MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2018年03月

_DSF7074

 kickstarterは世界最大手のクラウドファンドサイトです。今回僕たちはプロジェクト資金を集めるためにこのサイトを利用して資金を集っています。50万円を集めているのですがすでに30%以上集まりました!これからどれだけ集まるかがポイントですが、支援してくれる人が自分の全く知らない海外の人だということにとても驚きます。すごい時代になったものです。。。 
 2006年に始めてケニアに壁画を描きにいこうと思ったときもインターネットで呼びかけました。その時はmixi全盛期で、コミュニティのつながりで資金が集まったのですが、今回は本当に世界にダイレクトにつながっている感覚があり、面白いです。
 まだまだ多くの支援が必要ですが、世界の人に愛されるプロジェクトに出来るよう益々がんばっていきたいと思います!良かったらサイトのぞいてみてください。

https://www.kickstarter.com/projects/overthewall/over-the-wall-world-mural-project-in-ecuador-2018?ref=discovery






 今年の夏に行うエクアドル壁画プロジェクトの資金を集める為に、クラウドファンドに挑戦を始めました。今回は世界大手のキックスターターでの挑戦です。どうか皆様僕たちに活動をご支援よろしくお願いいたします!詳しくはこのサイトからよろしくお願いいたします。

https://www.kickstarter.com/projects/overthewall/over-the-wall-world-mural-project-in-ecuador-2018?ref=card
🔺こちらのリンクからキックスターターのページをご覧下さい。


29314581_1679511225425533_7405923453981055856_n
 日曜日は鹿島市民図書館にて講演会とワークショップを行いました。中学生が多いというとても珍しい僕にとってはかなり珍しかったのですが、とてもいい時間を過ごすことが出来ました。
 自分が中学生の頃は、偉そうに何かを語れるほど意識が高かったわけでもなかったのですが、高校受験を考えたのがターニングポイントだったと思います。初めて自分の人生を選択できるタイミング、出来ればみんなポジティブに自分に前向きな選択をして欲しいなと思います。
 ワークショップでは60人以上で共同制作をしました。一時間しかなかったので色紙を切って貼って作ったのですが面白いものが出来ました。しばらく図書館に飾られているので機会があれば見に行っていただきたいです。今から東京に帰ります!

29314601_1679511218758867_7579453635897720288_n
29314176_1679511222092200_6201730279678898236_n


_DSF1202
 先日佐賀市の中学校で「働く人に学ぶ」という取り組みがあり、話をしてきました。警察官やパティシエ、看護師の方などが来られている中、画家という名目でお話をさせていただきました。
 僕の中の画家像とは、子供の頃見たキャプテン翼の「岬君のお父さん」の印象が強く、画家とは一カ所に定住しないで、旅をしながら絵を描く人のことだと思っていました。またそんな生き方がとても自由に見え、誰にも縛られていない姿がカッコ良くもあり、いつからか憧れていたような気がします。
 しかし実際に知った画家の世界は、派閥争いがあったり、美術関係社に気に入られるために奔走している、全然自由じゃない現実がありました。。。どうやったら岬君のお父さんのように生きれるか?いつの間にかこれが僕の絵描き人生の目標になっていたのかも知れません。
 岬君のお父さんがカッコいいのは、ただ自由気ままに生きているだけではなく、子供を育てながら自分の意志で生活をしているところだと思います。自分だけでなく、子供も抱えて好きなことを続ける大変さ、がんばれ元気のお父さんにも重なるけれど、子供はそんな父親の背中を見て育つのだと思います。僕はいまほとんどの時間を家で過ごしているけど、いずれは岬君のお父さんのように子供と世界を周りながら絵を描いてみたいなと思っています。




 



180303_chirashi_b
180303_chirashi_a

 いよいよエクアドル壁画プロジェクトのキックオフの時が近づいてきました!東京では1日、佐賀では8日です。どちらも参加無料になっています。参加ご希望の方はinfo@world-mural-project.comまでご連絡ください!



