MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2018年02月

28459105_1659198910790098_1761644453_n
 ピョンチャンオリンピックが終わりました。ちょうどオリンピックが終わるタイミングで昨日帰国したのですが、韓国で観るオリンピックも非常に面白かったです。特にカーリング女子の準決勝など、日韓の戦いはとても熱かったです!
 オリンピックで感じたことは、韓国のデザインはセンスがあるなということでした。韓流のミュージックビデオを見てもそうですが、作りはかなりカッコ良くて特に若者のセンスはすごくいい。技術力に続いて、デザインやイラストの分野でも今後台頭してきそうな気がしました。その一方でやはり日本ほどのキメの細かさがなく、たとえばオリンピックの会場からのバスが来なかったり、勝手に変更されていたり。。その場でルールが変わるルーズさはありますが、逆にいうとフレキシビリティはある。面白い国だなと思いました。
 滞在中に統営(トンヨン)に行きました。ここは日本から出兵した秀吉の兵が手痛い敗戦をした場所ですが、名護屋城がある佐賀県人としてはとても不思議な気持ちになりました。500年以上前に佐賀からたくさんの日本の武士がこの地を目指したのか、と考えると日本と韓国の距離的な近さを改めて感じました。
 日本と韓国、これからもいろんな問題があるとは思いますが、お互いの立場を尊重しながら理解していくことが大切だな、と思います。


28191408_1653020771407912_1146595852_n

 平昌オリンピック行ってきました!スキージャンプ団体とフィギュアのアイスダンスフリーを観てきました。本当はカーリング女子も観たかったんだけどチケットがなく、断念。ですがとても素晴らしい経験となりました。
28313158_1653020721407917_253293229_n

もちろん日本選手を応援してきましたが、何の準備もなく来てしまったことにちょっと後悔しました。。オリンピック観戦は観戦する側のモチベーションで全然楽しみ方が違っていて、各国のコスプレ全開で応援している人たちに圧倒され、その楽しみ方と醍醐味を知りました。東京オリンピックはぜひみんなコスプレしましょう。

でもスキージャンプの表彰式前に、国際放送にバッチリ映っていました。いやーやっぱチョンマゲだったな。。
28233137_1653020748074581_938837050_n



27858341_1648742578502398_9116302887385499095_n
 テレビでは連日平昌オリンピックの報道がされています。実は夏のオリンピックより冬のオリンピックの方が見るのが好きで、今回は韓国で開催されることもあり、行きたい!っと思っていました。ですがネットで調べるとどの競技もチケットは2万円はするし、ホテルも高騰していてなかなか重い腰が上がりませんでした。。しかしオークションを見ていると、行けなくなった方が安くチケットを販売しているではなりませんか。これだ!っと思い、即購入。飛行機とホテルをブックして早速韓国へ渡りました。
 スポーツを観戦するのはサッカー、野球ぐらいで、冬季オリンピックの種目をどうやって観戦するのか全然想像が出来ません。。でもせっかくなのでスケッチブックを持って、そこで見た風景を描いてこようと思います。とりあえず今夜のジャンプ団体と、明日のフィギュアアイスダンスを観るつもりです!


 今日は自宅のアトリエでインタビューを受けました。これまでのことを振り返りながらお話をさせていただいたのですが、話して気づくというか、自分が考えていたことが少しみえたような気がして、インタビュアーの方が帰られたあとも頭が興奮状態で、とても絵を描く気持ちになれずブログを書きながら自分の頭の中を整理しています。
 いまでこそ壁画という自分の活動スタイルを見つけましたが、これまでを振り返ると僕の人生はずっと迷いの繰り返しだったような気がします。そもそも絵を描き始めたきっかけも、その後絵を描き始めてからも、これだ!っと思えるものに出会えずに、絶えずもがいていた気がします。そこには認められたい、評価されたい、という焦りがあり、裏を返せば自分に自信がなかったのだと思います。
 壁画の活動を初めて、少しずつ思い描いていた活動に近づくにつれ、雑音が気にならなくなってきました。毎日更新していたブログもあまり書かなくなりました(笑)。本当は今こそ発信しなければならないのだけど、自分の中で表現したいことが完結できるようになったのかも知れません。

 インタビューでも答えましたが、今年で40になります。40歳が世間的に若いのかそうでないのか分かりませんが、僕にとってはようやくやりたいことができるようになり、これからの10年が楽しみでなりません。久しぶりに自分の言葉と向き合い、いい時間が過ごせました。素晴らしいインタビュアーの方の引き出し方でした(笑)。

公開されたら告知しますね!

20187491_10155310064471251_2042559248_n

28080866_10212916225199357_1021139165_o
 昨日はOTWのエクアドル壁画プロジェクトとして初めてのミーティングを行いました。レギュラーメンバーに加えて新しく広報部門を協力してくれる岩見さん、キックオフの会場を提供してくださる(株)ブレインの新井さん、スペイン語のサポートをしてくれるサチさんを迎えて行いました。
 今回で4カ国目のチャレンジになるのですが、少しずつ経験が上積みされプロジェクトの規模も大きくなってきました。現在関わっているメンバーは20名、それぞれが専門の分野で協力しながら進めています。

 写真ではとても真面目な感じですが、実際はもっと和気あいあいとやっています(笑)。ただ僕が10年前に手探りで始めた頃とは比べようもなく、いまや本格的ななアートプロジェクトになっています。僕たちが目指す「アートで壁を越える」という理念のもと、まずは4月1日に予定しているグローカルカフェでのキックオフイベントの準備を進めています。また今回もクラウドファンドに挑戦予定で、そちらも準備も着々と進んでいます。ウェブサイトのイベントページができましたのでぜひご覧下さい!

