミカさんのお宅にお世話になり、ようやくゆっくりネットに繋がれたところです。これからやることは山ほどあるけど、みんなの協力体制は万全なので大丈夫。ANAの深谷さん、大田代さん、弁護士のエノスさん、ニール先生、ルシール、ポウロミー、ミキちゃん、ニコ、哲郎どうもありがとう。

 ロンドンでも人に助けられながら何とかやっています。


aaa

 今日は大学で授業をやらせてもらいました。斎藤先生の授業の時間を使わせていただき、東北やシンガポールの活動、そして七夕ワークショップも行いました。今からちょうど一年前に同じように授業をやらせてもらったんですが、授業が終わった後、「一年前とはずいぶん変わったね」といわれました。
 たしかに、この一年いろんなことがありました。さまざまな状況に対峙し、そのたびに自分に何ができるかを考え、それを実行してきました。それが大きくても小さくても、それが僕の全てだという開き直りがあった気がします。震災を目の当たりにして、自分に何ができるか真剣に考えた一年間。

 明日からロンドンへ行きます。姉の事故の報告を聞きに行くのが渡英の理由ですが、同時に姉の展覧会の会場と日程も決めようと思っています。これも僕にしかできないこと。優先順位なんてなく、ただ目の前にあるやるべきことをやる、これがこの一年で変わったことかもしれません。




IMG_7033

 明日は筑波大学の教授に呼ばれて授業をします。久しぶりにやらせてもらう授業だけど、考えてみればおもしろい。僕の卒業した学科は洋画だけど、呼んで下さる先生は洋画ではない。たった一学期間授業を受けた芸術支援学の先生なのだ。
 最近の僕の活動はボランティア的なことが多いので、先生の専攻分野に近いのかもしれない。そして僕自身その学生に向けて話ができるのはありがたい。もしも話の中で興味を持ってくれる学生がいれば、プロジェクトに参加してもらえばいい。僕自身そうなれば楽になるし、彼らにとってもいい経験になると思う。特にこれから被災地での活動を続けるには、ボランティアスタッフを集わなければならないこともある。

 まだまだ未熟な僕ですが、フリーで活動してるからこそ学生たちに伝えられることもある。明日は一発かましてやろうと思います!


_MG_2900

 無事に新座の家まで帰ってきました。今回走った距離はなんと1500キロ!佐賀に帰るより走ったってことね。。だけど前の車より断然楽に旅することができました。
 まずは報告、2月中旬に宮古市でスクールバスに絵を描かせてもらえることになりました。カラフルでド派手に塗って、見た人を元気付けるようなバスにしたいなと思っています。久しぶりの東北プロジェクト、気合を入れてやろうと思います!

 また、現在仙台空港に遠見塚小学校で描いた絵を展示してもらっているのですが、7月後半から8月中盤にかけての仙台七夕シーズンに、シンガポールでも行なっていた「七夕ワークショップ」の七夕飾りを飾ってもらえることなりそうです。仙台空港は津波の被害にあった復興のシンボルとも呼べる場所、そんな場所に飾れるなんて本当に嬉しいです。。

 人それぞれ人生の目的は違うけど、僕は「思いを形にする」ことを重要視しています。自分が思ったこと、感じたことを形にして、できればそれを多くの人に見てもらい、思いを共有したい。それが僕の作品作りであり、やりたいことです。お金にならないこともあるけれど、一つでも多くの作品を作り、形にしていくことが僕の生きがいなのです。



26

 昨日は仙台市体育館に展示していた絵を取り外し、押柄さん宅で飲み会!総勢9人でのてっちり鍋会は、とてつもなく盛り上がりました。シンガポールナイトを思い出させるような夜、人が集まるとどうしてこんなにおもしろいんだろう。。。
 明らかにフラフラな状態で、今日は朝から仙台空港で絵の設置をしました。一階のセンターロビーと呼ばれる場所に、ドーンと飾らせてもらいました。これならきっと遠見塚の子供たちも喜んでくれるはず!1月31日まで展示予定です、ぜひぜひ皆様見にいらしてください。

