MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2017年02月

IMG_0184

 連日のワークショップ、今日は菖蒲でした。プレゼント箱のデザインをこども達にしてもらい、僕がそれをアレンジしながら作品を制作しています。このワークショップは来週の土日まで続き、3日間で16メートルの大作を作ります。完成後はモラージュ菖蒲の仮囲いとして使用されていくそうです。子供たちの絵、力ありましたよ!!

IMG_0200


IMG_0210


IMG_0208



IMG_0155

 今日は松戸でワークショップでした。そして明日はモラージュ菖蒲にてワークショップ、来週も、再来週もイベント、、、イベント三昧なこれからしばらくです。ヨーロッパ旅行のつけがこんなにもくるかってぐらい仕事を抱えていててんてこ舞です。行けば何とかなるとよく言いますが、今回の場合行って死ぬ目にあったパターンです(笑)。少しスケジュールを書いておきます。

2月26日(日)、3月4(土)、5日(日)モラージュ菖蒲にてワークショップ&ライブペイント 
http://www.mallage.com/shobu/event_list.php#494

3月12日(日)Saga Dish & Craft  武雄温泉駅にてライブペイント
http://www.city.takeo.lg.jp/information/2017/02/003801.html

3月16日(木)デルタ航空社内イベント 帝国ホテルにてワークショップ

3月25日(土)、26日(日)サガテレビ春フェス2017にてワークショップ&ライブペイント
http://www.sagatv.co.jp/nx/spring2017/top.html

4月1日(土)、2日(日)ゲストハウスHAGAKURE にて壁画ワークショップ
https://peraichi.com/landing_pages/view/sagaguesthouse



こんな感じです。。何よりも全部違う案件なので準備が大変!春はあっという間だ。




16923531_10209884276922545_1591401285_n


 昨日は久しぶりにOVER THE WALLのミーティングを開き、次のプロジェクト地ウクライナでの活動計画を話し合いました。年明けから個展やヨーロッパ旅行などがあり、なかなかスタートを切れていなかったのですが、ようやく本格的に活動を始めた感じです。
 今回のプロジェクトはこれまでのケニアや東ティモールと背景や状況が全く違ってくるので、新たな気持ちでのぞまなければなりません。これまで2回行ったプロジェクトの反省をしつつ、より質の高いプロジェクトにできるようみんなで知恵を絞っています。忙しい人たちの集まりなので、今回からスカイプも導入しました。東京、仙台、茨城、群馬、ハワイをつないで会議を進める感じがなんだかそれっぽくて、いよいよ本当のプロジェクトになってきたなと感じました笑。

 プロジェクトのリリースは4月末、実施は7月を予定しています。今回はどんな経験ができるのか、今から楽しみでなりません。近況はまたご報告いたします!



IMG_9695

 ロッテルダム、マーストリヒト、ケルンに続き、ツェルマットへマッターホルンを見に行きました。できれば登ってみたかったけど、とりあえず今回はスケッチとスノーボードで(笑)。その存在感は圧倒的で、まさに神々しく、他を寄せ付けない自然の頂という感じでした。これまで訪れた観光地の中で、ツェルマットほど充実した場所は無かったように思います。電車で向かう過程や、天気のよさも味方して、まさにキングオブ観光地、死ぬまでに訪れるべき場所だと思いました。

IMG_9694


 ツェルマットからは氷河急行に乗ってルツェルンへ、湖畔をボートで周りました。スイスらしい体験をさせてもらい、やはり素晴らしい風景を見ることができました。若い頃はお金がないのでヨーロッパ旅行は痛みを伴います、それに比べればずいぶんと今回は楽しむことができました。
 一年に一度は旅行に行き、そこで得たものを作品に描いて行く。それが自分が目指すライフワークです。いつまで続けれるか分からないけど、やはりこれが僕の人生だなとしみじみ思いました。ケルンでは13年前に自分が描いた場所と同じ位置から大聖堂を描きました。時間の流れとともに、自分の人生に絵を描くという行為が染み付いてきていることを感じます。

 来年はまた全然違う場所を旅したいな。。。とりあえず明日帰国です。

16729394_1305411059502220_8224486612111411831_n





16508241_1302922046417788_3054966509521060886_n

 オランダの南部、マーストリヒトにきています。ここに従兄弟の哲朗ファミリーが暮らしていて、数日間お世話になっています。哲朗と僕は同級生で、娘同士も同い年という不思議な巡り合わせ。僕がそうであったように、世界の反対側に自分と同い年の親族がいるという幸せを感じてもらいたく、このタイミングで会いにきたというのもあります。娘たちにとってはこの先続いていく関係の、はじめの一歩。きっといい友人になってくれると思います。
 僕と哲朗は年を重ねるごとに絆が深まっていて、いまは本当の兄弟のように信頼し合っている関係です。彼もフリーランスのカメラマンで、立場は僕ととても似ています。人生の考え方も似ているのでたまにあって話すと、自分が考えていたことをさらに西洋風に押し進めたような意見が聞けて、とても面白い。そこに哲朗の奥さんのステファニーも入ると、さらに哲学的で素敵な話になるので、時間があっという間に過ぎてしまいます。
 マーストリヒトという町自体も本当に素敵な場所で、日本とは全く違う文化と価値観、そして悔しいけど完成度を感じます。同じような町を作り上げようと思っても、間違いなく自分が生きているうちには作れない。そんなスケール感にただただ圧倒されるのですが、家づくりで言うと50年をメドに作っては壊すを繰り返す僕らの感覚には、もしかしたら仏教の無常感なんかが関係するのかしら?なんて考えたりしてしまいます。
 とにかく改めてヨーロッパの重厚な世界観に敬服している今日この頃です。

