MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2015年12月

98aca969

 僕の夢は絵描きになることでした。でもそれは誰かに認められたいとか、名を残したいとか、そういうことではなく(あったとしてもそれは手段でした)、「絵を描いて生活できるようになること」そのものが夢だったのだと思います。
 ある意味割り切っていたおかげで変なプライドもなく、やれることはなんでもやるスタンスでどうにか生活ができるようになってきました。僕の中では「絵を描く人生ゲーム」をしていたような感覚があります。とてもスリリングで楽しかったけど、そろそろ次のステップに進まないといけないなと感じています。

 僕は本当の意味での絵の追求は、絵だけを描ける環境が整ってからでも良いと考えていました。80まで絵を描くとして、40歳からでも40年はある。あまりに早くやり尽くしてしまうと、最後はすっからかんになって出がらし状態になるのではないか?という不安もありました。ですがすでに37歳、いくらなんでもそろそろ絞り出さないと、結局なんにも出ませんでしたになりかねない。おいしいものを残して腐らせる、というのはよくある話です。

 自分が本当に描きたいもの、表現したいことを真剣に考えだしています。これまでの経験をふまえて、自分のためだけに描く作業を少しずつ始めていきたいなと考えています。2016年に向けて、静かに自分の中のプロジェクトが始動しだしています。



IMG_4355

 今年最後の九州往復が終了し、7カ所で行った佐賀空港プレゼンツ「世界を繋ぐ絵を描こう」ワークショップは無事に終了しました。最終日は佐賀県立宇宙科学館で行ったのですが、たくさんの子供たちが集まってくれてこれまでで一番手応えのあるWSになりました。最初に行ったライブペイントも、館内に飾ってくださるということでした。

IMG_4384


 佐賀で始まり、大牟田、長崎、大分、福岡、熊本、そして佐賀に終わる。140名の参加者と共に描いた世界の人々は、140通りの表現で、とても面白かったです。子供の絵がなぜこんなにもエネルギッシュで魅力的なのか、改めて考える機会になりました。

IMG_4368


 WSで集めた絵を一枚一枚切り取り、貼付ける作業を行いました。完成はもう少し後ですが、なかなかパワフルな絵が完成しそうな予感です。お披露目は来年、ぜひ佐賀空港に見にいらしてください。今年最後の大仕事も一段落が着いたところです。

IMG_4399




95025949


 メリークリスマス!今年もついにクリスマスですね、長かったような短かったような不思議な一年でした。今年はミヤザキングダムのカレンダーも壁掛け用を制作しまして、大変ご好評をいただきネット販売分はソールドアウトということになりました。そこで来年に向けての試作品20部もみなさまにプレゼントしたいと思います!(12月31日まで)
 とはいえ送料もかかるので、ミヤザキングダム卓上カレンダー(1000円)をご購入いただいた方に先着20名様、壁掛け用カレンダー(3000円相当)をプレゼントしたいと思います。この壁掛けカレンダーはサガシキさんとのコラボ商品で、使用後はポスターとしても利用できる形状になっています!
 ミヤザキケンスケの楽しい絵で2016年を過ごしていただければ幸いです!

卓上カレンダーの購入はこちらから
http://miyazakingdom.shop-pro.jp/?pid=95025929

※無くなり次第終了とさせていただきますので、ご了承ください。



12366451_971283662945497_5076551434096135877_n

 来年1月にデザイナーの香月裕子さんとブランドを立ち上げることになりました!!これは僕の長年の夢で、世界の子供たちが描くパワフルでエネルギッシュな絵をみんなに見てもらいたい、絵を描くことの楽しさを多くの人に広めたいという気持ちがありました。そして商品化することで不遇の環境にいる子供たちの一助になればという思いからこのブランドを立ち上げるに至りました。
絵を描くことが単なる心のいやしだけでなく、お金を生み、生活を変える可能性もあると伝えたい気持ちもあります。今後は香月さんと一緒に、マゴソスクールの子供たちの絵や、これから出会う世界中の子供たちの絵の魅力を伝えていければと思います。

<ミヤザキケンスケと香月裕子の出会い>
 テキスタイルデザイナーの香月さんとは、2010年のケニア壁画プロジェクとの報告会で出会いました。ケニアの子供たちが描いた絵のパワーに感動した彼女が、ぜひこの絵を使ったデザインをしたい!っといってくれたのがきっかけでした。これまでこつこつとコンセプトを話し合い、思いを共有しながらここまできました。彼女のセンスの良いデザインで、これから子供たちの絵がどう生かされていくのか、楽しみでなりません。来年のブランドリリースをお楽しみに!




IMG_3778

 うちは共働きなので自分も積極的に育児をする必要があり、基本的に何でもやっています。昨日は久しぶりに時間が出来たので子供と2人で一日外出しました。するといろんなことに気づきます。例えば授乳室(休憩室)でミルクをあげようとしても、中に女性がいると何となく気まずい空気が流れます。特に平日の昼だと男性が珍しいのでしょう。6ヶ月検診があったので病院に行ったのですが、やはりそこでも微妙な空気になります。もちろん皆さん好意的に接してくださいますが、気を使われることも多いのだと思います。
 そんな帰りのエレベーターで年配の男性に、

「いま流行のイクメンというやつですか?」

と冗談まじりに言われました。これまでイクメンとは育児に協力的でいい意味だと認識していましたが、その瞬間「あ、違うな!」っと思いました。

勘違いかもしれませんが、この「イクメン」という言葉の裏に、仕事をせず妻の収入で子育てをする男の人、っという意味が含まれていると気づきました。それが悪いことではありませんが、平日の昼間に会社員とは思えない風貌の僕だったからでしょうが、新鮮な驚きがありました。やはり男性が子育ての世界に参入するにはまだまだそれなりに障害がありそうだなと思った一日でした。