http://world-mural-project.com/event/

 

27951394_1642973982412591_1529469731_o

 いよいよエクアドル壁画プロジェクトのキックオフイベントの内容が決まりました。東京は外苑前のグローカルカフェさんで行います。プロジェクトにご賛同くださり、会場を提供していただきました。
イベントではプロジェクトの説明をさせていただく他、エクアドル、オタバロ市出身のエクアドル民族音楽プロ奏者、ハイメ・グラマルさんがライブを行ってくださいます。また那須のエクアドルカフェ、Vamosさんも出張出店してくださり、エクアドルのドライフルーツやお茶を販売していただきます。
 佐賀では昨年同様佐賀県国際交流プラザを使わせていただき、ワークショップ付きのキックオフを行わせていただきます。どちらも多くの人に楽しんでいただけるよう準備していこうと思っていますのでどうぞよろしくお願いいたします!



「エクアドル壁画プロジェクトキックオフイベント in 東京」

日時:2018年4月1日(日)Open 13:30 Start 14:00~17:00
会場:GLOCAL CAFE
住所:〒107 - 0061東京都港区北青山2-10-29 日昭第二ビル 1F
URL:https://glocalcafe.jp
内容:エクアドル壁画プロジェクト説明、エクアドルミュージシャンによるパフォーマンス、エクアドルのお菓子をご用意しております。また店内にて3月24日(土)〜Over the Wallの展示を行います。
参加費:1500円(ワンドリンク付) 小学生以下無料

「エクアドル壁画プロジェクトキックオフイベントin 佐賀」
日時:2018年4月8(日)14:00~16:00
会場:佐賀県国際交流プラザ
住所:〒840-0826 佐賀市白山2丁目1番12号 佐賀商工ビル1F
URL:http://www.pref.saga.lg.jp/kouryu/default.html
内容:プロジェクト説明、子ども向けワークショップ(汚れても良い格好で来てください)
参加費:無料


27496306_1937948589580991_1086100392_n 2

 今回も国家間の周年行事の一つとして準備を進めているのですが、やはり神経を使うことが多く、書類を作ったりメールを書く作業に日々謀殺されています。ふと、自分は絵描きなのに何をやっているんだろう?と思うこともあります。
 プロジェクトを実現させるためには「プロジェクトの意義」を強調する必要があり、エクアドルのためとか、子供たちのためにという言葉を多用しますが、本当は「僕が描きたい」という気持ちが一番先であり、大切にしているところです。しかし目の前の状況を打破していくうちにいつの間にかひっくり返っていることが多々あり、その度にずーんと重い気持ちになります。。。このプロジェクトに置いては、一番楽しい「壁に絵を描く作業」は、最後の最後にようやくやってくるのです。

 しかし世界の巨匠でもない限り、公共の場所に好きな絵を描くことは許されません。それに自分が好き勝手に絵を描きたいのなら、アトリエでキャンバスに描けばいいだけの話で、なにも異国の、それも複雑な問題を抱えている場所に描く必要はないのです。そういう意味では絵を描くまでのプロセスは、自己表現と現実社会とのギリギリのラインを探る作業になります。僕は表現者として今の世界と繋がっていたいという思いがあるので、苦しいですがこの「準備段階」も大切な作業だと割り切って取り組んでいます。

 今回は刑務所内の壁に描きます。普通絶対に行けないロケーションです。その地に立った時に僕が何を描くのか、今は想像もつきません。想像もつかないチャレンジができること、それが僕がこのプロジェクトを続ける一番大きなモチベーションだと思います。


ecuador-main

 本日エクアドル壁画プロジェクトのウェブサイトがオープンしました!!

http://world-mural-project.com/next-project/27479655_1937948262914357_960463932_o


 いよいよ2018年のエクアドルでのプロジェクトがリリースされました。今回のメインは首都キト、キトゥンベにあるCentro de Rehabilitacion Femenino 女性更生施設(女性刑務所)に壁画を描くことです。ここは現在47名の受刑者が収監されていますが、受刑者の子どもを預かる施設があり、母親以外に頼る存在がない乳児、幼児45名が母親と共に塀の中で生活をしています。壁の中から出ることなく幼少期を過ごす子どもたちのために、希望を持てる明るい壁画を描きたい!というのが今回の一番の目的です。
39

 しかし今回の女性刑務所での壁画制作は刑務所内で行うため、多くの人が目にするものにはなりません。多くのエクアドルの人たちに日本との繋がりを感じてもらうため、なんといすゞ自動車株式会社様から車両を提供いただき、日本とエクアドルの外交関係樹立100周年を祝う絵を車両にペイントし、キト市内を走らせる計画をしています!!プロジェクト終了後も車両は、日本とエクアドルの友好の象徴として利用される予定です。
IMG_2924
tohoku_01
※写真は岩手県宮古市で制作したペイントバス


 さらに今回は2016年のエクアドル地震で大きな被害を受けた、マンタにあるホセ・ホアキン・デ・オルメド小学校にて株式会社サクラクレパス様より協賛していただく画材を使った絵画教室を行うほか、日本の子供たちとのアートによる交流を企画しています。すでに埼玉県川口市、島根県隠岐の子供たちに参加していただいて日本の花火の絵を描いてもらいましたが、これからエクアドル出発までの期間、日本中でこのワークショップを行っていきます。
1111_Atlia0369
1111_Atlia作品引き画


 非常に充実したプロジェクトになりそうな今回のエクアドル壁画プロジェクト。4月にはキックオフイベント、およびクラウドファンドをスタートさせます。ぜひぜひ皆さんに参加してもらい、みんなで楽しめるプロジェクトにしたいと思いますのでどうぞ続報をご期待ください!!






↑このページのトップヘ