16711994_1302925443084115_3323907480466974742_n





16508286_1300852036624789_4796817128010299021_n

 昨年は年間通して忙しく、年明けの個展もあったためほとんど休みがなかったので意を決してヨーロッパ旅行をすることにしました。行き先はオランダ・ドイツ・スイスです。僕は旅した国をテーマに絵を描くことが多く(この間の個展もそうだったのですが)、一年に一度は新しい国に行きたいと心がけています。今回はスイスの雄大な景色を絵に描いてみたいという思いがあり、またオランダに住む従兄弟にうちの娘と同い年の娘ができたこともあり、このタイミングで旅行しよう!っと思い立ったのです。
 ヨーロッパは2012年のロンドン以来で、オランダはおそらく12年ぶりです。アムステルダムからロッテルダムに移動したところで今日の旅は終了です。明日はキンデルダイクへ世界遺産の風車を描きにいきます。ドンキホーテの世界の風車、一度は絵にしたいとずっと思っていました。

 一年に一度壁画を描きにいくプロジェクトを行い、プライベートな旅ができれば僕の人生でそれ以上望むものは無いかもしれません。久しぶりのゆっくりした時間を思う存分楽しみたいと思います!

16508562_1300852039958122_7194144100025677257_n




16508980_1207509489368329_4919832084816066261_n

 先週末、急遽大船渡へ行ってきました。東日本大震災の時に壁画を描かせていただいた理容室ニュー清水のペイントハウスでの営業が来週までと聞き、最後に一目見たいと向かったのでした。
ニュー清水で描いた壁画は僕の人生で大きな経験でした。まだ津波の瓦礫が残る大船渡で、全面をペイントしようと描き出したのはいいものの予想以上のサイズ感に悪戦苦闘していたところ、一人、また一人と地元の人やボランティアの人たちが手を貸してくれるようになり、気づけば多くの人達と共に制作した思い出の作品です。
 カラフルな仮設店舗は話題になり、各国のメディアからも取り上げられるなど、地元では有名な存在になっていきました。「絵で出来ることは何だろう?」と考え続けていた僕にとってとても大きな経験でした。
 あれから6年、毎年壁画の修復をする名目で大船渡へ訪れては店主の清水さんファミリーと交流を続け、第二のふるさとのような場所になっていました。震災から6年が経ち、何にもなかった街に少しずつ家が建ち、店が増え、かつての活気を取り戻しつつある中、ペイントハウスも静かにその役割を終えようとしています。
 清水さんは僕に壁画を依頼する時、「どこから見ても目立つよう、みんなが元気が出るように、楽しい絵を描いてくれ!」と言われました。あの時どこからでも見えた壁画は、今は近くに行かなければ見えません。それだけ街が復興した証拠だと思います。ニュー清水は高台に移転して営業を続けられるので、今後とも応援していくつもりです。あのおそろしい震災から生まれた、小さな人と人の繫がりの物語。ペイントハウスが解体されるのは4月と聞きました。その時にまた会いにいきたいな。。。

16388082_1207595662693045_3114681904640857436_n






16299364_1292365094140150_2167074064248882025_n

 みなさま、麻布にある飯倉公館をご存知ですか?外務省の管轄で日本の外交を向上させるための建物です。その飯倉公館にて昨日佐賀県と外務省の共催イベントが行われました。僕はサガデザインブースで作品を展示して壁画のプロジェクトの説明を行いました。

16473670_1292365090806817_5789064381618809565_n


 岸田外務大臣が開催の挨拶をされる中、世界中の大使や外交官が大勢来られ、県庁職員の皆さんと一緒に会場で立ち回っていたのですが、会場に来ている人たちは僕らのプロジェクトにとって最も出会いたい人たちなので異常にテンションが上がってしまい、夢中で話しまくっていると気づけば終了の時間でした。。終わった瞬間どっと疲れが出て、頭が真っ白でした(笑)。
 中国、モンゴル、ジャマイカ、パキスタン、フィジー、韓国、イスラエル、ボスニアヘルツェゴビナ、トーゴ、ミャンマー、ドバイなどの大使館の人と名刺交換してプロジェクト説明ができ、今年プロジェクトを行うウクライナの大使にお会いできたのも大きな収穫でした。

 気がつけば佐賀県に活動を全面的に応援していただき、ドンドンとんでもない方向へ行っている気がします。どこまで行けるか、自分を試すという意味でも本当に楽しいです。こうなったら行けるところまで行ってしまいたいと思います。

16406756_1292350437474949_6036506331605121975_n






miyazaki03_00l

 佐賀県の魅力を発信するサイト「さがごこち」にて、3回にわたり連載していただきました。ゆるゆるのスケッチもアップされてます(笑)。
 佐賀で思い出の場所を巡るという主旨だったのですが、自分の学区の佐賀城やお堀を巡りながら最後は万部島に行きました。ひっそりと存在するその場所は子供の頃から近寄りがたい場所でしたが、佐賀の歴史を学ぶと共にいまもう一度行ってみたい場所でした。よかったらよんでみてください!


http://www.sagagocochi.jp/1160/




↑このページのトップヘ