12347978_159850797705074_3348085463912760856_n

 アルケッチャーノのシェフ、奥田さんとの出会いは宗像での環境会議でした。そこで本の挿絵をたのまれ、あれよあれよという間にこの度の本の出版に繋がった訳です。奥田さんはとてもマルチな方で、料理人として一流なだけでなく、経営者としても、営業としても、おそらく絵描きとしても素晴らしい才能をお持ちです。独創的な想像力から、オーガナイズ力、実行力で様々なことを実現している姿は圧巻です。
 たまたま近所の柏の葉に奥田さんのお店があることもあり、時々にランチに誘っていただきます。とてもおいしいお料理をいただきながら聞けるお話は、人生のためになるものばかり。もっと自分もがんばらないとなーと素直に思える瞬間です。
 
 奥田さんと制作した「地方再生のレシピ」、ミヤザキングダムでも販売しております!

http://miyazakingdom.shop-pro.jp/?pid=95026669

よかったらどうぞ!



12390964_1003284366394304_3925022931146761038_n

 先週末も九州にて「世界を繋ぐ絵を描こう」ワークショップを行いました。このワークショップでは子供たちに世界中の人々が民族衣装などを来ている姿を描いてもらい、最終的にすべて一つにして佐賀空港に飾られます。国際空港として再出発する佐賀空港をPRするプロジェクトなのです。
 これまで佐賀、大牟田、長崎、と行ってきましたが、先週末は大分、福岡で行いました。せっかくいろんな場所に行くのだからと、ワークショップの後は町をぶらついたりします。長崎、大分、福岡、どれも県庁所在地は大都会です。それにくらべて佐賀は、、、という気がしてなりません。
 しかし佐賀空港がもっと大きな役割を果たすようになれば、きっと佐賀も発展を遂げるのではないか?そういう思いもあり、このプロジェクトには並々ならぬ思いがあります。地元をもり上げる力になれるなんて、なかなかないことですから。

 今週は熊本市現代美術館にて、再来週は佐賀県宇宙科学館でフィナーレです、九州7カ所、140人の子供たちに描いてもらった絵を合わせるとどんなパワーを生むのか、今から楽しみでなりません。作品の発表は来年の一月を目標にしています。どうぞお楽しみに!!

12391171_1003284866394254_8855652056271677882_n











12349645_10206432207502967_713707947_o

 昨日は大伝馬町で壁画プロジェクトの忘年会を行いました。昨年行ったケニア壁画プロジェクトから、世界壁画プロジェクト「Over the Wall」と発展を遂げ、今年はスタートの年でした。2014年からの一年でメンバーの結束も高まり、それぞれがとてもいい関係で関われているような気がしています。
 僕自身勉強になることが多く、主催者ではあるのですが別にリーダーという訳でもなく、まさに皆さんに支えてもらっています。来年はさらに大きな流れになっていきそうなので、また少しずつご報告していければと思っています。

12359303_10206432219103257_31791116_o

 忘年会では佐賀の酒「ふるかわ」が投入され、大いに盛り上がりました!やっぱりみんなで飲む酒はおいしいですね。また新年会用に仕入れようと思います!
 今年ケニアでプロジェクトを行ったというのがにわかに信じられませんが、それだけ濃密な一年だったのだと思います。毎年いろんなことが経験できる今の環境に感謝です!来年もがんばろう。

12366877_10206432232343588_631181732_n




12341345_999296126793128_1343673450841426390_n

 佐賀空港とのコラボ企画、「世界を繋ぐ絵を描こう」ワークショップは初日の佐賀に続き、先週は大牟田、長崎と行いました。毎回ちゃんと集まるか不安を感じながらも、最終的には全員集まりいい感じでワークショップは進んでいます。今週は大分、福岡、来週は熊本、再来週は武雄。年末まで忙しいですが今年最後のビックプロジェクト、2015年の締めくくりにふさわしい作品を完成させたいと思っています。

 最近なぜ子供の絵はこうも魅力的なのか?と考えています。彼らの屈託のない表現は、見るものを温かい気持ちにしてくれます。しかし彼らは意図してそう描こうとしている訳ではなく、一生懸命描いた結果がそういった絵になっているのです。時として写真のようにリアルな絵より、こういった絵に惹かれるわけは、そこに人間らしさがかいま見れるからではないでしょうか?人間は完璧ではなく、曖昧さ、緩さ、だらしなさがあり、だけど一生懸命その不完全なものを埋めようと努力している。それが垣間見えるのが絵の魅力ではないでしょうか。
 僕も上手になるのではなく、人間性がにじみ出る絵をこれからも一生懸命描いていきたいと思います。

12347648_999296456793095_1828229392194978054_n




IMG_3952

 昨日、今日と母校の佐賀北高等学校にてワークショップを行いました。佐賀空港に展示用の巨大タペストリーの下絵制作を担当してもらったのですが、さすが芸術コースの生徒たち、とても巧みに作業を進めてくれました。
 それにしても久しぶりの母校、校舎が新しくなっていてなんだか雰囲気も一新されているような気がしました。僕らがいた頃は男塾のような(女の子の方が多いのだけど)緊張感があって、美術準備室に入るのも緊張したんだけど、その印象もガラリと変わり時代の流れを感じました。
 高校生と接しながら当時のことをぼんやりと思い出しつつ、作業させていただきました。明日はイオンモール大牟田で、明後日はココウォーク長崎にて、それぞれ「世界をつなぐ絵」ワークショップを14時から行います。お近くの方はぜひお子様連れでお越し下さい!!

IMG_3965




↑このページのトップヘ