「エクアドル壁画プロジェクトキックオフイベント」
4月1日(日)Open 13:30 / Start 14:00 ~ 17:00

エクアドル壁画プロジェクト説明、ミヤザキケンスケのライブペイント、エクアドルミュージシャンによるパフォーマンス、エクアドルのお茶やお菓子をご用意しております。
参加費:無料
会場:GLOCAL CAFE
住所:東京都港区北青山2-10-29 日昭第二ビル 1F
最寄駅:東京メトロ銀座線 外苑前駅 3番出口より徒歩5分
URL:https://glocalcafe.jp


「エクアドル壁画プロジェクトキックオフイベントin 佐賀」
4月8日(日) 14:00 ~ 16:00

プロジェクト説明、子ども向けワークショップ
ワークショップ参加者は汚れても良い格好で来てください!
参加費:無料
会場:佐賀県国際交流プラザ
住所:佐賀市白山2丁目1番12号 佐賀商工ビル1F
URL:http://www.pref.saga.lg.jp/kouryu/default.html

ラジオ出演のご案内です。FMヨコハマさんの『SUNSTAR WEEKEND JOURNEY』の収録に参加させていただきました!これまでの活動の話を余すところなく語ってます。そして佐賀では二週に渡って富永ボンドくんの番組に出演します。どちらも聞けるかた、ぜひよろしくお願いいたします!

『冨永ボンドのRADIOボンドバ』
NBC ラジオ佐賀 土曜日夜7時30分

『SUNSTAR WEEKEND JOURNEY』
FM ヨコハマ:3/25(日)22:00-22:30
FM COCOLO:3/24(土)23:00-23:30IMG_20180305_193039

28577084_1666309000079089_6352292108069403232_n
 昨日は佐賀市にある城西中学校にて画家の仕事についてお話しさせていただきました。中学一年生という新しい組織に慣れる時期で、もしかしたら夢どころじゃないかもしれませんが、真剣に聞いてくれていました。最初は固かった生徒達も最後には笑顔で写真に納まってくれました!
 今年は佐賀での活動もたくさんありそうな予感です。まずは再来週、鹿島市で講演会&ワークショップを行います。まだ若干空きがあるみたいなのでぜひご連絡ください!よろしくお願いいたします。

3月18日(日)13:30〜15:30
佐賀県の鹿島市図書館にて講演会&ワークショップを行わせていただきます。これまでの活動のこと、Over the Wallでの活動、またみんなで作る共同制作も行います!
ぜひお越し下さい。
申し込みはこちらからお願いします
0954-63-4343 鹿島市図書館

ミヤザキケンスケさん講演会&ワークショップ_ポスター


IMG_3702
震災から7年がたとうとしています。先日岩手県の宮古市の方から連絡があり、6年前に子供たちと描いたスクールバスが定年を迎えるので、お別れのセレモニーをしたい。良かったら参加してもらえないか?というものでした。
 東日本大震災の後、NPO法人DOOOOOOOOの銅冶勇人と毎週のように被災地へ行き、絵で子供たちを元気づける活動を行っていました。その中で最後に2人で行ったのがこの宮古でのプロジェクト、ゴールも分からないまま進んでいた僕たちが、最後にたどり着いた場所がここでした。
28472043_1662049800505009_9167495536231647386_n

 当時教育部長だった佐藤さんのお宅に泊めていただき、一週間で赤前小学校の子供たちとくじらの絵を描きました。当時まだがれきが山積みされていた沿岸部の通学路を、カラフルなバスが走るのはなんだか感動的でした。。あれから6年、既に中古だったバスはついに引退することになり、僕たちは久しぶりに2人で宮古市へと向かいました。
 当時のことを知る先生も生徒も既にいませんでしたが、現在は副市長を勤めている佐藤さんに案内していただきながら6年ぶりに赤前小学校を訪れました。全校生徒は37人、みんなくじらバスに日常的に乗っていて、「楽しかった!!」と語ってくれました。
 残した壁画がその後どう地域に根付いていくかはとても大切なことです。今回こうしてバスの引退式を開いてくれることが既に地域に根付いていた証拠であり、僕たちがやったことに意味があったと感じることができました。子供たちに話しをしている時に、思わず涙が出そうになりました。それぐらいその当時は大変で、こんなことをして何になるのだろうか?と常に考える毎日でした。残念ながらバスは廃車になりますが、ここで出来た絆はずっと続いていくと思います。佐藤さんのお宅に久しぶりに泊まらせていただき、昨晩は4人で飲みました。いまだったらあの活動は出来なかったと思います。あのときだったからできたことを、あの時やることが出来て良かった。そう思えた一日でした。
IMG_3749
28471729_1662049803838342_8648890516053099783_n


↑このページのトップヘ