 いつものように手伝ってくれた仙台の仲間に感謝しつつ、多賀城の石川さん宅にて新年のご挨拶をして、その足で宮古に向かいました。
 宮古市は岩手県だから、すぐだと思っていたのですが認識が甘かった。。。仙台からさらに300キロ近くあり、かなり遠かった。しかも山越えがあるので道路はカッチカチ、チェーンをつけてのろのろ運転をしてきたのですが、到着は夜の10時ごろでした。。 

 今回は風呂に入りたかったのもあり、珍しくホテルを取りました。ホテルでようやくゆっくりできたところで、ふと自分のことを考える。こんなところまで一人でやってきてしまう僕は、相当変なヤツだろう。会社でもない、仕事でもない、ましてボランティア団体でもない。善意の気持ち、というよりむしろ「おもしろそう」っていう誘惑が僕を突き動かしているのでしょう。明日は副市長さんとの打ち合わせ。今回もまた、おもしろいことが始まりそうです。

 仙台の絵描き仲間の山田さんが、被災地をまわって人生観が変わったといっていた。去年末にショップオープンさせ、店中を全部ペイントしてしまっていた。彼は僕に

 「人生ふざけるしかないよ」

っといった。真剣にふざける、これが彼が思い至った境地らしい。



9MB

 明日から仙台入りです。ちょっと計画が狂ってしまいましたが、明日仙台の仲間と会い、明後日仙台空港に展示してきます。宮古市には月曜日行くことになりそうで、2泊3日の旅行となりそうです。
 新しい車になって、エアコンも効くし、音楽も聴けるし、窓は閉まるし、ガラスは割れてないし、70キロ以上出るし、煙が出ることもない。とても快適だ。。。こんな快適な乗り物で東北に行くなんて、なんだかピンと来ない。嬉しいような、ちょっとらしくないような、なんだか複雑な気持ちです(笑)。

 明日の夜は仙台で知り合った友人たちと飲みます!かなりの大所帯になりそうだけど、とても楽しみです。東京、佐賀、つくば、雲南、そして仙台、僕の知ってる場所がどんどん開拓されていき、いつか一つに繋がってしまうんじゃないかとさえ思います。そこに住んでいなくても繋がっていける関係ってとてもいいと思う。明日が楽しみです。

※写真は矢野ファミリーに送った絵。久しぶりに描いた細かい絵でした。



IMG_2301

 今週末は東北へ行きます。目的は3つ。一つは現在仙台市体育館にある遠見塚小学校の子供たちと描いた絵を仙台空港に飾ること、一つは岩手の宮古市の方と打ち合わせをすること、そして最後に昨年お世話になった方々に挨拶をすること。移動が多くなる今年の一発目という感じです。長らく無理をさせていた花柄ワゴンに変わって新しい車で向かうのでだいぶ楽になるとは思いますが、雪が降らないことだけ切に願っています。。。

 ケニア、東北、シンガポールと経験して、だんだんと自分が進むべき道が見えてきている気がしています。僕が今やろうとしていることはコミュニティーアートと呼ばれるもので、様々な場所でアートワークを使った交流をし、住民と一緒にアートを作る。いろんな人とのかかわりの中から作品を生み出していくこのスタイルが、少しずつ確立されつつあります。アーティストとしてはこれからが勝負で、ここからどう展開していけるか、どれだけ多くの人に響く活動できるか、僕の真価が問われるところです。
 世界中のあらゆる場所に、その場所の人々と一緒に絵を描く。そのためにはもっと素晴らしい絵が描けるようにならなければならない。枯れ木に花を咲かせる花咲かじいさんのように、アートで街を明るくする活動をしていければ、と思っています。




↑このページのトップヘ