MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2015年11月

IMG_3897

 昨日はモラージュ佐賀で「世界をつなぐ絵を描こう」の初回ワークショップを行いました。佐賀県と一緒に行う初めてのプロジェクト、このモラージュを皮切りにこれから九州6県、7カ所でワークショップを行っていきます。っということは毎週九州に通うことになるということです。久しぶりの長期ワークショップ、とても楽しみです!

IMG_3922


IMG_3925


 モラージュでのワークショップは大成功でした!子供たちが思い思いに世界中の人々の姿を描き、これからドンドン佐賀県がグローバル化していくといいなというメッセージが込められています。完成をお楽しみに!!

IMG_3911




12250082_981253731917956_8925364520541865172_n

佐賀空港に巨大絵画を展示します!!

 佐賀空港の国際化を目指し、九州の子供たちと共同で巨大なタペストリーを制作することになりました。明日そのオープニングで、ベースを佐賀の子供たちと制作します。「世界をつなぐ絵を描こう!」っというテーマで、佐賀、福岡、熊本、大分、長崎をこれからまわって完成させていきます。

会場とスケジュールは以下の通り

11月28日(土) 佐賀市モラージュ 13時より
12月5日(土)  イオンモール大牟田 14時より    
12月6日(日)  ココウォーク長崎 14時より
12月12日(土) パークプレイス大分 14時より
12月13日(日) ソラリアプラザゼファ(福岡) 14時より
12月20日(土) 熊本市現代美術館 14時より
12月26日(土) 佐賀県立宇宙科学館(仮) 14時より


参加資格は小学生以上で、参加無料です。各会場20名限定で行いますので、ぜひ小学生以上の子供さんがいらっしゃる方はチェックしてください!今年最後の大仕事です、宜しくお願いします!

11月28日(土) モラージュ佐賀でのイベント内容です

http://www.mallage.com/saga/event_list.php#event442

世界を繋ぐ絵


IMG_2776

 先日都内で佐賀県主催のパーティーがあったのですが、そこで初めて佐賀県知事の山口祥義さんにお会いしました。そこで僕のペイントシューズに興味を持っていただき、今回なんと知事用のペイントシューズを描かせていただきました!
 サガンブルーを基調に、有田焼、唐津くんち、吉野ヶ里、佐賀平野、佐賀牛、呼子のイカ、バルーン、佐賀米など、佐賀をふんだんにPRしたシューズです。普段はいていただけるということでしたので、このシューズを履いてぜひ佐賀を世界に発信していただきたいと思います!知事、ありがとうございました!

知事シューズ


 さらに県庁の方にも一足注文いただき。こちらはド派手に黄色基調のオリジナルシューズをペイントしました。こちらもバッチリ佐賀です。佐賀でこのシューズが流行しそうな予感です。

saga1


ペイントシューズはこちらから注文できます
http://www.miyazakingdom.com/deliveryking/


 また明後日の土曜日はモラージュ佐賀にて子供対象の絵画ワークショップを行います。小学生以上が対象で、限定20名です!ぜひご参加くださいー


絵画ワークショップ
モラージュ佐賀 2F サンキ前
11月28日 13時より
参加無料 20名限定













IMG_1395

 ちょうど去年の今頃、一大決心をして家を購入しました。まさか自分が家を買うなんて想像もつかなかったけど、今はよく決断したなと思っています。家を探す際に考えたのが絵を描くための家の広さと都内までのアクセスで、そのギリギリのラインが流山おおたかの森でした。おおたかの森はつくばエクスプレス線が通って新しく作られた駅で、いまはガランとしていますが、これから4、5年で大きく成長する街といわれています。
 都内に比べると土地が安く、中古ですが庭付きの一軒家を購入することができました。節約のために自分で家具を作ったり自転車小屋やデッキを作ったりしているのですが、それ自体が楽しくていまや僕の趣味になっています。結婚して子供がいて家を買うなんて、ロンドンにいたころの僕からすれば想像もできませんが、人生とは分からないものです。
 最近思うのは、夢でいっぱいだった10代より、ギラギラと突っ走った20代より、いまの30代後半という時間のほうが楽しいです。ようやく自分というものが理解できるようになり、世の中的にも認められてきて、人生の目標がはっきりとしてくる。闇雲に走るのではなく、明確な目標に向かって一歩一歩進める幸福感は、何物にも代え難いことです。あとどれぐらい人生の時間があるか分かりませんが、もっともっと高みを目指して今後とも努力していきたいと思っています!



