MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2013年09月

DSC04706

 一つ目の展示、「World Bird Delivery」がもう少しで完成です。月曜日に展示で、4,5,6日と子供たちが参加するワークショップで手紙を投函してもらいます。15種の鳥がポストに入っていて、彼らが手紙を運ぶという設定ですが、鳥にはそれぞれ名前がついていて、その鳥は僕が世界中でであった人たちからとっています。誰が一番人気の鳥になるのか、オッズをしてみようと思います(笑)。

DSC04664

 久しぶりにネットをちゃんと見ました。それぐらい忙しく、来週からの展示の準備は今架橋を迎えています。今回の展示ではインドネシアのカブールというアーティストと一緒に展示するのですが、制作も同じ場所でしています。彼らはアーティスト仲間も多く、がやがやと人が集まってきて食事に行ったりします。タイミングが合えば僕も一緒に行くのですが、彼らの陽気で明るい感じはとても心地よく、すぐに仲良くなれます。
 日曜日まで制作して、月曜日に一つ展示をすませ、火曜日にもう一つ。まさに踏ん張りどころです。がんばりますー


DSC04598

 週末はとにかく展示の準備に追われました。今回は初めてプロジェクターを使った作品に挑戦しています。しかしなかなか思ったとおりにいかずに試行錯誤しています。いろんな人に助けられながら、少しずつ完成を目指しています。
 そして今日がシンガポールグランプリの決勝でした。いつにもまして人が多く、僕にとっては障害のほうが多いこのイベントですが、夜エスプラネードで作業をしていたら花火の音が聞こえてきました。急いで外に出てみると、みんなチェッカーフラッグを振りながら大盛り上がりしていました。ゴールした直後だったらしく、テレビではベッテルさんが表彰されていました。帰りにまた公道にもどる道路を通りながら、夢の終わりを感じました。。
 明日はお願いされていたワークショップを行います。さあ勝負の一週間です、がんばろう!
DSC04615


DSC04582

 結構日程がタイトで、急いで作品制作を行っています。まずはワークショップで使うポストボックス、鳥が手紙を運んでくれる設定になっています。どの鳥のボックスが一番人気になるのか、ひそかに楽しみにしています。。。
 エスプラネードの外はF1真っ只中。観光客と警備員でごった返しています。実はこれで3年連続シンガポールグランプリを見ることになりました。毎年スタッフパスがもらえるので、F1が走るところを目の前で見れます。でもハンパなくうるさい!
 今年はカムイも出ていないし日本人的にはちょっと寂しいけど、個人的にはハミルトンに期待しています。・・・はい、ゴメンナサイ。知ったかぶりです。

DSC04573


 シンガポールのドリアン型文化施設、エスプラネードにて展示を行います。「I imagine」という企画で、映像のインスタレーションを展示します。また10月4,5,6日はシンガポールの子供の日のための展示と、ドローイングコンペティションの審査員を行います!シンガポールの方、いらっしゃいましたらぜひ。


Esplanade Jandela 「I imagine」
4 October – 4 November 2013

Esplanade Concourse 「World Bird Delivery」
4 – 6 October 2013

http://www.esplanade.com/octoburst/2013/colouring-fun---drawing-competition.html



DSC04564

 エスプラネードでの制作がスタートしました。今年も地下の作業スペースを使って、こもりっきりの制作です。今回はインドネシアのアーティストも一緒なので、少しずつ会話をしながらの制作です。
 しばらく英語を使っていなかったので、最初はなかなか言葉が出てこない。僕の英語力は日常会話程度なので、表現は限定的である。いくつかの表現方法の活用で会話をしているから、難しい言い回しはできない。よってたまに「嘘」をつくことになる。細かく伝えることができないから、ザックリと嘘をつく。例えば、

「シンガポールの街はどれぐらい知ってる?」

と聞かれたら、すでに5,6回来ている自分としては、「まあまあ知ってるよ」と答えるのが普通だろう。だけど会話を続かせたいという意識が働くのか、

「あんまり知らないんだけど、おもしろいところあるの?」

なんて白々しいことを言ってしまう。すると当然知っているマリーナベイサンズやシンガポール動物園、植物園や、美術館情報など、知っている情報を与えてくれたりする。こうなるとすでに全部行きました、なんて言い難くなり、

「あーそうなんだ!」とか「今度行ってみよう!」などと、まったく実りのない嘘会話を続けてしまうことになる。

 そういう過去の黒歴史を払拭すべく、今回は大きな目標がある。ストップ嘘会話、ストップ答えが分かっている質問攻め。英語の会話能力を、今回は一段落上げてみようと思う。



DSC04550

 おはようございます。台風が過ぎて、本日は晴天です!これからシンガポールへ行ってきます。これで何度目の渡星か忘れてしまいましたが、今回はちょっと気合が入っているので特別な気持ちです。とりあえずシンガポールで落ち着いたら、まめに更新していこうと思います。いい作品作るぞ!




DSC04546

 大学院の最後の夏休み、北海道のペンションで住み込みのバイトをしながら制作をしていたころに、富良野市の100周年のお祭に行った。あるブースで10年後の自分に手紙を書く企画があったので、おもしろ半分に参加したのだ。
 その当時まさにあいのりから帰ったばかりで、大学にいると周りが騒がしく、思わず北の国からの富良野まで雲隠れしていたのだが、普通の人生では経験できないようなことが経験できたけど、果たしてそれが将来自分にどんな影響を与えるのか全然想像できなかった。
  あれから10年。世界を周り、絵を描いて生活をする。それはある程度できたけど、だからといってけして満足できない現状。もっともっとやれるはず、もっともっとできるはず。自分自身の期待を裏切らないように、精一杯やるしかないんだよね。果たしてさらに10年後、44歳の自分はどうしているんだろう??







バルーン

 佐賀で毎年行われるバルーンフェスタ。子供のころは早起きしてバルーンが飛び立つ瞬間を見に行った記憶がある。嘉瀬川の河川敷で轟音と共にドンドンと膨らんでいくバルーンたち、そのうちそれらは飛び立ち、あっという間にはるかかなたまで上昇していく。飛行機と違って風任せで飛ぶバルーンは田舎の風景によく合う。
 バルーンの風景は僕の故郷のイメージそのものです。



espla1

 東京オリンピック開催決まりましたね!!これは本当にうれしいです。7年後の2020年、できることなら何らかの形で東京オリンピックに関わる仕事がしたいですね、一つのモチベーションができた気がします。開催に向けてご尽力した方々に感謝と敬意を表します。
 僕らの世代は高揚感を体験していない世代だと思う。1964年の東京オリンピックの話を両親から聞くにつれ、国としての盛り上がりや、発展していく街のエネルギーに躍動していた世代をうらやましく思っていた。だけど今度は僕らがそれを体現できる番、いまから2020年が楽しみでしょうがありません。

 現在シンガポールでの展示の準備を進めています。今回は久しぶりのインスタレーション作品の展示で、しかも映像を使います。初めての試みだけど、いいものができればと思っています。来週には出発なので、そちらの報告もしていきますね!







↑このページのトップヘ