 

glf0017-026

 昨日、とんでもないことが起こりました。僕の人生で一切関わりがなかろうと思われた「GOLF」というスポーツを、ある人の導きで始めることになりました!ある人とは僕が一番お世話になっている制作会社の社長さんなんですが、なんとゴルフの道具一式をプレゼントしてくださったのです。それこそクラブはもちろん、シューズやグローブにいたるまで。。。一緒にやる仲間が欲しいとのことだったのですが、僕にとっては青天の霹靂。お金がかかりそうな競技なのでどこまでやれるか分かりませんが、とりあえずうちっ放しにいってきました。
 それにしても運動不足とは恐ろしいもので、何球かうっているうちに体中が痛くなり、既に筋肉痛です。これはいかん、大自然のコースをまわれるようにこれからちょっとトレーニングしてみようと思います!いざ、ゴルフ入門!


IMG_3232

 沖縄に行ってきました!今回は東ティモール壁画プロジェクトの関係で、宮良多鶴子さんとい東ティモールを支援する活動をされているソプラノ歌手の方にご同行させていただきました。沖縄に行くのは小学生以来なので25年以上ぶりでしたが、この季節でTシャツ一枚でいれるという奇跡の南国でした。
 宮良さんが今帰仁村と東ティモールの子供たちの交流プログラムを行われているところを視察したのですが、沖縄の子供も東ティモールの子供もとても元気で楽しいプログラムでした。今帰仁村の教育長である新城さんに案内してもらって今帰仁村をまわったのですが、改めて沖縄の自然の素晴らしさ、文化の素晴らしさ、人の素晴らしさに感動しました。こんな素晴らしい場所が日本にあったとは!

IMG_3592


 来年行われるこのプログラムに僕も参加させていただき、アートで今帰仁村と東ティモールを繋げることが出来たらいいなと思いました。東ティモールの方たちとも交流することが出来、来年のイメージも少しずつわいてきました。また楽しいプロジェクトになりそうです!!
 東ティモール、今帰仁、新しい出会いが何か面白いものを生んでくれそうな気がしています。

IMG_3479






_DSF5766

 先日ある人と話をしていて、「あなたの20年後のプランを聞かせて?」と言われました。
 直球で聞かれたその言葉に、一瞬答えるのにまごついてしまいました。頭の中ではいつも描いていたはずなのに、いざ言葉にしようとするとすっと出てこない。頭がクリアになっていなかったのだと思います。
 日本にいると、今までやってきたこと、これからやろうとしていることを説明する機会はよくある。なので分かりやすく筋道を立てて話すことができるけど、一方で20年先にやりたいことを聞かれることはあまりない。逆に海外では、将来のビジョンと言うか、自分が描いている「夢」を先に話してから、現在行っていることを説明することが多い。そうしないと相手を納得させられないからだ。
 日本では、あまり現実から離れている「夢」を語ることはよく思われない。高卒ルーキーが、「メジャーで三冠王をとりたい」というと、「プロ野球も経験していないのに、なんてやつだ!」っと叩かれるのがオチで、せめてプロで活躍してから口にするべきだと考える人が多い。だから用心深く、心の中に描きながら、言葉には出さずに時が来るのを待つ。だけど言葉にしていくことで現実にできることもある。
 僕自身、最近はあまり夢を語っていなかった。自分の中では10年後、20年後にやっていたいことはあるのだけど、口に出していないせいで、ぼやけている部分があったのだと思う。はっきり思い描けない夢は叶えることが出来ない。もっともっと夢を口に出していこうと思う!









saga1

 今年は本当にいろんなことがあり、一年前がとても遠く感じます。この一年で家を買って、引っ越しして、ケニアに行って、子供が生まれて、本当にめまぐるしかった。一年前はまだ日暮里でケニア行きの準備をしていたことを考えると、遠い昔のことのように感じます。
 自分の絵を描くスタンスも若干変わってきたように思います。一年に一度行う壁画プロジェクトを軸に、個展を行い、ワークショップをし、ライブペイントをしたりするのですが、何となく生活にリズムが出来てきました。昔は型にはまってしまうのが嫌でむしろ不安定な方がいいと思っていたけど、リズムある生活は見通しが立ち、心の平穏があります。
 ここ最近は子供から大学生まで、幅広い世代に話をする機会があります。世代によってアプローチする方法は違うのですが、ブレずにどの世代にも対応できるのは、この安定した活動基盤のおかげだと思います。これからはその活動の質を上げていく時間、より楽しい時間が待っているような気がしてなりません。



IMG_3459

 今日は中野にある大妻中野中学高等学校で講演をしました。女子校ということでどんな雰囲気なんだろう?と少し心配もありましたが、とても熱心に話を聞いてくれる生徒ばかりで楽しい時間になりました。
 なんだかんだと人前で話す機会は多いのですが、まだ自分自身発展途上であるために、確信めいた話はできません。ただやってきたことと、これからもやり続けたいこと、その一貫した思いを伝えるようにしています。僕は不器用であったために壁にぶつかることも多く、そのたびに「なぜ自分はこれをやるのか?」ということを自分自身に問い続けてきました。自分の行動の芯にあるものが何か、それを知ることが強い思いを持つ手段だと考えています。
 話を聞きにきてくれた生徒たちは、とても前向きな雰囲気の子が多く、力強さを感じました。帰国子女の子が多いということもあり、オープンでフレンドリーな女子生徒たちとの会話は僕にとっても新鮮で、時代は少し変わってきているのかな?という気もしました。
 これからの時代は分野や世代に関係なく、率直に意見を交換できる雰囲気作りが必要だと思います。そういう意味では、とても進んだ感覚を持っている東京の子供たちに出会えた気がしました。関係者の皆様、本当にいい機会をありがとうございました!最後に今度のOver the Wall に持っていくつなぎをみんなで作りました。

IMG_3477





12122603_971124192930910_2387238988449048738_n

 大学時代の僕はとっても尖っていたので、あんまり先輩と上手につきあえなかった。卒業後ロンドンに渡ることになり、大学の先輩がいるということでトッテナムコートロードでその先輩と待ち合わせをして、ロンドンのノウハウを教えてもらうことになった。
 先輩の名はユウイチさん、それから時々会うようになっていろんな話をするようになった。彼は筑波大学を出た後、大手家電メーカーでデザイナーとして活躍するも数年後に退職して、ロンドンで大学に入り直していた。僕とはタイプが全く違うけど、話をしているとどんどんクリエイティブなアイデアがあふれてくる、そんな人でした。僕は彼のことをロンドンイリュージョニストと呼んでいて、僕が帰国した後もロンドンで働いているユウイチさんとは連絡を取り合っていた。
 昨日はそのユウイチさんがイギリス大使館で、デザイン界の大御所たちと肩を並べて講演するということで、冷やかし半分見に行ったのだけれど、彼のグローバルで世界規模なプロジェクトにはただただ圧倒されるばかり。こんなに身近な人が世界に影響を与える仕事をしているなんて、とても不思議な気分でした。
 その場には大学の先輩やロンドン時代の友人たちがずらりと来ていて、皆さん素晴らしい仕事をしている方ばかり。デザインとは関係ない僕でしたが、彼らとの話はとても刺激的で楽しかったです!久しぶりに深い話を思う存分できて、僕もやらないと!!っと思えました。

 人生で大切な友人とは、こういう話ができる人たちだと思います。

aspx


↑このページのトップヘ